吉崎観音単語

ヨシザキミネ
2.3千文字の記事
  • 105
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

吉崎観音(よしざき・みね)とは、日本漫画家である。代表作は『ケロロ軍曹』。

概要

1971年12月2日生まれ、鹿児島熊本長崎県出身。男性

1989年小学館よりデビュー。しかしこの時期にはあまり彼の才は評価されなかったようだ。

デビュー前からラポート社のアニメ漫画サブカル雑誌「ファンロード」の投稿者であり、デビュー後には「ファンロード」やその増刊誌「電帝国」などに漫画作品『FANTA & SWEAT』を執筆することもあった。

また1990年代前半には「ゲーメスト」や「コミックゲーメスト」でゲーム作品の漫画を掲載するなど、新社との仕事も多かった。

1990年代中盤にはアスキー社の雑誌「TECH Win」や「TECH SATURN」などで『OSアイドルWinちゃん』や『32偶像(さんにーあいどるサタンちゃん』などの擬人化キャラクターデザイン漫画制作アスキー社では後に『アーケードゲーマーふぶき』も開始し、同作は2002年OVA化もされた。

1990年代後半からはエニックス社でも、少年漫画誌「月刊少年ガンガン」で『護衛エイト』を連載。同作が1999年に終了すると、翌2000年から同雑誌で『ドラゴンクエストモンスターズ+』を2003年まで連載した。この作品はゲームソフトドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」の関連作品でありオリジナル作品として見なされにくいことや、後述の「ケロロ軍曹」が彼の代表作として格段に有名である事から陰に隠れがちだが漫画オリジナルの熱い要素が多く、連載終了後から何年も経過した後に新装版が発売されるなどの根強い人気を誇る作品である。詳しくは「ドラゴンクエストモンスターズ+」の記事を参照。

角川書店の雑誌「少年エース」では、1996年から1998年までメディアミックス作品『VS騎士ラムネ&40炎』の漫画版を連載開始。その終了の翌年1999年には、角川書店月刊少年エース』にて『ケロロ軍曹』の連載をスタート。本作はたちまち大人気になり、2004年にはアニメスタートした。詳しくは「ケロロ軍曹」の記事を参照。

2002年にはテレビアニメ七人のナナ』のキャラクターデザイン原案を、2007年稼働のコナミシューティングゲームオトメディウス』でもキャラクターデザインを務めている。

2015年3月からはメディアミックス作品『けものフレンズ』の「コンセプトデザイン」をつとめている。
これは単なるキャラクターデザインと異なり、キャラクター原案に加えて世界観設定など作品の大創造するものであった。
そもそもけものフレンズプロジェクト立ち上げのきっかけは「吉崎観音のイラスト世界観を使ってIP知的財産権)をつくる」ことであり、その後吉崎先生シンガポール動物園で出会ったサーバルキャットインスピレーションを得てプロジェクトの形が決まっていった。
しかし吉崎先生自身は「けものフレンズ原作動物」としており、また自分の絵を意識せずにメディアによって絵柄、言葉の定義を用意された幅のなかで独自に解釈して欲しいという考えから、「原作者」ではなく「コンセプトデザイン」という立場になったようだ。(吉崎観音の名前を出すと自分のファンしか集まってこないという懸念もあったらしい)
実際けものフレンズアプリ漫画アニメと独自の世界観をそれぞれ描写している。とはいえ、アニメ版けものフレンズでは大本の設定や大ストーリーにおいて監督と話しながら制作に関わっているようだ。

ゲームへの造詣および関係が深く、例えば『護衛エイト』では多数のレトロゲーム作品へのオマージュが含まれている。『オトメディウス』においても「グラディウス」をはじめとしたコナミ過去ゲームオマージュしたキャラクターデザインを数多く仕上げている。『アーケードゲーマーふぶき』のようにゲームテーマとした作品や、『出たな!!ツインビー』『ドラゴンクエストモンスターズ+』などゲーム作品を原作とした漫画も多数手がけている。上記の『32偶像(さんにーあいどるサタンちゃん』はゲームハードセガサターン」の擬人化キャラクターだが、同様にゲームハード擬人化漫画である『8ビットファイター紫炎』という同人誌を出したことがあり、他にもゲーム関連の同人誌過去に多数発行している。

ゲームに限らず、自らが好きな事柄のパロディオマージュを作中で示すことが多い。中でも、『ドラえもん』にされて漫画家したとのことで、ドラえもんを始めとした藤子・F・不二雄作品のパロディもやや多め。中には『超兵器号』『ドラえもん誕生』といった、藤子・F・不二雄ファンには知られているものの世間で広く知名度が高いとは言えないような作品のネタオマージュすることもある。

妻は『Mac音ナナ』や『幻影ヲ駆ケル太陽』のキャラクターデザインなどで知られる漫画家イラストレーターあかつきごもく。互いの仕事を手伝いあったりもしている。

関連動画

  

関連商品

関連項目

外部サイト

【スポンサーリンク】

  • 105
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%89%E5%B4%8E%E8%A6%B3%E9%9F%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

吉崎観音

16020 ななしのよっしん
2022/06/12(日) 03:00:08 ID: ayylw8pxmT
ヒトコブラクダ、フタコブラクダ、ハヤブサナミチスコウモリみたいなリデザされた子も、ネクソン版のデザイン準拠でEX個体として再度リデザされたりもしてるし、大事にされてるよね
16021 ななしのよっしん
2022/06/20(月) 00:01:23 ID: mzb6bs7SW7
ネクソン版のフレンズは居なくなった訳じゃなくてパーク歴史のどこかに居るよって事だからね
モチーフが被ったオリフレが居ても問題はないし
上手い設定だわ
16022 ななしのよっしん
2022/06/26(日) 19:41:29 ID: SrYVm/0Ie3
吉崎のことはくけど吉崎デザインしたフレンズでるとか
ポケモンは好きだけどゲーフリは嫌いなやつみたいだな
16023 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 21:59:19 ID: WMmaUGsKgX
>>16022
まあそれはいいんじゃないの。も『ナニワ金融道青木雄二の漫画は悉く史上に残る傑作だと思うけど引退後の「ナニワのマルクス」は全然詰まらないと思うし。
問題はそういう不調和を作品的な批評ではなく場外乱闘的な「考察(正解としての事実の共有)」への傾倒からの馬鹿げたイチャモンや陰謀論にいく流れではないでしょうか。
16024 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 14:17:22 ID: h5Q0+8jQS2
作品自体の批評は全然アリだと思うけど
現実の人物への評はあって一理なしだからな

厳罰化でそこら辺キッチリして欲しい所ではある
16025 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 15:27:04 ID: WMmaUGsKgX
>>16024
個人的には、彼らはああいう(選り好み的な友好関係とか偏を認めず、売上やネットの評判みたいなフラットな評価軸しか勘定に入れない)言論「しか知らない」からああなってるのだと思うから、あれは法律の問題以上に文化の問題だと感じてる。
如何に法で厳罰があると言っても所謂「文化」への接近をそれしか知らない人には璧な沈黙の強制にしかならない。厳罰と同時に「穏健(と言うか遠回しな当て擦りでもいいが)」な言論構築の為の精緻な見方の養成が問われるのではないかと。
16026 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 15:35:32 ID: e8yWYVmozL
罰は厳しくなっても訴えられるハードルが下がるかどうかは何とも言えない感じする
下がるなら大百科でも現在進行形アウトなの山ほど居そう
16027 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 15:47:38 ID: WMmaUGsKgX
>>16025
これに僅かに関連する話だと、たつきとの(妄想的な)関係絡みの吉崎アンチはなんと言うか「若作り」の傾向が強い気がする。微温的な妥協の意識(僅かな罪悪感)が欠如しきってると言うか、正論現実の相自覚と言うか、矢と繊細と言うか、そしてそれを美点と思っている。飽くまでネット上で大体同年代の吉崎ファンアンチを観測した範囲だけど後者余りに自分のを信じすぎではあるまいか。
16028 ななしのよっしん
2022/07/03(日) 18:58:01 ID: Je6tQ0EoeU
>>16024
全然アリだと思う(アリとは言っていない)

批判意見を全て封殺してきた勢が言うことじゃねぇよなぁ
16029 ななしのよっしん
2022/07/05(火) 23:14:56 ID: ayylw8pxmT
>>16028
ありもしない虚栄心が見えたり、ムク信とか訳の分からないこと言ったりするのは批判じゃなくて単なる難癖だよ

おすすめトレンド