吉川英治文庫賞単語

ヨシカワエイジブンコショウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

吉川英治文庫賞とは、財団法人吉川英治民文化振会が催し、講談社が後援する文学賞

大衆文学文庫で出ているシリーズものが対となる。

概要

2016年吉川英治文学賞吉川英治文化賞の50周年を記念して創設された新しい文学賞。正賞は杯、副賞は100万円。前述の2賞および吉川英治文学新人賞とあわせて「吉川英治賞」と総称される。

となるのは文庫で5巻以上続いているシリーズで、対期間(12月1日から翌年11月30日まで)内にシリーズの一次文庫(文庫書き下ろしあるいは文庫オリジナル新刊、もしくは単行本やノベルスからの初文庫化)でのシリーズ最新刊が出ているもの。各出版社の代表、書評、書店員からなる50名の選考委員による一次投票で10作程度の補作が選出された後、それを対とする二次投票で受賞作が決定する。

シリーズものの定義は1冊完結でも、話が連続する大長編でもどちらでも可。直木賞など他の文学賞を獲っていても補になれるが、吉川英治文学賞の受賞者は対外らしい。また、単行本のシリーズと文庫書き下ろしのシリーズを同じ土俵で競うために、単行本のシリーズは文庫化の際に対とする規定のため、単行本で5巻以上出ていても、文庫化が4巻以下の場合は対にならない。

なお、規定上はライトノベルも対ということだが、今まで狭義のライトノベルレーベルの作品が補になったことはない(ライト文芸や、かつてラノベレーベルで出ていたが現在は一般文庫に移籍した作品は補入りしている)。投票に参加している選考委員にラノベ読者はほとんど居なさそうだし仕方ないね

なんでこの賞が出来たかというと、直木賞など既成作品を対とする日本文学賞のほぼ全ては、シリーズものが補になっても対期間に刊行された1冊を単体で補作として扱う形になり(たとえば大沢在昌は《新宿シリーズの4巻『人形』単体で直木賞を受賞している)、刊行が複数年にわたる大長編シリーズものは賞の対になりにくく、補になっても選考委員は前の巻を読んでないので「よくわからん」とか「シリーズ読者以外には不親切」とか体なことを言われて不利になりがちだった。

一方、賞の名前に冠されている吉川英治は『三国志』(いわゆる吉川三国志)や『新・物語』、『私本太平記』など10巻や20巻をえる大長編をいくつも手掛けた作家である。文学賞の対になりにくいシリーズものを顕する賞の名前には吉川英治がふさわしい……というわけでこの賞が出来た、ということらしい。

記事のある受賞作家・作品

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%89%E5%B7%9D%E8%8B%B1%E6%B2%BB%E6%96%87%E5%BA%AB%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

吉川英治文庫賞

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 吉川英治文庫賞についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


おすすめトレンド