名誉毀損罪単語

メイヨキソンザイ

名誉毀損罪とは、刑法230条に規定されている犯罪である。

第二三十条
(第一項)然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰に処する。
(第二項) 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

-刑法230条より引用-

民法上も不法行為にあたるが、民事での扱いについては記事の最後で触れる。

概要

本罪は然と事実を摘示して人の名誉を毀損することによって成立する。

つまり、人の社会的評価を低下させるような具体的事実不特定多数の人々が認識できるような状態にすると本罪にあたるわけである。
摘示の手段は問われないので、それが新聞記事であろうとによる演説だろうとインターネットでの書き込みであろうともアウトになる。
平成25年9月、人の「社会的評価を低下させるに足りる具体的事実を摘示する」内容の記事をネット上の掲示板転載する行為も名誉毀損にあたるとする高裁判決が出たので、記事のコピペも慎んだほうが難。(東京高判平成25年9月6日、発信者情報開示控訴事件)

然」性については、相手方が特定・少数人であっても伝播可性があれば然性を認めるという立場(伝播性の理論)を判例や多数説はとっている。

※侮辱罪と名誉毀損罪は、事実の摘示があるか否かで区別されている。例えば「あいつは変態!」なら侮辱罪、「あいつは○○下着を盗んだ!」なら名誉毀損罪の話になる。

保護法益

本罪で保護される「名誉」とは、判例・通説によると"人に対する社会的評価(外部的名誉)"のことである。

経済的信用に対する評価に関しては刑法233条前段の信用毀損罪によって保護されているので本罪にはあたらない。

客体

客体は「人の名誉」である。ここでいう"人"とは、自然人(=個人)のほかに法人などの団体もす。

その他

抽象的危険犯

本罪は的危険犯であるところ、然と被害者の社会的評価を低下させるに足る事実を摘示するだけで既遂に達するので、現実被害者の社会的評価がされたことを要しない。(大判昭和13年2月28日刑集17巻141
つまり条文には「名誉を毀損した」とあるが、現実社会的評価が低下したか否かは関係ないのである。これは実際に社会的評価が低下したかを立するのは非常に困難であるためだ。

免責

第二三十条の二
(第一項)前条第一項の行為が共の利に関する事実に係り、かつ、その的が専ら益を図ることにあったと認める場合には、事実否を判断し、真実であることの明があったときは、これを罰しない。
(第二項)前項の規定の適用については、訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、共の利に関する事実とみなす。
(第三項)前条第一項の行為が公務員又は選による公務員補者に関する事実に係る場合には、事実否を判断し、真実であることの明があったときは、これを罰しない。

-刑法230条の二より引用-

名誉毀損的事実共の利に関するものであり、摘示の的が専ら益を図るためであったことを要件に、事実真実性を明すれば処罰されない。この規定は民事の場合にも類推適用される。
性生活や身体的・精的障などのプライバシーに属する事実の場合に共性の有が問題となるが、少なくとも某大規模宗教団体会長女性関係に関する事実共性が肯定された。詳しい経緯などは判例を参照されたし。(最判昭和56年4月16日ペン事件)

本条文には「真実であることの明があったとき」とあるが、行為者は真実だと思っていたのに誤信だったという場合にはどうなるだろうか。判例は「確実な資料,根拠に照らして相当の理由があるときは,犯罪の故意がなく,名誉毀損の罪は成立しない」としている。(最大判昭和44年6月25日、夕刊和歌山時事事件)

民法上の名誉毀損

名誉毀損は民法上の不法行為(民法709条)にあたり、民事上の損賠償請の対になるほか、裁判所によって「名誉を回復するのに適当な処分」が命じられうる。謝罪広告がこれにあたる。

民法第七十三
他人の名誉を毀損した者に対しては、裁判所は、被害者の請により、損賠償に代えて、又は損賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

-民法723条より引用-

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

名誉毀損罪

46 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 12:03:28 ID: y+GdR+t+Rq
一方で便所の落書きガーと言い一方で世界開してるんだからと言う
割と都合よく使い分けられている気がします
47 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 12:12:48 ID: B8H9pTaSHO
便所の落書きを全世界開してるんやぞ。
48 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 22:12:32 ID: Aq7DtSRaQf
>>41
こんな絵に描いたような反権中二病久々に見た
49 削除しました
削除しました ID: qRyT5sCtbK
削除しました
50 削除しました
削除しました ID: qFaek0d/TR
削除しました
51 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 20:29:13 ID: CuinGoVNv1
(まだ憶測の域でも)事実なら大丈夫と思ってる多すぎ問題
52 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 21:26:47 ID: Q/2CmSSqOX
被害叩きの口実にできる悪な法律
53 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 19:40:17 ID: haSaAb4IYl
削除しました
54 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 10:54:19 ID: zbFdpmysqx
>>51
というか仮に憶測じゃない"真実"であっても内容によっては名誉棄損になるがな
55 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 18:15:13 ID: yTheCCd3o0
>>54
ただ純な私人についてというより社会的影がある人について流す場合が多いから、
真実の場合は共利事項と認められて記事中にある免責をされることもそれなりにありそうではある
まあおっしゃるとおり内容次第って話なんだけど

急上昇ワード