呉勝浩単語

ゴカツヒロ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

呉勝浩(ご かつひろ)とは、日本小説家

概要

1981年青森県八戸市生まれ。筆名は本名で、在日韓国人3世だが、インタビュー等によると「自分が何世かもよくわからない」「韓国に対する思い入れがさ過ぎて歴史とかも全然知らない」とのこと。

大阪芸術大学映像学科卒で、現在大阪市在住。学生時代は映画していたが、卒業後は学生時代に傾倒したメフィスト賞の作品群の影小説を書き始め、メフィスト賞にも投稿していた。2013年、第12回『このミステリーがすごい!』大賞で一次選考通過。江戸川乱歩賞には4年連続で投稿し、3年2014年、第60回に「極クラブ」で最終補に残る。

2015年、第61江戸川乱歩賞を『道徳の時間』で受賞。受賞時は「朗」というペンネームだったが(青森出身なので林檎の「」を使いたかったんだそうな)、受賞後に本名の「呉勝浩」に戻し同作でデビューデビュー作は選考会で辻村深月が強く推し、有栖川有栖石田衣良が欠点を認めつつ受賞後の稿を前提として推し、池井戸潤今野敏が反対(池井戸はかなり強く反対したらしい)という構図だったようで、刊行後の評判はそれほど芳しくはなかった(そのため、文庫版ではさらに大幅に稿されている)。

2作の『ロスト』で第19回大藪春彦賞補になると、そこからは徐々に評価を高めていき、4作の『い衝動』で第20回大藪春彦賞を受賞。以降、コンスタントに新作を出すたびに高確率で何らかの賞の補入りが続いており、2020年には『スワン』で第41吉川英治文学新人賞を受賞し、第162直木賞補にもなった。近年の乱歩賞作家の中でも期待の新鋭として注を集めている。

い衝動』『スワン』のような登場人物の対話を通して重厚なテーマ追求する作品がある一方、『口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』のようなぶっ飛んだエンターテインメントもあり、新本格メフィスト賞に原体験があるということで『蜃気楼の』『ライオンブルー』のような警察小説に非常にトリッキーな本格ミステリ的趣向を組み込んだりしているなど、作は多デビュー作から読むよりは気になった作品から手に取るのをオススメしたい。

受賞・候補歴

江戸川乱歩賞

大藪春彦賞

吉川英治文学新人賞

山本周五郎賞

日本推理作家協会賞

直木賞

作品リスト

  1. 道徳の時間2015年講談社2017年講談社文庫)
  2. ロスト2015年講談社2018年講談社文庫)
  3. 蜃気楼の2016年講談社2018年講談社文庫)
  4. い衝動2017年講談社2019年講談社文庫)
  5. ライオンブルー2017年KADOKAWA2019年角川文庫
  6. マトリョーシカブラッド2018年徳間書店
  7. 口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール2018年光文社
  8. バッドビート2019年講談社
  9. ワン2019年KADOKAWA

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%91%89%E5%8B%9D%E6%B5%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

呉勝浩

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 呉勝浩についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


おすすめトレンド