編集  

同人単語

ドウジン

同人とは、同好の士。同じ趣味興味・関心、志をもつ人のこと。

同じ趣味を持つ仲間同士での小規模な創作活動を行い、同じく仲間に向けて小規模な発表活動を行う人々である。

概要

かつて文芸作家達が、同じ志を持った仲間内で集まり、自主制作で文芸誌を制作した。これが同人グループによるいわゆる「同人誌」の始まりである。同人誌は、同人の手によって制作され、それを読むのも同人であった。つまり、同じ志を持ったもの同士が、出版社や大衆の趣向に縛られることなく、仲間同士で楽しむために発表活動を行ったのが同人である。文学のみならず、書道や美術の世界でも同人活動が行われた。

戦後には漫画体とした同人誌が登場、これらは1970年代にはコミックマーケット等の同人誌即売会が開催されるまでになる。やがて、漫画アニメ・ゲーム二次創作を中心としてどんどん規模が大きくなり、同人ゲーム同人音楽同人グッズなど様々な同人活動が行われていき、近年ではサブカルチャーの一を担う存在となった。

現代では漫画アニメ・ゲームなどのサブカルチャーイメージが強い同人であるが、今でも文学芸術同人誌も存在している。

文学の同人

尾崎紅葉山田美妙らが中心となって制作された文芸誌、「楽多文庫」が日本初の文学同人誌と言われている。
当時は同じ思想を持つ者同士が集まって小説短歌などを制作、掲載していた。また俳句短歌の専門同人誌も発行され、有名なものに国語の教科書でも習う「アララギ」や「ホトトギス」が存在する。

漫画・アニメ・ゲームの同人

漫画アニメ・ゲームなどの同人作品も一般の商業ルートには流れず、これらは同人誌即売会コミックマーケット等)や、委託販売を行うショップ(とらのあな等)、各サークルが個人で行う通信販売などでのみ入手できる。印刷代等が安くなり、個人で創作活動を行うものも増えた。これら同人活動を行う個人、またはグループのことを「サークル」と呼称する。個人の場合はとくに「個人サークル」と呼ばれる。

同人誌即売会では、実際に作家本人と対面して作品を受け取れる場合が多く、コミュニケーションの場としても機している。また、「同人イベント銭的利益を的としているわけではない」という志から、販売ではなく「頒布」という言葉が使われる傾向にある。同様の理由で本を買いに来る側もお客ではなく「一般参加者」であり、皆でイベントを作り上げていくものであるという考え方が広まっている(ただし、法律上は紛れもなく売買契約が成立しているということは理解しておくべきである。)。即売会ではこれら同人作品の頒布のほか、キャラクターコスチュームを身にコスプレも流行している。

二次創作とオリジナル

漫画アニメ・ゲーム同人作品には、流行の作品(少年漫画、商業ゲームなど)の非公式二次創作が多い。これら版権作品の二次創作には著作権上の問題が付いて回るが、原著作権者によって建前上二次利用を禁止されてはいても一般商業ルートに乗らない同人活動は黙認されているというのが現状での多勢である。

しかしまれにではあるが、二次創作同人誌を頒布したために原著作権者とのトラブルに発展し、裁判や刑事罰にまで発展した例もあるのも事実である。そうした状況を踏まえてか、最近ではガイドラインを定めて著作物の二次利用を許諾している著作権者も存在しており、二次創作同人ジャンルにおける一つの潮流となっている。

その一方で、オリジナル作品を製作する同人サークルも多数存在する。有名なオリジナル同人作品としては、2000年代に登場した「東方Project」「ひぐらしのく頃に」「月姫」があり、これらは同人作品でありながら、さらに二次創作が数多く作られ三大同人ゲームと呼ばれた。

同人での成功と商業化

同人人気が出ると商業化(同人から脱し、企業等を立ち上げて再出発)する事もある。「月姫」を製作した同人サークルTYPE-MOON」は商業ブランドとなり、新しい作品を多数発表して商業でも成功を収めた。「ひぐらしのく頃に」はアニメ化コミカライズなど多方面へと展開した。この他にも、同人活動からスタートして漫画家イラストレーターになる者も多数存在する。出版社など企業の側でも、新規人材発掘や人脈確保のために同人誌同人誌即売会を利用することも少なくなく、一種の営業活動が成立している面もある。

また逆のパターンとして、プロ作家漫画家イラストレーターアニメーターラノベ作家ゲームクリエイター等)が自由な作品発表の場をめ、仕事とは別の自身の個人製作二次創作同人に参加することも増えている。

よくある誤解

同人=エロ・二次創作?

メディアでの取り上げ方などにより、「同人=(特に男性向け)エロ漫画」や「同人=版権作品の二次創作」としばしば勘違いされる向きがある。しかしあくまでも一ジャンルとしてエロ二次創作コンテンツが存在しているだけであり、常に体ではあるとは限らない。例えばコミックマーケット準備会調報告(C81アンケート)によれば、成人向け作品を頒布するサークルは全体の4割未満、それも男性向けより女性向けのほうが多いと報告されている。

また、オリジナル作品も一定数存在しており、その他にもありとあらゆるジャンルが存在するのが同人世界である。大規模な同人イベントだと本当に扱うジャンルが広く、例えばミリタリー電子工作、評論、あるいは自作石鹸などまで多種多様なジャンルが存在している。

オリジナル作品しか取り扱っていない同人イベントの中で最大規模に当たる「コミティア」の場合、参加サークル数は毎回3,500~5,000サークルビッグサイト東館2~3ホール分程度)にのぼる。さすがにコミケの約35,000サークルべると参加サークル数は1ケタ違ってくるものの、これだけでも創作活動を行っている同人サークルが決して少なくないことは容易にわかるであろう。

同人=儲かる?

同人活動で成功し大量の頒布部数で高い収入を得ている者も一部存在するが、基本的には個人の趣味ファン活動の範疇での製作販売であり、ごく小規模な販売円環である。少量を販売し、小額の販売益を得て、次回制作費に充てる程度が一般的とされる。

再びコミックマーケットアンケートを例に挙げると、6割のサークル赤字という報告が出ている。逆に言うと4割が黒字ということになるが、どのライン黒字としているのかはアンケートからは読み取れず、制作費やイベント参加費などを総合して考えれば黒字が出ているサークルはさらに少ない可性もある。頒布部数についても、全体の半数のサークル100部未満の頒布数であり、3000部以上を頒布するサークルは全体の1程度である。これら一部のサークルが委託販売なども含め相応の利益を上げていることは事実としても、全体的に見れば同人活動はそれほどかるようなものではない。

なお、サラリーマンなど給与所得者の場合黒字の額が年間20万円、他に仕事がない者の場合でも黒字の額が年間38万円をえると確定申告が必要となる場合がある。それだけでなく、兼業禁止の職場で勤める者が前述のような黒字を出してしまうと勤務先から「兼業行為(=趣味の範疇をえる活動)ではないか?」と疑われたリ、親の扶養から外れてしまい税負担が増えてしまうなどの恐れが出てくるので注意が必要である。「自分はかっていない」と思っていても、自分のサークルの売上やかかった経費などを記録し、領収書などをきちんと保存しておくことが望ましい。

関連項目

一覧項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%8C%E4%BA%BA
ページ番号: 240918 リビジョン番号: 2164970
読み:ドウジン
初版作成日: 08/06/14 21:32 ◆ 最終更新日: 15/02/21 16:16
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

同人について語るスレ

435 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 10:59:22 ID: pjYNOs+Nga
基本的に同人アンチは一切の権利を持たない
原作者・権利元<(絶対従)2次創作者<(干渉出来ない)外野
海賊版・コピー商法と違って、2次創作は権利と責任を持つ
権利は「著作権」 責任は「権利元の要請に従う事」(2次創作禁止も含めて)
グリッドマンの件で「2次創作の権利ガー」と喚いたらはアウト

外野は責任を負わない、代わりに権利も
だから匿名掲示板でグチグチ嫌味言う事しか出来ない
稀に即売会で「迷惑行為、テロ予告、ストーカー行為」をやる「狂人」が出てくる
この「狂人」対処の綱渡りが即売会の歴史

だから2次創作者はSNSの話したり、挑発行為を正論論破してはいけない
発狂して狂人を産み出す事になるから
436 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 11:18:48 ID: pjYNOs+Nga
未だに2次創作=違法行為と信じて憚らないアンチがいるけど
著作権法2次創作親告罪と決まったから
原作元から親告されなければ違法行為じゃない

「面倒だから~ 対処しきれないから~」と素っ頓狂な事言ってるけど
それ「会社側は権利を守りきれない無能」と言う侮辱行為だから
437 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 22:59:42 ID: ZtApkePCgj
対処しきれないっていうのは別に間違いではないんじゃないの?特に人気の作品に関しちゃ余計に
2次創作同人全部取り締まるなんてディズニーでも多分理だろ
そもそもそんな虱潰し的な行為に利があるとも思えんけど
438 : ななしのよっしん :2019/01/24(木) 03:08:46 ID: g0DTbgciXA
同人って基本的にコミケで売ってる媒体の二次創作って意味になってるな
DLsiteとかDMMで売ってるデジタル同人3Dアニメ同人ゲームCG集等)の話はほとんど出ないしそもそも知らないのかもしれんが
439 : ななしのよっしん :2019/01/24(木) 08:49:36 ID: ZsOrFtMgFa
親告罪だから罪に問われなければOK、理論はそうなんだけれど、じゃあなんで訴えてこないかって言ったら1〜10まで訴えてたら破産するからなのは1つの事実でしょ
だから昔から「公式が訴える気が起きないような、見逃してもらえるような活動を」ってことで利益を出さないとか、そういう内々のルールがあるわけで
会社の内情なんてファンには確認しようがないのに、親告罪だから「訴えられない=認められた!」ってなるのは危険だよ
440 : ななしのよっしん :2019/01/24(木) 11:43:03 ID: q7ljlr+BAG
そこは訴えられない範囲を見極めてける人が一番賢いとしか言えない
しょせん資本主義だもの
441 : ななしのよっしん :2019/02/08(金) 14:07:14 ID: pjYNOs+Nga
>>439
親告罪だから「訴えられない=認められた!」× その通り まぁだからと言って2次創作しない理由にはならん 権利を持つ側がはっきり付けない選択をしただけ はっきり付けたケースが先のグリッドマン 同人委託店は一斉に取り扱い止めた
出版社・ゲームメーカー音楽業界 全ての権利者が第一に望んでる事は「違法ダウンロード撲滅」 他人の活動に文句付けるほど元気有り余ってるなら まず漫画やらMusic FM叩き入れたらどうよ? 権利元と会社は確実に喜ぶ
442 : ななしのよっしん :2019/02/09(土) 10:03:34 ID: pjYNOs+Nga
とりあえず2次創作同人関係者はSNSで「けて当然」「同人活動は許されている」この手の意見を一切言わない 最低限それだけ守ればいい(実際に何億稼ごうがどうでもいい それは権利者2次創作者・税務署の問題)

他人にけを認めて欲しいならオリジナルでやれ オリジナルでも認めないらは沢山いるけど、原作者に楯突ける外野は存在しない (知識人気取りの表現規制は別次元の化け物だからカウントしない)
443 : ななしのよっしん :2019/02/09(土) 10:21:55 ID: CrcaM0wEx7
それをいうなら2次制作関係者に対して「他人のけして」々とか「2次制作に対しての文句」をぶつけるなよ、他人がそんなしなければわざわざけ当然やら2次制作についての是非をする必要ないんだからな。それこそ他人がとやかく宣うことじゃねえよ、法をに殴ろうとして出来ないからと感情論で責めようとしてるやつのがよほどクソだろとしかいいようがないわい。
444 : ななしのよっしん :2019/02/09(土) 10:28:59 ID: CrcaM0wEx7
原作者に楯突けるがいないというが、同様に原作者以外にその手の行為を否定する権利を持ってるやつもいない、原作の権利を保有してる出版やら制作委員やら委任を受けた弁護士やらその手の限られた人物以外にね。
そうではない人間の発言に価値なんてないし、認めてもらうもらわない以前にそんな相手ですらない、それこそ他人ので相手にマウント取ってるだけのことだ。お前らに他人を認めるだけの権利も権もねえよ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス