和道流単語

46件
ワドウリュウ
2.0千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

和道流(わどうりゅう)とは、空手及び柔術の流である。

概要

大塚博紀を流祖とする。元は神道揚心流、為流の柔術であった大塚は、当時本土に紹介されたばかりの空手興味を示し、初め船越に師事した。後に本部基、摩文仁賢和からも教えを受け、独自の研究を加えて創始したのが和道流空手道、和道流柔術拳法である。

現在和道流を伝えている団体は二つあり、一つが大学空手部系の和道会、一つが元制度により二代大塚博紀が最高師範を務める和道流である。この団体分裂に関しては色々あったらしいが、資料を引っり出すのが面倒くさいので今は記さない。とりあえずこの件について斯界で有名なのは、流祖存命時に分裂したという点である。分しい合気道や極真空手でさえ見られない際立った特徴である。

ちなみに現在なのは和道会であり、和道流は肩身が狭い。

特徴

柔術色が強く、沖縄空手とは一線を画す。また本土四大流においても一の本土発祥流(他の三流はいずれも沖縄出身者を流祖とする)である。技術的には「転位、転体、転技」を重視し、「流す、往なす、乗る」技法を有する。大会においては、組手は強いが形は弱いと評される。(初代大塚博紀は、本土で組手を広めた第一人者でもある)

基本稽古

その場基本は専らナイハンチ立ちで行う。「斜め四十五度中段突き」はあまり他流では見られない稽古法だと思われる。また他流と異なり、内から外への受けを「外受け」、外から内への受けを「内受け」と呼ぶ。

移動基本においては「突っ込み」「飛び込み突き」「飛び込み流し突き」などが特徴的である。また、「横蹴り」と「足蹴り」は別種の蹴りとして分けられる。

」ではなく「形」と表記する。「鋳ではなく生きた形を打たねばならない」がその理由である。他流と較しての特徴として、「高」「動きが小さく直線的」などがある。「常に良を重ねよ」との流祖の言葉もあり、十年ほど経つと細かな点が変更されていたりする。というか和道会と和道流で既に形に違いがあり、全連の採点基準が流祖の物とも二代の物とも違う形になっている。和道流の肩身の狭さは異常

伝承する形は、

基本形、安(ピンアン)初段~五段、クーシャンクー、ナイハンチ、セイシャン、チントウ、バッサイジオン、ニーセイシ、ジッテ、ローハイワンシュウ

の十六種類である。ただし初代大塚博紀はチントウまでの形を重視し、それ以降のはあまり教えなかったという。「数ばかり増やしても体力駄」だそうである。第一定形は「チントウ」「セイシャン」第二定形は「クーシャンクー」「ニーセーシー」。ちなみに記述者は基本形なんてDVDでしか見たことがいのだが、一体がやる形なのだろうか。幼稚園児だって安二段から入るのだが。

なお、ベースボールマガジン社の「近代空手道歴史る」の408ページ『和道流の技術体系』には、「イーパイリンパー(前後の記述からスーパーリンペーのことと思われる)」なる形が掲載されているが、記述者の師は「ない」と断言なされた。実際に和道流、和道会の両方においてスーパーリンペーは正式な形として登録されていないが、どうやら一部の師範の間では伝承されているらしく、流祖が好んで稽古していたという情報もある。か詳しい方、補足していただけないでしょうか。

その他

較的にする機会の多い基本組手十本の他に、柔術技法として居捕、短刀捕、太刀捕、女子護身術などを有する。「裏の技」「応用組手」などのの形も存在するが、一般ににする機会はほとんどない。柔術が元になっている(というか、和道流柔術拳法は『柔術』で日本武道協会に登録されている)だけに投げや逆(関節技)が当然のように存在し、挙句の果てには居捕まである。前述の「近代空手道歴史る」には各形の名称も記されているので一応上げてみると、

居捕形十本之位 添捕 御前捕 襟捕 飛違捕 抜身見付捕 鐇返 両手捕 壁捕 渡捕

立合形十本…腕落 背落 襟落 袖落 足  引落 仮捨 

投技十四本…出足払 大外刈 大内刈 背負投 小外刈 小内刈 後 体落 払 内股 横落 隅返 大 横掛

短刀捕七本…腕搦 小手投 雲 襟投 頭捕 引立 引落

太刀捕五本…上段捕 中段捕 下段捕 脇構捕 八相捕

等等記されている。

流祖語録

の極意は突き三分引き七分」

引き手の重要性を説く際に和道流で多用される。

ガスの詰まった球体となれ」

流祖武術の極意とされる。押されれば凹み、しかし中心を失わない。そういった状態を示した言葉。

「武のは ただあら事とな思ひそ 和の究め 和を

武道理念を示した言葉。流祖の墓碑にも刻まれている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

和道流に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

和道流

16 ななしのよっしん
2011/09/30(金) 23:11:56 ID: UGjZBFUeHx
>なお、ベースボールマガジン社の「近代空手道歴史る」の408ページ和道流の技術体系』には、「イーパイリンパー(前後の記述からスーパーリンペーのことと思われる)」なる形が掲載されているが、記述者の師は「ない」と断言なされた。

東京大学和道流スーパーリンペーをやってると2chで見たことがあるが・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2011/10/21(金) 00:49:33 ID: tAhb4xl4gC
>>16
え?
と思って「和道 スーパーリンペー」でググったら、和道会の人がスーパーリンペーやってる動画が出てきたわ…。
普通に現存してるとは思わなんだ。記事修正しとく。情報ありがとう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2012/07/24(火) 20:47:24 ID: FebRqhcy+O
和道流約9年かじってたけど、チントウとクーシャンクーだけは聞いたことないや。なんでかな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2012/07/30(月) 19:05:16 ID: LcQLjfn6B0
>>15
一年ぶりにきたらレス返って来てて吹いた。
11年続けている現状で今の今まで後悔してないから大丈夫ですわ。
後輩は確かに心に来るものがあるなぁ。
教えた後輩帯取って笑顔で見せ付けてきた時はこっちまで笑っちまうぜ。
自身は優勝したら「賞泥棒」って言われるくらいの身分だけどな……
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2012/12/23(日) 23:47:23 ID: tAhb4xl4gC
格闘技歴史」って本を読んでようやく分かった。
和道流の形にスーパーリンペーが入ってるのは、
昭和十四年に大日本武徳会に申請した和道流の制定形』
に『八』が含まれてるからなんだ。
この頃ってまだまだ明期だよ。理で違和感あるはずだ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
21 ななしのよっしん
2012/12/24(月) 02:03:25 ID: s6boPkcHJO
概要に記述されている合気道も養館が開祖の存命時に分かれていると思いましたが・・・?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2012/12/26(水) 18:50:25 ID: tAhb4xl4gC
館って開祖の許可取って独立したんじゃないの?
むしろ原会館が大山倍達存命時に分裂してたことを忘れてたわ。
修正しないと。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
23 ななしのよっしん
2014/05/31(土) 23:21:24 ID: li33KgHLxZ
現役の和道流空手道連盟のものです。

大百科読んで、抱えて笑いました。
ほめる を押したいんですが、何故かエラーメッセジーがでます。
ですのでこちらで。「本当に面かったです。ありがとう!」

特に、和道流の肩身の狭さは異常 とか大爆笑でした。

そうなんですよね。ニーセーシ覚えようとしてチャンプのDVDで見ましたが
肝心の相手の足をつかんでからの下段突きのシーン場のとなんか一動作足りないって思ってたんです。

すっきりしました。本当にありがとう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2014/10/03(金) 20:34:38 ID: 5jkypclqgo
>>18
高校総体で和道流/和道会の形はチントウとセイシャンだった
ちなみにクーシャンクーは他の流カンウダイと呼ばれるものだよ

>>23
高校時代に段位を取得した者です
どうでしょう、プレミアムに入って記事を編集して頂けませんか?
あと、和道流和道会が分した件について、S師範のように和道流和道会の両方に所属されていた方もいらっしゃると思うのですが御存知ありませんか?
(高校部活和道流でしたが導に来られたS師範が和道会の着を着ておられました)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 18:41:52 ID: /iVRuAkEbx
30年以上前の中学生の頃に友達親父さんに教えていただいたのが和道流(もしかしたら会)でした。
ボラアティアで近所の子供達を集め教えることになり巻き込まれました。
その後、高校生になり部活を始め濤館に切り替えました。
和道流で「順の突っ込み」「逆の突っ込み」を教えてもらったのですが他の流で全く使われておらず、親父さんに対し少し疑念を持ってしまってました(笑)
適当ではなくちゃんと教えてくれてたのですね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0