吉田伸単語

ヨシダシン

吉田伸とは、日本脚本家である。

概要

1966年6月21日生まれ、茨城県出身。日本大学芸術学部卒業
身長180cmらい。フェチアニメ特撮の分野で活躍している。

元々は実写映画監督を志望していたが、大学卒業当時はバブル全盛のトレンディドラマ大盛期であり、それに抵抗を感じて当初は番組のADなどを務めていた。
自主制作映画を撮っていた際、知り合いだったアニメ制作会社社長を掛けられ、『カリメロ』で文芸を担当し脚本家としてデビューする。

金城哲夫を描いた映画M78島唄金城37才・その時‐』の企画を手伝った事で上原正三と知り合う。
上原によって円谷プロダクション雅人プロデューサーに紹介され「トレンディドラマをやるよりは地球平和を守る話の方が良い」と考え、『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』などの平成ウルトラシリーズに参加する。

また、上原の紹介でゲーム制作会社フラグシップメンバーとなり、鬼武者シリーズなどのゲーム制作に関わる。
フラグシップでは杉村升曽田博久宮下隼一といったヒーロー番組の大ベテランに脚本のノウハウを叩き込まれた。特に徒制度バリバリの世代だった杉村や曽田には、「上っつらだけで人間を描くな!」と台本をよく床に叩き付けられていたといい、本人は正に根性モノの世界を体験したとっている。

キャリア初期に特撮で関わった小中千昭武上純希、同じくフラグシップメンバーだった宮下隼一鈴木やすゆきらと同じ作品に参加する事が多い他、サンライズ作品も手掛けている。
SPEED GRAPHER』には、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』でも組んだ監督邦久から直接名されて参加している。

2001年アニメZ.O.E Dolores, i』にて初めてシリーズ構成を務めた。
Vジャンプにて、漫画版『遊☆戯☆王ZEXAL』『遊☆戯☆王ARC-V』のストーリーも担当している。
また、2000年オークラ出版から小説版『ウルトラマンガイア』を刊行する事が告知されていたが、未刊に終わっている。

人物・作風

キャラクターが物の理ではなく、個人が正しいと思った信念を貫くという展開が多い。
大義や個人といった幾つもの感情の機微も描き出し、そういった要素の積み重ねで言動に説得を持たせている。
それを描く為にキャラクターを極限状態に追い込む事も辞さず、ハードストーリーになる事も多い。

本人によると、ストーリーなどを追っていくよりも、キャラクターそのものや、キャラクター同士の関わり合いを掘り下げていく方が好きであるという。

セイクリッドセブンBD1巻のブックレットによると、萌えが苦手との事。

ダイナ』では「運命のの中で」「青春と影」など主人公アスカの成長話を手掛け、ファンから高い評価を得る。
ガイア』では主人公ライバルであるウルトラマンアグルを描く役割を担い、クリシスの設定や稲京子といったキャラクターを創出し、濃厚なドラマを展開した。本人によると、人間でありながら人類を滅ぼそうとする宮を理解できず、闇のに走るオカルトっぽさよりもえ苦しむ宮に接点を持って書いたという。

切通理作の『地球ウルトラマン』によると、『ガイア』を手掛ける前に『ウルトラマンダーク』という企画を持ち込んでいる。一回変身する毎に寿命が一年縮み、シリーズの途中で主人公が交代するという構想で、毎回の戦いを自分の命を懸ける価値があるのかと自問し、自分が正しいと思ったを突き進むヒーローを考えていたとの事。

そういった仕事振りから平成ウルトラシリーズで中心的に活躍していた小中千昭長谷川圭一からも一置かれていた様子。
ガイア』で吉田が執筆した「天使降臨」は、シリーズ構成の小中から「気迫る脚本」と評された。
長谷川は『ダイナ』のインタビューにて、「吉田さんは本当に子話をサポートしてくれて、助かりましたね。吉田さんがいなければ最終回はあの形で行けたかどうか分からないですね」と発言している。また、古怒田健志のブログによると『THE ビッグオー』で吉田が脚本を担当した「Daemonseed」を長谷川が絶賛していたという。

SPEED GRAPHER』の監督である邦久は起用した理由について「彼に頼んだ一番の要因は、シナリオにとんでもないアイデアを盛り込んでくることにあるんです。普通の発想では、こんなことは考え付かないだろうという。そういうアイデアが絶対この作品には必要なんだろうなと」とインタビューで述べている。
本人く、脚本に打ち合わせやプロット段階ではかったアイデアを盛り込む事で、スタッフが驚くのを見てニヤニヤするのが好きだとの事。

大のゲーム好きであり、現在日課ネットチェックパズルゲーム。最近ではデュエルリンクスにハマっているらしい。
実際にフラグシップゲームシナリオを手掛けている他、ゲーム好きが高じて『ダイナ』ではTVゲームを題材とした「怪獣ゲーム」というエピソードを執筆しており、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』には『鬼武者』に携わっている事を知っていた武上純希から「君、ゲーム好きでしょ?」と誘われ参加したという。

遊☆戯☆王シリーズについて

この人物をる上で欠かせないのが遊戯王シリーズである。

テレビ東京遊戯王に長期に渡って携わっており、メインライターとして多くの回を執筆。シリーズ累計の脚本執筆数は200本をえてダントツ1位を誇る。
また、シリーズ構成として『遊戯王DM』ではドーマ編・王の記憶編を、『遊戯王GX』ではダークネス編、『遊戯王5D's』ではダークシグナー編以降、『遊戯王ZEXAL』では第1話から最終話までを、『遊戯王VRAINS』でも第1話から担当している。10周年記念映画の脚本も手掛けた。
2017年現在、氏が地上波アニメに関わっていないのは『遊戯王ARC-V』のみであるが、そちらは漫画版の原作という形で関わっている。

実際に遊戯王OCGプレイしており、関係者の大会に参加している模様。
漫画版『遊戯王ZEXAL』では、一部を除いてデュエル構成も自身で考えている。

遊戯王におけるその仕事ぶりからか、原作者の高橋和希は「オレよりも現在遊戯王を支えている」(漫画版『遊戯王ZEXAL』単行本3巻より)と発言している。

一方、突拍子もい展開や作品の途中でキャラクターの性格が変される場合が多い事、「心の闇」「」など同じキーワードや以前使ったものと同じシチュエーションを多用する事、ストーリー展開の雑さや広げた風呂敷を畳みきれない事などについては批判が多い。
また、各ライター間で連携が取れていない様な矛盾した描写も本編で度々見られ、シリーズ構成としての量を疑問視するも後を絶たない。

主な作品

アニメ

特撮

漫画原作

ゲームシナリオ

関連動画

関連チャンネル

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%89%E7%94%B0%E4%BC%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

吉田伸

281 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 23:48:29 ID: 6FLorovIQh
>>280
本気でそれ言ってるならヤバいな。3年前の惨状を忘れたのか?
こんなのがいるようじゃオワコン化も当然だわ
282 ななしのよっしん
2019/09/29(日) 00:41:50 ID: pe5vCCFOmY
創作っていうのは良い悪いに限らず自分の思考が作品に現れるからね
作中で犯罪を起こしたキャラに罪を償わせずに自分なりに正義があると言って結局そのまま放置するのだから現実でもそれに近いような考えがあると思うよ
283 ななしのよっしん
2019/09/29(日) 19:56:00 ID: JMQtAjgZSC
あれだけAVがーAVの所為だーをVR擁護の為に言ってて
小野以外の面子ほぼそのままで駄作なVR作ったスタッフ共に感謝のお礼言ってる吉田信者&VR信者共のキチガイっぷりほんと好き

やっぱ遊戯王ってコンテンツに死んで欲しい等が小野disって吉田伸の事持て囃してたんだなって
打ち切りになった漫画版もだが、作品にもカードにもも落とさないし観もしないでVR切ったけど好きだったとかほざいてるだけデカいノイジーマイノリティ等が熱心に吉田だからと口だけ持て囃してんだものな?
質の低いにはそれ相応のが集まる訳だから当然っちゃ当然だけど
遊戯王でこんな事にはなっては欲しくなかったなぁ…見事にコンテンツ寿命縮められちまったわ
何が今の遊戯王を支えてるだよクソ
284 ななしのよっしん
2019/09/30(月) 02:14:47 ID: pe5vCCFOmY
コンテンツ寿命を縮めるだけでなく自分の狂った思想を3年間広めようとして洗脳しようとしてる様な人物
このような人間創作活動どころか社会にいてもらいたくないな
285 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 09:23:43 ID: 47gcNN1Ps8
アークファイブ放映当時に「小野は二度と遊戯王に関わるな!」
「今やってるシンフォギアとやらもあいつが関わってるならクソなんだろ!?
「そっちでは問題ない?ならこのクソ監督を引き取れや!」
みたいなテンションで騒いでる連中をちょくちょく見かけたけど
今期で明暗はっきり分かれたなって
散々元と罵って追い出した監督が抜けたヴレインズは打ち切りEND
監督として続投したシンフォギアはおおむね好評の大団円…と
結局、当時の吉田伸支持者はまるで見るがなかったわけだ
286 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 10:08:30 ID: G9lkdcEtww
作品じゃなくてスタッフの名前しか見てないらだからね
小野クソ吉田桑原
まあヴレインズのおかげで吉田無能さが知れ渡ってよかった
287 ななしのよっしん
2019/10/10(木) 12:29:44 ID: 7JznoMZVE/
>>285
あの頃はほんと酷かったからな
VRAINSになってから対立煽りしくなってる」とか言ってる稀に見るけどそれはあり得ないわ
自分達が敷いた言論弾圧の体制が崩されて悔しいから印操作してるだけ
288 ななしのよっしん
2019/10/11(金) 23:18:37 ID: 6FLorovIQh
>>186
今思うとこれ+和希と久保という問題児だらけで作ったDSODがそこそこの形になったのって奇跡だと思うわ。まぁ原作の続きとしちゃともかくカードアニメとしては個人的にイマイチだったが
馬鹿コンマイはわざわざリンクスの新ワールドにする位寵愛してるからどうせ次のアニメも似たような厨二ファンタジーになるんだろうけど
289 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 16:47:59 ID: JMQtAjgZSC
>>285
アニメ漫画にもカードゲームにすら興味がなくて
ただホモ系の餌としてしかコンテンツを観てない等が荒らして遊ぶのに都合がよかったんだろうね
AVみたいに自分の知らない興味ない所(OCG)で人気あったとかそりゃ認めたくもねーだろうから飛び出る言葉が「カードの為のアニメじゃない」なんだろうし
あとは遊戯王と言うコンテンツそのものへのアンチとしては見るがあったと思うよ
何故ならこいつがメインの時期の遊戯王毎度人気落ちてるからな、カードくなるしw
ライバル企業とかにとって邪魔なコンテンツに消えて欲しいなら
働き者の無能に内側からぶち壊して貰うのが一番ダメージデカいからね
そういうのの支持があったんじゃねーのと思いたくなる酷さだわ
290 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 17:23:51 ID: 6FLorovIQh
>>289
あの手の連中ってだいたい子供の時観たDM、GXで時が止まってる懐古連中だから今のOCGの事なんて何も知らずにそれっぽいストーリーと設定だけあれば満足なんでしょ
そんならに限って通ぶってドーマ編だのGX三期だの持ち上げる。そして「新規獲得、カードゲームとしての面さ」を追及したGX1期、2期は過小評価される。何故遊戯vs人形戦が素晴らしいのか説明できない人間すら多いのが現状

急上昇ワード