名人戦(将棋)単語

メイジンセン
1.8千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

名人戦めいじんせん)とは、将棋タイトル戦である。タイトル保持者は名人と呼称される。

概要

毎日新聞社と朝日新聞社が催。毎年4月から6月にかけて、名人と挑戦者(A級順位戦優勝者)による七番勝負が行なわれる。8つのタイトル戦の中で最も歴史のある棋戦であり、持ち時間はすべての棋戦の中でも最長の9時間(2日制)。名人竜王と並び将棋界で序列1位として扱われ、免状に署名をしたりと将棋界の代表として活動することになる。八段の棋士名人位を獲得すると九段に昇段する。なお、A級昇級時点で八段になるので、七段以下の棋士名人に挑戦することはない。

名人を通算5期獲得すると“永世名人資格が与えられ、引退後は“〇世名人”と呼称されることになる。
現在の永世名人木村義雄大山康晴中原誠谷川浩司。永世名人資格者は森内俊之羽生善治

実力制名人

名人が制度として導入されてから、名人位経験者は”第〇期名人”の表記の他、獲得順に“実制第〇代名人”とも表記される。現在藤井聡太は実制第十六代名人となる。

また、これとは別に名人を通算3期、または抜群の成績で通算2期獲得した70歳以上の棋士には称号としての“実制第〇代名人が与えられる。これは、将棋史上に残る多大な功績を残すも永世称号の獲得はならなかった升田幸三を称えるために作られた称号で、創設時既に同条件を満たしていた塚田正夫にも追贈されている。
この称号は、大棋士と言える人物であってもあくまで条件を満たした棋士にしか与えられない。功績は多大であったが名人獲得は1期にとどまった加藤一二三には授与されていない。故に加藤順番としては実制第六代名人であるが、称号(肩書)としては九段である。また、他の永世称号・名誉称号があれば肩書にはそちらが優先されるようで、塚田正夫の称号は名誉十段となっている。

現在少なくともこ称号を得ることが確定している現役棋士は、永世名人資格者を除くと佐藤天彦(3期)のみ。
他に佐藤康光丸山忠久も2期獲得しているが、抜群の成績という条件を満たしているかがわからないため、現時点では不明である。なお、佐藤康光は永世棋聖資格を有するため、仮にこの称号を得たとしても肩書はおそらく永世棋聖となると思われる。

歴史

江戸時代将棋名人世襲制だった。その後、明治から昭和初期にかけての名人は名誉称号としての終生名人制となる。しかし、十三名人関根次郎が実名人を提案して、1937年から名人戦が始まる。そのため、永世称号は十四世名人木村義雄)からである。

最初は毎日新聞催だったが、1950年から1976年までは朝日新聞が、1978年から2007年までは再び毎日新聞催となり、2008年からは毎日朝日の共催となっている(契約の問題)。1977年催の移行問題でゴタゴタしていて開催されず、代わりに“特別名人戦”が開催された(大内延介優勝)。

2012年からはニコニコ生放送でも中継されている。

歴代名人

世襲制
推挙制
実力制
贈名人
名誉名人
関西名人・大阪名人(僭称)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名人戦(将棋)

4 ななしのよっしん
2018/03/22(木) 12:02:05 ID: txt9WEakD8
プレーオフ羽生竜王(棋聖)が勝ち上がったね。
名人奪取となれば通算10期タイトル獲得数もキリのいい100となるので、ファンの方は注されているでしょう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 06:03:23 ID: gKckorywfd
こないだの名人戦第一局、レーティング上位のソフトですら意見が別れるレベル将棋
しかもお互いにそういうソフトの最善手の何れかと一致し続けてたらしいからあの日の羽生は「人間ではもう勝てない」と言われていた強ソフトと互以上の領域で対局してたみたい
まあ、ソフト較に出すのはつまらんって人もいるだろうけど、逆にソフトがなければアレがそこまでの名局であるというのも一般人には伝わらないわけで
明らかに人智をえたソフトがあるからこそ、そのレベルでも難解な将棋すことによって具体的にその異様さが分かる面もあるのだなぁと思ったよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 23:57:43 ID: EYATC0unNu
佐藤名人3連覇おめ
せっかくだからこのままストレートで第二十代永世名人になってほしい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2020/09/07(月) 19:24:55 ID: Can+EGwUKb
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 00:53:01 ID: mrnndIJ5Fg
他のタイトル戦と異なり、勢いある若手がすぐ獲得できるタイトルじゃないのが凄く良い
何年もずっとトップクラスを保って初めて名人を名乗れるという

…その制度故に名人vs藤井七冠とかいうネタみたいな話が割とあり得る状況が少しずつ近づいているけど気にしない…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 21:06:44 ID: pf48wCsMhl
渡辺名人vs藤井七冠残念ながらさそうだ…
👍
高評価
1
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2023/03/19(日) 22:04:30 ID: VG5uMvtqaT
それでも渡辺名人vs藤井六冠だぞ
👍
高評価
1
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2023/06/01(木) 17:40:36 ID: 1urEIL9HoX
あの2三桂馬は悪手というより今までなら悪手とされてなかった手なんじゃなかろうか
渡辺名人藤井六冠相手に「訳が分からない間に負けてた」って定期的に言ってる気がする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2023/06/02(金) 18:39:47 ID: 7cJI249R+8
>>11
いや、さすがにそこが悪手認定は変わらなかったと思う(3三歩で手しになってるから)
を取っても成算がない」と思わせるような将棋のつくりになってしまったこと自体が大きな意味での敗因ということになるとは思う(そういう見切りの思い切りの良さと正確さに関しては渡辺は歴代でもトップクラスなので)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2023/06/02(金) 20:11:47 ID: ENs9Ej/CxK
将棋の長い歴史を振り返ってみて凄いなと思うのは、「こいつはモノが違う、将来絶対に名人になる」とプロデビュー前後に玄人筋(=棋士間の評価)で騒がれた人は必ず名人になって一時代を築いてるんだよね。
中原谷川羽生、そして藤井。みんな期待に応えて実績残してるのは大したもんだと思う。中には一人二人ぐらい途中でを踏み外す人がいたっておかしくなさそうなもんだけど。
渡辺については、デビュー当時はそこまで評判高くなかった気がする。「中学生棋士なんだから、もっと評判になってもいいのに」と思った記憶があるな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0