周瑜単語

シュウユ

周瑜とは、三国志に登場する人物である。
175年生まれ、210年没。字は孫策孫権に仕えた。妻は喬夫人(小喬)。

出自

揚州舒の出身。
高祖の周栄は、尚書にまで至った人物で、『後漢書』にも列伝がある。以後の周は三太尉や、
太守を輩出する名門として知られた。 周瑜のの周異も分筋ながら、陽県のを務めている。

孫策の時代

孫堅が反董卓の義兵を挙げた際、家族を舒の地に移住させた時、孫堅の嫡子の孫策と知己を得る。
当時15才前後であった孫策と周瑜は、同い年ということもあって親交を深めた。
二人の友情金属を断つほどに堅いであることから、「断の交わり」と呼ばれることとなった。

194年、孫堅亡き後、袁術の元にいた孫策江東へ軍を挙げると、周瑜もこれに付き添って功績を挙げた。
孫策笮融、薛礼、厳白虎劉繇といった群雄を打ち破り、小覇を唱え、の土台が築かれた。
 
周瑜は前線にあっては、建威中郎将、中護軍として軍機に預かり、孫策の幕僚となった。
後方にあっては守備隊長、県長、太守の職務を担って孫策支援を行った。

揚州北部を攻め落とした時、喬の二人のを保護した。孫策は娶り、を周瑜の妻にした。
三国志演義』では「江東の二喬」と呼ばれており、大喬小喬と呼ばれ絶世の美女とされている。

孫権の時代 

200年、孫策が非業の死を遂げると、周瑜は兵を率い、の都に駆けつけて留まった。
まだ名の若者である孫権に対し、周瑜は鄭重に臣下の礼をとったので、人々はこれに倣った。
同地で孫権の補佐を行い、張昭と共に政の事務を取り仕切った。

袁紹を打ち破り、勢い盛んとなった曹操は、孫権息子を人質として送るよう強いたが、周瑜一人が毅然と否と説いたので、孫権は意見に従った。

後に前線に復帰し、山越、黄祖の討伐に従軍し戦果を上げた。

赤壁の戦い

208年、荊州を伐ち、南下してきた曹操軍に対しては魯粛と共に戦を唱えた。

この時、荊州から逃れて来ていた劉備と協して共に曹操を迎撃させ、の地で対峙した。
迎撃軍の総指揮官に選ばれた周瑜は、黄蓋を筆頭とした偽装降伏の焼き討ち作戦(演義では『苦の計』)に成功し、曹操軍を蹴散らす大勝利を収めた。

荊州争奪~天下二分~死

勝利の余勢を駆って、続いて荊州攻略に着手する。 劉備と連携を行い。程普と共に左右の指揮官となり、
韓当周泰甘寧凌統呂蒙といった諸将を統御し、江陵に駐屯していた曹仁を攻める。
猛将である曹仁に苦戦し、周瑜自身も重傷を負うものの、継続して揮を行い士気を高めた。
遂に曹仁は万の損を出して撤退し、南地域を占領する事に成功した。

孫権により、偏将軍、南太守に任ぜられ、同地に駐屯する。

荊州の一部を切り取った事により、西方への頭堡を確保すると、中原進出の策を計画する。
益州の劉璋と、中の張魯を伐ち、州の馬超と同盟を組む。襄陽を拠点として曹操を追い詰めれば、
北方を制覇するのも夢ではない。華南を制し、華北曹操下を争う「下二分の計」である。
この構想に孫権も同意し、遠征の準備を進めるも、210年、戦傷も祟ったのか、途中病に倒れて死去する。
享年36歳の若さであり、孫権を大いに嘆かせた。

後年、皇帝となった孫権は、周瑜がいなければ位には就けなかっただろうと述懐した。

子女

子供は周循、周胤とが一人いた。は太子孫登の妃となった。
周循はの威を継ぐ将として期待され、孫権孫魯班を娶ったが若死にした。

周胤も孫女性を娶り、夷陵の戦いなどに参戦したが、230年代後半に罪を犯したとして流刑にされた。
239年に諸葛瑾歩隲朱然、全琮ら並居る群臣が擁護したが、結局周胤は地の陵で病没した。
あるいは呂事件に巻き込まれたのかもしれない。(二宮の変は未発生)

周瑜のの子である周峻も将として用いられた。

風貌

三国志』では周瑜の姿を、「長壮にして姿貌有り」と記している。
若い頃より音楽にも精通し、当時の人々は「曲に誤りあれば周郎が振り向く」という歌をつくって囃したという。
この事が『三国志演義』に取り入れられ、典な美丈夫の造形の元となっている。

劇では周瑜は「美周郎」のあだ名の通り、古来より二枚目が演じる役とされており、秀麗な英雄としてのイメ
ージが定着している。

人物

国家レベルでの策定を行う王佐の才を備え、優れた文武のを示した。
諸将を統べる総司令官、実戦揮の将軍として立ち振舞う一方、事務仕事や、兵站の準備、行政官といった内政面の手際にも長けていた。

曹操劉備からも高く評価されたが、同時にその将才が矢面となる事も恐れられ、孫権との間にひびを入れようと奸策を弄されている。また、曹操は周瑜を麾下に加えようと、同郷の蒋幹を遣わして説得させたが、周瑜は見事に返したので、感心した蒋幹は笑って諦めた。この事が中原の人士に伝わり、望を篤くしたという。
 
劉備雄として危険視していた。劉備に留めて、贅をあてがわせて溺れさせ、その間に、関羽張飛を麾下に組み込みんで用いる計略を提案したが、孫権は却下した。周瑜も拘わらず、後を託した魯粛は親劉備である。

大らかな性格で、度量が広い好であり、民からは周郎(周の若君)と呼ばれて好評を博していた。
孫策からは友人・義兄弟としての待遇を受け、呉夫人孫権に、周瑜をとして敬うように言っている。
多くの人々から好感を抱かれていたが、ただ一人、孫堅以来の最長老である程普は、若僧と侮り、疎んでいた。
しかし、周瑜は謙譲して彼を重んじたので、やがて程普は考えをめ、心した。

魯粛とは親友の間柄。彼を孫権へと推薦した。劉備の処置についてはに違いがあったが高く評価していた。
死を前にして、魯粛を自分の後継にするようにと遺言している。

龐統はかつて功曹として、周瑜の部下となっており、周瑜が死去すると亡骸をまで送ったという。

甘寧を高く評価し、呂蒙と共に孫権に、重く用いるように進言した。

評価

陳寿によれば、周瑜(魯粛)は、曹操の威勢を前にして、右往左往せず、明確な意志をたて、抜群の存在と非な才を示したとしている。

孫策は周瑜を、英俊にして異才有りと評した。
孫権陸遜った時、周瑜は事を成さんと大きな気概を持ち、胆と才略は人に勝れて曹操を破り、荊州を切り開いた、その気は中々真似できないが、今は方(陸遜)が継いでいると評した。

後世、唐・の時代では古の名将から選抜され、顕されている。

三国志演義

美男、智勇に優れた青年提督として描写され、活躍もしているのだが、絶対に諸葛亮には敵わない役割となっている。諸葛亮を殺そうとしたり、魯粛いじめたりと狭量な面も見られる。
最期も、諸葛亮に翻弄された挙句の憤死となっている。さらに葬式諸葛亮が現れ、痛してくれるという打ちぶりである。
史実のままにすると、完璧超人になってしまい、逆に諸葛亮を食ってしまうので、仕方はないのだが。

の大都督の肩書きを持つが、演義での設定。ただ、筆頭将として将軍達を取りまとめる立場にあったらしい。

関連動画

映画「レッドクリフ」

主人公。周瑜はトニーレオン孔明金城武が演じている。

ニコニコ歴史戦略ゲー・im@s架空戦記シリーズ

コーエー「三國志」シリーズ

全てにおいてが高く、三國志11では値総合2位。特技『火』は強で、火計を使った自爆テロも可

三国志界を代表するイケメン死ってトクだな

セガ「三国志大戦3」

EX&R周瑜(の大火)、UC周瑜(連兵召喚)、2SR周瑜(最期の業炎)、軍師カードSR周瑜など数多くのカードが使用できる。の大火カードを用いる光嘉デッキが有名だが、かつての旧周瑜「必殺の炎、放つのはNOWだ」人気

関連商品

補足

コーエー三國志シリーズにおける周瑜一覧。 
・統率をはじめとした全がまんべんなく高く、総合曹操に次いで第二位であることが多い。
徐庶と同様、軍師タイプとしては破格の武を持つのも見逃せない。ただし、一騎打ち向きの特技をあまり所持していないことはお忘れなく。

一覧 統率 政治 身体 運勢
三國志 56 97 97 74 25
三國志II 78 97 95
三國志III 75 96 86 95 73 100
三國志IV 97 78 98 89 97
三國志V 78 99 87 96
三國志VI 97 73 97 86 98
三國志VII 89 97 78 89
三國志VIII 69 97 89 92
三國志IX 98 71 97 91
三國志X 98 72 96 81 93
三國志11 97 71 96 86 93
三國志12 95 71 96 86

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%91%A8%E7%91%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

周瑜

143 ななしのよっしん
2018/05/06(日) 22:03:34 ID: SY8aHAPMWj
確か、北に引っ越そうした魯粛を引き止めて説得したのも周瑜だっけ?
マジで役に立つな周瑜柄だけじゃないし本当に扱いが難しい
144 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 17:51:12 ID: +E+I5VaO0a
は演義しか知らない(正史は解説本で見た程度)けど周瑜ってこんなチートなのに劉備を恐れてたのか
145 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 18:02:34 ID: YR+pevlNga
むしろこの時代に劉備を警しないなんて余程のボンクラだろう
146 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 07:36:11 ID: yUiA0sDU6s
>>144
人を惹きつけるカリスマという自分や孫権も持っていない強みがあったので、警したのは当然。
147 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 18:23:40 ID: D4pj9H8ZJR
確かに周瑜も演義被害者連の上位だけど、劉備も人格に主人公補正が掛かった代償で劉備とは思えないほど軟弱になってるからな
劉備はもっと不気味で恐ろしい
148 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 11:25:24 ID: YR+pevlNga
シナ小説主人公は才人ではなく徳人・好であることが強調されるから江も玄奘も劉備も時としてイラッとするぐらいお人好しに書かれるせいで結果的に実像より無能になってしまう(江の場合は存在しない説もあるが)
149 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 20:41:54 ID: BHlNZ2VJqZ
>>144
動物的なまでの嗅覚で権の機微を嗅ぎ分け、もぐりこんでくる
劉備という厄介な相手に対し、
孫権と自分の微妙な権関係は、格好の隙」という
認識が周瑜にあったと思う。

周瑜による劉備懐柔は、
「やられる前にやる」という危機感の現れ。
150 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 13:21:25 ID: wy+BrHexYf
劉備に関わった陶謙袁紹劉表は滅んでる訳だし劉備はその滅んだ後を狙ってたりするわけだからもが劉備を警してたと思うよ
あれ根っからのやべぇだもの
151 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 13:25:04 ID: wy+BrHexYf
下二分は州が荒れてて曹操が負けた今、州が侵攻するからこっちにが向けられないって読んだんじゃないか?後はまあの差がしいから多少理してでも追いつかないと下は取れないと思ったのかもね
152 ななしのよっしん
2019/09/12(木) 12:25:39 ID: LacGTmc9yF
まず最初の魯粛が提案した覇業論自体が
-南(江陵)-揚州東部の長江の上流から下流までのラインを支配できれば
中華統一はできなくとも地の利を生かして防衛しきれるという考え
周瑜はそれを基に自分の軍事理論でもって可だと判断して実行しようとしたってこと
々以前に曹操中原の勢に取られたらは詰みなのは
史実が示してる通り