呪物単語

ジュブツ
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

呪物とは、特別な霊が宿されていると信じられているものである。

  1. 特別な霊が宿り、禍福をもたらすと信じられているもの。広義の呪物。
  2. 呪われているもの。または、何かを呪うために使われるもの(呪具)。狭義の呪物。
  3. 漫画呪術廻戦』に登場する物品の種類。「特級呪物」など。
  4. ネットスラング

概要

1の呪物

「特別な霊が宿っているもの」。必ずしも呪い」のみをもたらすとは限らない。この意味ではあまり日常的には使われておらず、むしろ宗教学や文化人類学などでの学術的な用としての意味合いが強い。18世紀のフランスの思想であるシャルル・ド・ブロスが考案した概念フェティッシュ(fétiche)」であり[1]日本ではその訳として使われている。

アフリカなどの原初的な宗教で見られるとされるが、現代の社会にも残っている。

日本人にとってイメージしやすいものは「お守り」「お札(おふだ)」「招き猫」「だるま」「三種の神器」などが挙げられる。持っていると災厄に巻き込まれずに済む「福」となるとされるが、適切に扱わなければ「禍」になりうる(=バチが当たる)と信じられている。

2の呪物

「呪われているもの」。字からイメージしやすいのはこちらと思われる。関わると呪われて不幸に遭う危険性が高いとされている。

都市伝説的にられ、実体が確認できないものも多い。例としては「コトリバコ」など。

人間幽霊そのものや、呪われた場所など(例:禁足地)は含まないが、触れるなどすると幽霊が出現する物品に関しては入れることがある。

ほかに、何かを呪うために使うものも「呪物」と呼ぶことがある。こちらは「呪具」とも呼ぶ。例として藁人形など。

呪術廻戦の呪物

呪いを宿した物」。基本的には「禍」をもたらすものが多い。呪霊とは異なり、呪を持たない一般人でも見ることができる。

ランク分けがされており、特に強い呪いを持つものは「特級呪物」に定されている。2022年4月時点の作中でランク分けして説明されている呪物は全て特級呪物である。詳しい物品の内容については「特級呪物」の記事を参照。

特級以下のランクに関しては作中で出てきていないが、呪霊や呪術師ランク分けと同じと考えるなら「1級→2級→…」となると思われる。

ネットスラングとしての呪物

呪術廻戦の流行に伴い、インターネット上で「非常にネガティブな要素を持つ触れてはいけないもの」「見たがおぞましいもの」「なんかヤバそうなもの」「黒歴史にかかわるもの」などを「呪物」と呼ぶことも増加した。

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *ちなみに「性癖」の意味となっている「フェチ」のでもある

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%91%AA%E7%89%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

呪物

1 ななしのよっしん
2022/08/15(月) 19:37:04 ID: OYuExmUwfL
>>lv338077353exit_nicolive