司馬炎単語

シバエン

司馬炎とは、三国志に登場する人物である。
武帝であり、を滅ぼして三時代に終止符を打った事で知られている。

概要

生年236。没年290。字は安世。諡は武帝

西の初代皇帝(在位265289)。司馬昭の長子で司馬懿の孫。

265年、元曹奐から譲を受けて晋王朝を開いた。この時代の譲というのは実質クーデターである。

司馬炎は、一族に兵と土地を分け与えることでの基盤強化を図るために一族を各地の王として配置した。これは、が一族に権の移譲を行わなかったことで滅亡をめたことを考慮してのことであったが、逆にの滅亡を呼び込むこととなる。

279年に賈充楊済と共に大挙してを攻め、翌年にを滅ぼし、統一を達成した。

統一前までは非導者であったが、統一後は総勢一万人の女性を搭載した巨大な後宮を建設し政治への興味を失う。流石にこれだけの女性が居ると本人では選べないため、伽をに決めさせていたという。に引かせたに乗って、止まった部屋の女性を共にした。そこで、頭の良いが部屋の前にを盛った。このめるためにが止まるのである。こうして、何度も寵を受けたは見事に子を成した。このエピソードから、料理屋などでの「盛り」が始まったと言われている。

後継者問題で後の反乱や五胡十六国時代の幕開けを招く結果となった。

 

漫画・ゲーム等の司馬炎 関連動画

孔明死去や滅亡で話が完結している演義作品が多いので、司馬炎含め三末期そのものを扱う作品は少ない。

コーエー「三国志」シリーズ

古い作品では滅亡直前シナリオまでしかなく、撃すること自体が難しいとされていたが、昨今の作品では英雄集結シナリオもあってか司馬としてに触れる機会は増えている。最近の作品では統一した事を評価され、は高い。

コーエー「真・三國無双」シリーズ

6作にて後期が取り扱われ、両親の司馬昭王元姫無双武将化した為、ストーリーモードシナリオエンディングにて後ろ姿のみだが出演する。
クロニクルモードにもモブ武将として登場するが、顔は両親に似付かわない有り文官になっている。

無双OROCHI2でも司馬昭が再び役の一人になった為か、が登場するステージ司馬昭が操作キャラの場合の代理武将として参戦したりと出番が多い。遠呂智軍により壊滅寸前の序章でもの配下に居てなかなか敗走しなかったりとタフさを見せている。
こちらではなしの若い文官モブの外見。

 セガ「三国志大戦3」

は全て解けた!(キラッ☆ 

どういうことなの・・・

前作にも登場していたが、3ではver3.5になってようやくの初登場となる。計略は「祖譲りの明察」で相手の出した計略を効&即殺&消費士気3というとんでもない内容となっている。曹丕ファン涙目な程の良スペックでver3.5稼動々、注の的となっている。それもそのはず、イラストさとうふみやでまんま金田一少年なのだから。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E7%82%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

司馬炎

68 ななしのよっしん
2017/10/31(火) 07:00:51 ID: CxTnGWJ7Rf
そもそも司馬炎自身はあくまで輿で司馬昭が長生きしていれば統一の功績も司馬昭に帰する程度のものやし
ただ司馬炎の施策はそれ以前の政権の踏襲で、柔軟性は欠いたがやってることはそれ以前の為政者と同じ。
民族重用は曹操もやってるし、司馬炎がやっても別におかしくはない。

結局のところ>>58もそうなんだが、>>58に限らず日本人全体が三國志に夢を見すぎている。
三國志に夢を見すぎているから、その後あっさり崩壊した西に余計にヘイトが溜まってる
それが司馬炎にも波及しているのが最大の理由。大河ドラマ武田信玄人気異常に高かった頃に
武田を滅ぼした武田勝頼一方的に暗愚、無能呼ばわりされていたのと同じ構図ですわ。
69 ななしのよっしん
2017/12/03(日) 00:23:34 ID: n7kGIe6RM/
ぶっちゃけが統一したとは言っても全体の代より衰えてるわけだし、にしてからあっさり簒奪されてる時点でどうなのよって話だよなぁ。
70 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 08:05:17 ID: CBkkYihTw9
>>69
があっさり簒奪されたのは曹操が採用した「他勢とのの防衛はの劣る地方軍に任せ、領土の拡大は最強の中央軍を率いて自ら行う」というシステムの欠陥を突かれたから。
曹操の生前に既に司馬朗司馬懿)が摘していたけど、中央軍に対抗出来る地方軍閥がいなかったので、中央軍を握されてあっさり簒奪を許した。
71 ななしのよっしん
2017/12/19(火) 11:24:55 ID: Y4/8MeL7bP
地方に有諸侯を作って軍閥化なんかさせても中華統一もできてないにとっちゃみすみす敵を増やすようなもんだろう
がどんな体制を敷こうと「臣下に取って代わられることもなく中華統一をした上で王族の離反を防ぎ蛮族も退ける」なんてのはそうそうできるもんじゃないんだし
これはもう皇帝一人の才・采配程度じゃどうにもならん
72 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 16:56:17 ID: fQRTLbxt/S
曹操時代の方面曹操方面夏侯惇曹丕時代の方面曹真方面曹丕
曹叡時代の方面司馬懿方面曹叡と3代までは巨大な中央軍も分割されてたんだよね。
それが曹叡逝で司馬懿方面も方面もやるようになった挙句、さらに公孫淵討伐まで
任されるんだからそりゃあ乗っ取られるよねって。対抗曹爽自爆したのも理由の1つではあるんだが
73 ななしのよっしん
2018/01/12(金) 01:43:53 ID: H1Qmo1u1tA
やっぱり司馬懿の長寿っぷりが大きいような気がするわ
長生きな上にほぼ衰え知らずだし
まあ、司馬懿死にしたとしてもずーっとが続いたかというと……うーん……
74 ななしのよっしん
2018/02/28(水) 07:34:55 ID: s9unkEgo6N
司馬懿が仮に曹操と同じ年に亡くなっていたとしても、司馬氏によるの簒奪はなくなっていそうだが、
結局、じゃあの宗室である曹氏侯氏のが上がるかと言われれば別問題だからな。
むしろ曹爽夏侯楙あたりが権握ると考えたら、西が出てこず中華統一しないまま
五胡十六国時代に突入していた可性が・・・・
75 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 10:56:41 ID: Y4/8MeL7bP
部曲等の私有民の増加、戦乱を避けての逃散、飢饉、戦乱で後漢から西にかけての中原は深刻な人口不足が起きているから、労働や兵として非民族の受入・徴用が欠かせない状況になってた
人と異民族が戦火を交えようと交えまいと緩やかに五胡十六国に近い状態にはなっていたと思う
欧州民族大移動と同じだな
76 ななしのよっしん
2018/09/09(日) 21:36:46 ID: 8EPNyMXZG/
司馬懿が長生きした反動か、その後の司馬一族はみんな短命なばっかなんだよなあ
に至っては100年程しか続いてないのに皇帝が11代もいるし。
77 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 17:21:14 ID: 2xYfgYyOd2
を集中させては簒奪
分散させては反乱と
結局統治の形には現代にいたるまで正解なんていわけだね