呉越同舟単語

ゴエツドウシュウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

呉越同舟とは故事成語のひとつである。

概要

昔の中国のある人は、こんなたとえ話をしたそうです。
と越は敵同士だ。だが仮に同じ船に乗せたとしよう。
 船が転覆しそうになったときはお互いに敵対心を忘れ、危機を乗り越えようとするはずだ。」

今では、「中の悪いもの同士がともに行動すること」という意味で使われているそうな。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%91%89%E8%B6%8A%E5%90%8C%E8%88%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

呉越同舟

22 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 20:14:06 ID: aMdTSgRfPe
>>2それじゃあ中国創作作品にはライバルとの共闘という熱い展開が存在しないってのか?
23 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 20:34:25 ID: V5n/j/xHgH
>>22
敵だったが味方になる展開なら山ほどあるだろうけど敵対関係のまま一時共闘という展開はどうだろうな。
や樊は一応一時休戦(前者は暗殺企てたりドロドロしてたそうだが)で手組んでたな。
あれは三つで大体対等だから胸熱展開とは違うかもしれんが。
24 ななしのよっしん
2015/07/03(金) 01:49:04 ID: FiHvnLiLnG
>>2
いや、あのも共通の敵と立ち向かうために敵同士で手を組むことは割とあるよ。
となったと越が組んだことは確認できないけど、
三国志袁紹息子兄弟とか、日中戦争中の合作とか。

>>20
曹操の驚異が薄くなったら喧再開した袁三兄弟
日本撃退後、内戦再開した国民党共産党
25 ななしのよっしん
2016/09/04(日) 14:20:56 ID: UZurhBkc50
漫画でも信長がこの言葉否定してたな
不和は一時なりをひそめても、ギリギリ土壇場な状況になれば狙いすましたように諍いが噴出する
という意味だけど

船を降りれば殴りあう所じゃなくて、で沈むか沈まないかという状況になった時点でお互いを突き落とそうとする
だから元から仲が悪い多民族による混成部隊なんて止めなさい
だから元から仲が悪い者同士は底的に住み分けなさい
26 ななしのよっしん
2016/09/04(日) 14:25:14 ID: 6Dv4nctnrB
その漫画がなんなのかは知らんが、信長は実例を見たしな
武田の最期がその説明まんまだ
木曽とかあんな経緯で取り込んでおいて味方だと思う方がおかしい
27 ななしのよっしん
2016/09/04(日) 14:38:34 ID: bRs/fpk/Jl
武田滅亡とか信長の最晩年じゃないですかー
28 ななしのよっしん
2017/02/23(木) 18:58:08 ID: g+cLKGxLmJ
>>25
それ一時は協し合えるってことだからむしろ肯定してるじゃん
29 ななしのよっしん
2017/06/16(金) 19:30:05 ID: KWYKqWztI3
「船を降りたら再び〜」というのは的外れというか、孫氏が言ってるのは喧して欲しくない時は喧どころではない状況に追い込めという話なので、それが外れたら効果がなくなるのは当たり前。
30 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 06:05:42 ID: sSrNxNbg+x
このエピソードって、人と越人が舟乗ってて互いに協したってだけで
べつに強敵と戦うために仲悪いが同盟したとか、そういう話ではないのね
31 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 06:13:25 ID: RdfQ3M2w/C
アンパンマン映画でよくある
敵味方言ってる場合じゃないからとりあえずその場しのぎ的に協するぞ
って
まあオチですぐに野心が芽生えるけど