和歌山大学前駅単語

ワカヤマダイガクマエエキ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

和歌山大学前駅とは、和歌山県和歌山市中にある南海本線である。駅番号はNK43。

名は「ふじと台」。

概要

2012年4月1日開業。相対式ホーム2面2線の南海電鉄において最も新しいである。全列車が停する。
名となっている和歌山大学(徒歩20分、シャトルバス4分100円)、および副名となっているニュータウン「ふじと台」の最寄りであるほか、イオンモール和歌山と直結している。

が設置された経緯であるが、1977年和歌山大学が当付近に移転することを決定したこと(1986年に移転)で設置への需要が高まり、1984年から和歌山県和歌山市和歌山大学などから設置が要望された。その後、地元が費用を負担する請願として計画が進められ、2007年に着工、2012年に開業した。なお、当付近の線路は設置が困難であったことから、当前後1.2kmの区間が新線に付け替えられている。

さて、開業したのはいいのだが、初年度の乗降客見込みは6,000人とされていたが、実際は1/3程度の2,721人となった。そもそも、開業当初の停本数はラッシュ時は5~7本/hあるのに対し、日中はわずか2本/hと悲惨な状態であり[1]、これでは人が増えるわけがない。2013年度も見込み10,000人に対して乗降客が4,363人と相変わらずな状態。
こんな状況が開業から2年ほど続いていたが、2014年3月イオンモール和歌山が開業するとさすがに直結なのに日中2本/hではお話にならないことに気づいたのか、みさき公園駅止まりだった区間急行を土休日和歌山市駅まで延長して、ようやく土休日に限ってだが4本/hに。当初はゴールデンウィークまでの期間限定だったが、好評だったのでそのまま期限延長となった。結果、当イオンモール和歌山のおかげで平日は約9,000人、土休日は約10,000人が乗り降りするようになった(それまでは平日が約4,000人、土休日が約1,500人)。
そして、2014年10月18日ダイヤ修正で特急サザン」停日中普通列車を4本/hに増発。こうして和歌山大学前駅は日中は6本/hが停するようになり、ようやくまともにが使えるようになる。

案内標は全てLCDであり、4ヶ国語中国語朝鮮語)である。

隣の駅

特急サザン」:みさき公園駅 - 和歌山大学前駅 - 和歌山市駅
急行みさき公園駅 - 和歌山大学前駅 - 和歌山市駅
区間急行普通孝子駅 - 和歌山大学前駅 - 紀ノ川駅

関連動画

関連項目

脚注

  1. *当時の日中ダイヤ区間急行みさき公園駅なんば方面に折り返していた上に、特急サザン」は当を通過していたため、普通2本しか止まらなかった。当開業前は孝子駅は周辺に人が少なく、紀ノ川駅和歌山市駅に出られれば十分なので、さほど問題ではなかった。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%89%8D%E9%A7%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

和歌山大学前駅

1 ななしのよっしん
2017/01/28(土) 16:44:47 ID: HGnyv1hGqp
特急止まるのは本当に大きい
2 ななしのよっしん
2018/09/09(日) 19:37:05 ID: vmLBgl+DZc
>>日中は6本/hが停するようになり、ようやくまともにが使えるようになる。

贅沢な話だなおい!(山陰在住談)

急上昇ワード