名古屋グランパス単語

509件
ナゴヤグランパス
1.1万文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

名古屋グランパスとは、愛知県名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとするJリーグプロサッカークラブである。
2008年より呼称を、名古屋グランパスエイトから名古屋グランパスに変更した。[1]

概要

日本プロサッカーリーグ
名古屋グランパス
基本情報
創設年 1939年
クラブカラー レッド
所属 J1リーグ
ホーム
スタジアム
・パロマ瑞穂スタジアム[名古屋市瑞穂区]
豊田スタジアム[愛知県豊田市]
ホームタウン 名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県
前身クラブ トヨタ自動車サッカー
プロサッカークラブテンプレート

Jリーグ発足時より参加しているオリジナル10の一つ。前身はトヨタ自動車サッカー部。 ホームタウン愛知県名古屋市ホームスタジアムは名古屋市瑞穂陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム)および豊田スタジアムである。

チーム名の「グランパスGrampus)」は英語名古屋城金鯱)、「エイト」は名古屋市章からきており、末広がりを表している。公式にはこのチーム名は名古屋市による命名としているが、「エイト」の部分は当時のトヨタ自動車社長であった豊田章一郎氏が「トヨタ」のカタカナの総画数が「8」であることから命名したと中日新聞は報じている。

マスコットキャラクターチーム名の「グランパス (Grampus)」にちなみシャチモチーフにしている。グランパスファミリーとして、グランパスくんをはじめ、グランパコちゃん(妻)、グランパスくんJr.(息子)、グララ()がいる。

Jリーグ発足時は弱小チームだったが、1994年ドラガン・ストイコビッチ、翌1995年には監督としてアーセン・ベンゲルチームに加わるとチームは一変。リーグ戦で健闘し、天皇杯ではタイトルを手にする。1996年途中にベンゲルが去って以降はリーグ戦で中位をうろつく状態(それでも99年に天皇杯を獲っていた)が続いていたが、2008年ストイコビッチ監督就任を機に躍進。3年となった2010年に悲願であったJ1リーグ優勝を成し遂げている。

世界的な自動車メーカーであるトヨタ自動車メインスポンサークラブだけあって補強費を存分に投入することが多く、大補強を度々断行している。ただ、チームがまとまらず、選手が反旗を翻すお家騒動が勃発することがしくない。フロントの不可解な監督人事によって迷走することもあり、2016年には監督経験のない小倉隆史に全権を与えたことがJ2降格という最悪の事態を招いてしまった。

クラブの歴史

チーム発足時

当初、トヨタ自動車サッカー部がJSL1部に昇格したばかりだということもあり、初年度からのJリーグ参入を見送る方針だったが、Jリーグ側や当時の日本サッカー協会副会長長沼健の説得もあって方針を転換し、Jリーグ加盟に至った。1991年チーム名を「名古屋グランパスエイト」としたプロクラブが発足。1992年には補強の玉として元イングランド代表のスター選手であるゲーリー・リネカーを獲得する。

Jリーグ初年度となった1993年だったが、開幕戦の鹿島アントラーズ戦でジーコハットトリックを決められ0-5で敗。以降もチームの成績は振るわず、1994年も同じく低迷することとなった。頼みのリネカーは怪で2年間ほとんど稼働することができず、当時のリーグ最高年俸3億円のスターは18試合4得点という成績で現役を引退する。チーム浦和レッズと共に「Jリーグのお荷物」と揶揄され、弱小チームレッテルを貼られてしまう。

アーセン・ベンゲル就任

1995年欧州で新進気鋭の監督として注されていたアーセン・ベンゲル監督に就任。チームの全権を任されたベンゲルは、自らのコネクションで外国人選手を呼びよせ、欧州式のモダンで組織的な戦術を導入。すると、これまで弱小チームと揶揄されたチームは見違えるような魅的なサッカーを披露し、シーズンを追うごとに調子を上げていく。特に攻撃の全権を託されたドラガン・ストイコビッチは、ワールドクラスの実を存分に発揮し、躍動。最終的に2ndステージ2位、年間順位3位と上位進出を果たし、ストイコビッチが年間最優秀選手ベンゲルが年間最優秀監督に選出される。
また、この年の第75回天皇杯では決勝でサンフレッチェ広島を破り、クラブタイトルを獲得する。

1996年は開幕前にゼロックス・スーパーカップを制覇。優勝争いを演じる中で9月ベンゲルイングランドプレミアリーグアーセナルFC監督に就任するためチームを退団してしまう。チーム震が走るが、後任となったカルロス・ケイロスのもとリーグ優勝こそ逃したものの年間2位という成績を残す。さらにサントリーカップチャンピオンファイナルでは決勝でリーグ王者の鹿島アントラーズを相手に勝利し、優勝している。

迷走する優勝候補

ベンゲルを去った後も充実した戦を有していたことで優勝補として期待されるが、当時のフロントには明確なビジョンく、ベンゲル時代の栄めて結果を追いめるあまりに場当たり的な経営や人事を繰り返してしまい、チームは迷走し続けていた。

1999年には楢崎正剛山口、呂ワグナーという日本代表の選手を3人も獲得する大補強を断行。悲願のリーグ優勝へ本気を見せたことで優勝補の大本命と見られていたが、一部の選手と監督の間で裂が走ったこともあり開幕から低迷。この年、3度の監督交代がおこなわれるほどチーム混乱していたが、10月ジョアンカルロスが就任してからは10連勝するなど持ち直す。
さらに、この年の第79回天皇杯では、ストイコビッチ魔法のようなゴールもあって1995年度以来2度優勝を果たす。

2000年にはまたしても内紛が勃発。1stステージを不本意な成績で終えると、平野孝、大岩剛、望月重良のベンゲル時代を知る3人が「秩序や規を乱す存在だった」として7月解雇が発表される。背景にはジョアンカルロス監督との確執があったとされているが、を失ったチーム歯車が最後まで噛み合わず、年間9位でシーズンを終える。シーズン後には2年連続チーム得点王だった呂須がフロントから引退を打診され、サッカーを知らない人がフロントにいる」と怒りを露にする騒動も起きるなど最後まで後味の悪いシーズンとなった。

2001年1stステージでは優勝争いに加わるが、結局3位に終わる。7月21日を最後にクラブ徴として牽引し続けてきたストイコビッチが現役を引退。一つの時代が終わりを告げる。また、またしても選手との確執が表面化したジョアンカルロスが解任となる。ウェズレイが孤軍奮闘するも、2ndステージは12位と低迷。

万年中位の2000年代

2002年には監督としてジェフ市原からズデンコ・ベルデニックを引き抜き、ベンゲル以降続いていたフラットな4-4-2から3バックを導入するが、高い守備を誇りながらここぞというときの攻撃に乏しいチームとなっていた。結局、ベルデニックも強化方針の違いからフロントと対立するようになり、2003年の途中で退任。なお、この年ウェズレイクラブ初の得点王を獲得している。

その後もネルシーニョ、セフ・フェルフォーセンが監督を務めるが、一貫性のない強化方針もあって選手は監督が変わるたびに適応に苦しみ、気が付けばタイトル争いから遠のくシーズンが続くようになる。藤田俊哉や玉田、ヨンセンら即戦の選手を毎年のように補強していたが、場当たり的であったことは否めず、「万年中位」と揶揄されるようになっていた。なお、本田圭佑吉田麻也といった後に欧州で活躍する選手が在籍していたのもこの時期である。

ストイコビッチ監督の時代

2008年よりチームの呼称を「名古屋グランパス」に変更。理由について中日新聞は、「1チーム11名のサッカーチーム名に8が付くことのアンバランスさを解消すること」、「リーグ戦では8位前後が多いため、そのイメージを払拭すること」を理由に挙げている。
この年より、GMが新設され、久一正が就任。新監督にはクラブレジェンドであるドラガン・ストイコビッチが就任。これまでのクラブの悪しき体質を払拭し、悲願のリーグ優勝へようやく本を入れた革を打ち出す。

ストイコビッチ監督の戦術はサイドアタックゾーンディフェンスの2つの柱を基本とした組織的なパスサッカーで、恩師であるベンゲルアーセナルで採用しているものを参考としたものだった。ピクシー効果によって燻っていたチームは息を吹き返し、就任1年2008年優勝争いに加わり3位という結果を残す。

2009年はヨンセンの退団によって核となるポストプレイヤーが不在となり、攻撃が機せずに苦戦。7月ジョシュアケネディが加入することで問題は解決し、8月には三都アレサンドロも加入。しかし守備面では、バヤリッツァの長期離脱によってCB不足に苦しめられ、結局9位に終わる。

ストイコビッチ体制3年2010年田中マルクス闘莉王を始め生や千代反田充を獲得し、ダニルソンが期限付き移籍で加入。システムは4-3-3を採用し、3トップの中央のケネディを基準点として両玉田崎が流動的に動いてチャンスメイクする戦術となっていた。
開幕戦は勝利したもののチーム染むのに時間がかかった。しかし、第18節に首位に躍り出てからは徐々に勝ちを積み重ねていった。そしてついに最終節を残し第31節の湘南戦で初のJリーグ年間優勝タイトルを手にしたストイコビッチにとっては現役時代に成し遂げられなかった悲願の達成であった。最終的には一度も首位を明け渡すことなく、最終的には「シーズン23勝」(3分8敗)、「勝ち点72」(タイ記録)、2位G大阪との「勝ち点差10」など1シーズン制移行後最高の記録を残し、圧勝でリーグ戦を終えた。また、最後の砦としてビッグセーブを連発した楢崎がGKとしては史上初となるシーズン最優秀選手賞を受賞している。

2011年は、不調が続いていた小川佳純が復調したこともあって連続性のあるプレーが見られるようになる。終盤まで優勝争いを演じるが、最終的に首位の柏レイソルに勝ち点わずか1届かず、惜しくも2位シーズンを終える。2012年ケネディ玉田中村直志といった中心選手が離脱してしまい、ストイコビッチサッカーが実現できなくなっていた。後半戦は闘莉王をFWとして起用する苦の策で乗り切るが、結果として前年までの良さを潰してしまい7位に終わる。

2012年シーズンより、ホームタウン名古屋市のみから名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県に拡大した。

2013年シーズンをもって、丸6年チームを率いたストイコビッチ監督が退任。さらにチームは蓄積された累積赤字の補てんのために放出を余儀なくされてしまう。

低迷期

ストイコビッチの後任には西野朗の就任が発表された。しかし、優勝を経験したは軒並みピークを過ぎており、さらには若手の育成を先送りにしてきたツケを払わされることになり、順位は振るわず就任二年終了後に西野は退任となる。

2016年小倉隆史監督に就任し、GMを兼任する革を打ち出すが、小倉は危惧された通り監督経験のさを露呈。成績が振るわず大きく低迷する中、小倉の休養を発表の後コーチに復帰していたボスコ・ジュロヴスキー監督に就任した。一時は残留圏まで順位を上げるも最終的に16位で初のJ2降格が決定。シーズン終了後にジュロヴスキー監督を退任した。

クラブ初のJ2降格により多くの選手の流出するも広島から移籍した佐藤寿人を始め渋谷飛翔や押等が加入。また、期限移籍の櫛引一紀や宮原和也とC大阪から復帰の玉田そして、移籍の噂があった田口泰士がクラブへの残留。新監督前川崎の風間が就任。
そんな中ではじまった2017年は開幕戦こそ勝利を収めるも第3節の敗北で13位まで下降するもその後4連勝を挙げ一時は首位に立つもその後6位に転落。最終的には自動昇格2位長崎抜くことが出ず3位でプレーオフに回った。
プレーオフ準決勝はシーズン2敗の千葉を相手に逆転勝利し、決勝では福岡スコアレスドローであったもののプレーオフ規定によりシーズン上位であった名古屋が昇格となった。
これにより1年でJ1復帰を果たすもクラブシーズン得点得点1位の圧倒的な得点を見せた反面、失点試合は42試合中わずか7試合で、総失点数はリーグワースト6位(65失点)、かつJ2から翌年J1に昇格したクラブとしては史上最多の失点数を記録となった。

J1復帰後

J1に復帰した2018年ブラジル代表のジョーオーストラリア代表のミッチェル・ランゲラクを獲得し、久しぶりの大盤振る舞いを見せる。しかし、前半戦に8連敗を喫するなどチームは低迷。再びJ2へ戻ることが危惧される中、場におこなった補強が功を奏し後半戦に7連勝を記録するなど盛り返す。最終節でJ1残留を確定させ、最低限の結果は残した。また、ジョーが24得点記録得点王を獲得。
なお、この年の天皇杯2回戦奈良クラブ戦でPK戦の末に敗退するが、「担当審判員による明らかな競技規則の適用ミス」があったとして、PK戦のみを後日やり直すという異例の事態の末に勝利している。

2019年は開幕3連勝と好調なスタートを切るが、場に入ると勝ち切れない試合が続き10試合未勝利となる。事態を重く見たフロント9月風間監督の解任を決断。後任はイタリア人のマッシモ・フィッカデンティが就任する。だが、攻撃偏重の風間スタイルから堅守速攻のフィッカデンティと正反対のスタイルとなったことで選手が対応できず、何とかJ1残留を決めるシーズンとなった。

2020年ジョー新型コロナウィルスによってリーグが中断している間に断で帰したうえに一方的にコリンチャンスへの移籍を発表してしまう。が対立したことからFIFAの紛争解決室に判断を委ねる事態となるが、結果的に勝訴となる。リーグでは、フィッカデンティの守備戦術が浸透したことによりリーグ最少失点の3位という結果を出す。これにより9年ぶりにACLへ出場することになる。

2021年からGM山口が就任。チームは開幕6連勝、さらには11試合連続失点というリーグ記録更新する。しかし、絶対王者となりつつあった川崎フロンターレ相手には4失点を喫して敗し、後半戦になると守備の要である丸山が負傷で長期離脱したことに加え、ACL絡みの過密日程で選手の動きが重くなり失速する。リーグシーズン最多失点試合数21試合を立するが、得点の乏しさも露呈してしまい5位でシーズンを終える。
一方、ルヴァンカップでは決勝でセレッソ大阪を破り、優勝を果たす。チームにとっては11年ぶりのタイトルであり、これで内三大タイトル全てを制覇したことになる。しかし、タイトルをもたらしたはずのフィッカデンティとの契約更新しないことが発表され、サポーターから数多くの批判が寄せられる。

クラブ創設30周年となった2022年、新監督長谷川健太を招聘。しかし、新型コロナウィルス外国人勢の合流が遅れ、に怪人が続出したこともあって苦戦。前任者と違ったアグレッシブスタイルの浸透が遅れたことで8位でシーズンを終える。

2023年浦和からキャスパーユンカーが加入。懸案事項だったストライカー不在問題が解決し、前年までの堅守とスピードのある速攻からユンカーが決めるという攻撃パターン確立される。これによってチームは大きく躍進し、前半戦は神戸横浜FMと共に優勝争いの一に加わる。ところが、長谷川監督が「大柱」と評したマテウス・カストロサウジアラビアへ移籍。これによって攻撃の再構築を余儀なくされてしまい、に補強した森島前田フィットせず、前半戦機した攻撃のパターンが失われたチームは後半戦に大きく失速。優勝争いからも脱落し、最終的に6位でシーズンを終える。

主なタイトル

国内タイトル

個人タイトル

現在の所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属 備考
- 監督 長谷川健太 1965.9.25 2022 FC東京 監督
1 GK ミッチェル・ランゲラック(C) 1988.8.22 2018 レバンテUD
2 DF 野上 1991.4.20 2023 サンフレッチェ広島
3 DF ハ・チャン 1994.10.16 2024 項スティーラーズ
4 DF 井上詩音 2000.4.25 2024 ヴァンフォーレ甲府
5 MF 吉田温紀 2003.12.26 2021 名古屋グランパスU-18 【H】
6 MF 本拓 1990.12.3 2019 湘南ベルマーレ
7 MF 和泉 1993.11.6 2023 鹿島アントラーズ
8 MF 彗也 1997.6.20 2024 柏レイソル
9 FW 酒井宣福 1992.11.9 2022 サガン鳥栖
10 FW パトリック 1987.10.26 2024 京都サンガF.C.
11 FW 山岸裕也 1993.8.29 2024 アビスパ福岡
14 MF 森島 1997.4.25 2023 サンフレッチェ広島
15 MF 稲垣 1991.12.25 2020 サンフレッチェ広島
16 GK 武田 1987.6.30 2016 大分トリニータ
17 MF 倍井謙 2005.9.7 2022 関西学院大学 【卒】【H】
18 FW 永井 1989.3.5 2022 FC東京
19 MF 卓也 1995.5.4 2022 アビスパ福岡
20 DF ケネディブス 2000.6.23 2024 アビスパ福岡
21 FW ターレス 2001.6.29 2022 ロアッソ熊本
24 DF 河面旺成 1994.5.3 2022 大宮アルディージャ
25 MF 久保次郎 1999.4.5 2023 藤枝MYFC 【H】
27 MF 中山 1996.7.17 2024 清水エスパルス
28 FW 榊原 2005.9.7 2022 関西学院大学 【卒】【H】
30 DF 行徳 2004.12.17 2023 静岡学園高校
32 MF 鈴木陽人 2005.5.17 2023 名古屋グランパスU-18 【昇】【H】
34 MF 内田宅哉 1998.6.2 2022 FC東京
35 GK ピサノアレク幸 2006.1.10 2024 名古屋グランパスU-18 【昇】【H】
37 GK 杉本大地 1993.7.15 2023 ベガルタ仙台
41 MF 小野 1996.8.9 2024 モンテディオ山形
42 FW 杉浦駿 2006.5.14 2024 名古屋グランパスU-15 【2】
43 MF 西森 2006.5.23 2024 名古屋グランパスU-15 【2】
44 DF 壮一郎 2007.6.29 2024 JFAアカデミー福島U-15 【2】
66 DF 山中 1993.4.20 2024 セレッソ大阪
77 FW キャスパーユンカー 1994.3.5 2023 浦和レッズ

※備考欄は【】=全移籍での加入、【レ】=レンタル移籍での加入、【復】=レンタル先からの復帰、【新】=新任の監督、【昇】=トップチーム昇格、【卒】=新卒での加入、【特】=特別定選手、【2】=2種登録、【H】=ホームグロウン選手

過去に所属したおもな選手

歴代監督

監督 在任期間 備考
1992年1993年
ゴードンミル 1994年1994年11月
三浦哲郎 1994年11月12月 監督代行
アーセン・ベンゲル 1995年1996年9月 天皇杯優勝(1995年)
ジョゼアルベルトコス 1996年9月10月 監督代行
カルロス・ケイロス 1996年10月1997年11月 チャンピオンファイナル優勝(1996年)
田中 1997年11月1999年4月
ダニエルサンチェス 1999年4月8月
マザロッピ 1999年8月 監督代行
ジョアンカルロス 1999年9月2001年8月 天皇杯(1999年)
三浦哲郎 2001年8月12月
ズデンコ・ベルデニック 2002年2003年8月
ネルシーニョ 2003年8月2005年9月
中田 2005年9月12月
ヤン・フェルホーセン 2006年2007年
ドラガン・ストイコビッチ 2008年2013年 J1リーグ優勝(2010年)
西野朗 2014年2015年
小倉隆史 2016年2016年8月 GM兼任
ボスコ・ジェロスキー 2016年8月11月 J2降格(2016年)
風間 2017年2019年9月 J1昇格(2017年)
マッシモ・フィッカデンティ 2019年9月2021年 ルヴァンカップ優勝(2021年)
長谷川健太 2022年

関連動画

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *変更は呼称のみであり、「法人名」、「チーム名」およびエンブレムロゴについては「名古屋グランパスエイト」のままである。
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名古屋グランパス

35 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 13:37:39 ID: QLIvTF8lE+
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 13:51:27 ID: QLIvTF8lE+
次の監督さん、礎くす正反対のサッカーでは?フィッカデンティは、攻撃時にもリスク管理をする手堅い常識的なサッカーをするでしょうね。

グランパス風間監督契約解除。フィッカデンティ氏が新監督に就任
https://www.footballchannel.jp/2019/09/23/post339573/exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 13:52:02 ID: VtXkwvRnxr
客動員だけは好調で、今期豊田スタジアムメインスタジアムのようなもんだったなあ
特定ホームで8割以上をやらなきゃいけなかったんじゃなかったか?
去年は半々に近かった気がするけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 08:21:05 ID: QLIvTF8lE+
👍
高評価
0
👎
低評価
0
39 削除しました
削除しました ID: QLIvTF8lE+
削除しました
40 ななしのよっしん
2022/09/04(日) 00:52:19 ID: VtXkwvRnxr
観客動員が20.21でトップ、今年も3位
コロナで減ってる中ではあるけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2022/09/04(日) 19:37:41 ID: If1usEtJOw
サッカーにも暗黙のルールというか紳士協定あったんだね
けどあんなに大っぴらにやっちゃった
八百長し放題なんじゃないの?
totoって得点数も関係あるんでしょ?
怪しいなって素人は思ってしまうんだが・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2022/09/11(日) 22:08:06 ID: TK+sHBeyKj
>>40
何というか個々の人気って
プロ野球阪神タイガースブンデスリーガRBライプチヒに近いもの感じる
(参照書籍:阪神タイガースの正体)
他の商売敵が居ないから棚ボタ的に人気チームになったアレ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
43 ななしのよっしん
2023/07/28(金) 03:06:05 ID: IQrRI5VxSO
ザスパクサツ群馬」やラグビーの「トヨタヴェルブリッツ:略称トヨタトヨタ自動車とは言ってない)」が通った「トヨタトヨタ自動車とは言ってない)グランパス名古屋」を名乗ることもルール上可
👍
高評価
0
👎
低評価
0
44 ななしのよっしん
2023/11/29(水) 23:37:17 ID: 8js7zru8Cd
700万人規模の大都市市場をほぼ独占しているというのが最大の強み
日本どころか全世界サッカークラブを見ても数は少ない
👍
高評価
0
👎
低評価
0