哲学単語

テツガク
  • 27
  • 0pt
掲示板へ

哲学とは・・・

  1. 学問のひとつ。ニコニコ動画におけるタグ付けについては「<哲学>」の項を参照のこと。
  2. ムチムチSUMOシリーズに高確率で付けられるタグ
  3. ガチムチパンツレスリング動画につけられるタグ
  4. 音楽シミュレーションゲームにおいて、あまりにも難しい譜面のこと。特に「POSSESSION(BEMANI)」(DOUBLECHALLENGE譜面)に使われることが多い。詳しくは「わけのわからないもの」や「どうしようもないもの」参照

一般的な用法としての哲学の概要

 もともとは「知ること」について突き詰めることを意味していたため、学問全般についての言葉であったが、現代においては「言葉の意味を決め、主観的にならないようにして理屈を作っていくこと」を意味する。とても抽的な意味であるため、様々な分野において~哲学という言葉が存在する。

 辞書の記事を作る作業も「言葉の意味を決める」と言う意味で哲学のための土台である。

 数や物理法則といった、この世界の基本的なルール追求する、と言う意味において、高度な数学(論理学)は哲学の助けになるし、人間の考え方について理解する、と言う意味では宗教学、心理学倫理学、言語学歴史……といった分野も哲学へ向かっていく事ができる。

 特定の事ではなく、全体にとって言えるような普遍的な事柄について考えることが多いため、哲学では具体的でないものについて考えることが多い。

 本記事で後述されている「ガチムチパンツレスリング動画」についても「どうしてこのような物ができてしまったのか?」「どのような人がこれを楽しんでいるのか?」「どういった部分が面いのか?」「他のガチホモ系ではどうなのか?」「これはビリー・ヘリントンに特有の事なのか?」「そもそもガチホモとは一体どのような定義であるのか?」……と言う、直感的に理解しがたい部分が数多く含まれているため、これも哲学になる要素は十分にないとは言えなくもない。しかし、そもそも「哲学」の言葉の定義からして、この世界のできごとに対して考えることはすべて哲学につながっているため、特にガチムチパンツレスリング特定する事でもない。

ガチムチパンツレスリング動画につけられるタグとしての概要

レスリングシリーズ」、「森の妖精」などと並び、ガチムチ動画に高確率でつけられる場合が多い。
(最近では「ムチムチSUMOシリーズ」の動画にも付けられる事も多い。) 

現在は「義務教育」や「世界遺産」、「一般教養」など堅苦しいタグがつけられる場合もあり、 本来の意味で上記のタグ検索した人々に著しい精神的ブラクラ的効果を与える原因になっている。 

 然るく、

    「なぜ、彼らはレスリングをするのか?」

    「なぜ、彼らはパンツを取るのか?」

    「なぜ、彼らはケツくのか?」

    「なぜ、私はこの動画を見ているのか?答えは、未だ見えず・・・。 」

     「それが青春・・・か?」

 

  人類の生きてきた軌跡の中で未だに定義づけられていないものが多く存在する。

 その中に""生きる意味""がある。

 人はなぜ存在しているのか?という漠然とした疑問にはっきりとした答えがないのである。

 森の妖精たちは""それ""を闘いの中で探しているのかもしれない・・・

 人類の名誉ある哲学者の歴史をたどっていくのかもしれない・・・

 私たちはそれを見守らないければならないだろう。

 私たちもまた彼らと同じように日々を生き抜き、辛い現実と闘い、

 自問自答しながら人生を営んでいる生き物であるのだから・・・   

 

考えさせる存在、考えられるべき存在。それが兄貴である。

彼らは私たちに真実を与えない。彼らは私たちに真実を探すことを要する。

なぜなら答えは一つではなく、人間の数だけ哲学があるからだ。

彼らの動画が哲学と称される所以は、そんな所にあるのかもしれない。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 27
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%93%B2%E5%AD%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

哲学

625 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 04:21:54 ID: JC0senWIXm
ガスコンロを作る人はガスの元が妖精だと思っていても良いし、ガスコンロを使う人はガスコンロには魔法石が組み込まれてると思っていても良い。
ガス管を作り敷設する人はその末端だと思っていても良いし、ガスを供給する施設の人はそれが巨大な魔法陣を描いて世界奇跡をもたらしてると思っていても良い。

科学者が「穢れ人」と蔑まれ、その有用性を貴族が知って管理し、社会不安をもたらす科学者の理論禁書として封印され、全体像を知る貴族が各職人に個別に必要な技術と神話を伝えて管理したとしたら?
あるいは科学自体が世界の存在、例えばAIから一方的に持ち込まれ、人類は一人理解していないとすればどうだろう?

このような状態の科学は、それこそ哲学の一に過ぎないのではないか。
古代の結果として正しかった理論哲学と呼ばれるなら、社会的に全く支持されていない科学はやはり哲学なのではないか?
626 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 13:46:28 ID: gVxuHMyGRl
>>625
違うと思うが?

「こうしたらこうなる」という知見を集めて利用できる形にするのが科学だよ
だからそんな世界でも科学は「予測」ができる
哲学は予想までしかできないじゃんか
627 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 16:16:19 ID: rCG88l4zLp
科学の中身を全にブラックボックス化して
ペレーターが理解せず使う状態が科学なのかはともかく
それを哲学と呼ぶことはないと思うが
628 ななしのよっしん
2019/12/23(月) 18:32:16 ID: 8eZCDZl5Zk
>>624
先行研究には敬意を払わないし、自分は巨人の肩の上に立っているという意識もないっていう宣言になるぞ。
629 ななしのよっしん
2020/01/14(火) 00:43:19 ID: gmq53JdClw
Wikipediaで「哲学者は暇人」って言葉を見かけてすごくしっくりきたぞ
こどおじ現代社会に潜む哲学者だった・・・?
630 ななしのよっしん
2020/01/14(火) 00:47:29 ID: qHoTX74NRq
哲学者なら暇人なんだろうけど
暇人なら哲学者とはならない
631 ななしのよっしん
2020/02/19(水) 16:04:07 ID: QsEGDOIvOg
>>624>>628
哲学科学は、そんなに深い繋がりがあるんだろうか

哲学を肯定する科学者や、科学を肯定する哲学者もいるが、
実際に哲学者と科学者が対面して話し合った事例は、ほとんど見たことも聞いたこともない

科学哲学者の伊勢田哲治と、科学者の須藤靖の対談くらいじゃないか?
それさえ「お互い何言ってるのかよく分かりませんでした」「哲学科学は断絶してます」という結論で終わってるし


哲学側と科学側は、お互い何となく肯定し合ったり否定し合ったりしてるが、
「いざ直接話し合うとお互い理解不能になるくらい両者は別物」
ってことじゃないの
632 ななしのよっしん
2020/02/19(水) 20:41:51 ID: n49MWO3Czc
自然哲学自然科学合体してた錬金術の時代ぐらいかな
両者が明確に関わり合ってたと言えそうなのは
633 ななしのよっしん
2020/02/19(水) 20:47:46 ID: ez/rBpnZRf
>>631
その事例で言えるのは伊勢田哲治氏と須藤靖氏の間では断絶が発生したということであって、それをもって「科学者」と「哲学者」の間には埋めがたい断絶があると結論づけるのはちっとも論理的な話ではないよね
「見たことも聞いたこともない」から「存在しない」と考えるのも誤謬の典的なパターンだし、そもそも哲学の非科学性や科学への影を論じる前に、自分の非論理的姿勢を見過ごすのはどうなんだ、と思ってしまうんだが
634 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 00:34:15 ID: QsEGDOIvOg
>>633
伊勢田哲治と須藤靖の対談の他に、
哲学者と科学者が直接対談した事例があるなら見せてくれよ
URLや本のタイトルを貼るとか

急上昇ワード

2020/02/22(土)07時更新