唐王朝単語

トウオウチョウ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

唐王朝とは、中国にあった王618~690705~907)である。

概要

618年の淵の即位から、武則天の周を挟んで、907年朱全忠の即位まで存在した王

日本では遣唐使もあって、日本政治システムを越えて国家そのものに強い影を与えた。

建国

世は隋末期。度重なる遠征の失敗の民衆に重くのしかかった重税を因として各地で反乱が勃発。皇帝煬帝は部下に殺され中国は再び大戦乱時代を迎えた。その中で台頭した群雄の一人が唐の淵である。

618年6月、長安の大極殿で唐王朝の初代皇帝の即位の儀式が行われた。これが唐の高祖である。淵は長男の建成を皇太子に、次男の世民を王に、4男の元吉を斉王に任命し(三男は既に死去)、各地の抵抗勢の鎮圧に向かわせた。

その中で活躍がったのは次男の李世民である。世民は若い頃から武勇と知略に優れ、淵に挙兵を進言したのもこの李世民だとされる。李世民は太原を占領していた武周を征伐し、さらに陽を拠点に皇帝を名乗った王世充を破って唐の基盤を整えた。

624年、李世民は敵対勢を5年かかって定し長安に凱旋してきたが、世民の余り人気皇太子の建成は彼を疎ましく思い、626年玄武門にて四男の元吉と共に世民の暗殺を企む。しかし世民はこれを見破り、逆に二人を討ち取ってしまった。この事件を玄武門の変という(世民の方が先に二人を殺そうとしたという説もある)。

この事件を機に皇太子となった李世民は高祖を閉じ込め、二ヶ後には位を譲らせた。中国史に残る名君、二代皇帝、唐の太宗である。

太宗は親政を開始すると、こびへつらう側近をしりぞけなどの有能な側近を重く用いるようになった。太宗の治世により、は高まり近隣諸は貢ぎ物を持って唐に訪れるようになった。これを讃えて太宗の治世をその元号を用いて貞観の治と呼ぶ。

貞観の治

629年、出を禁じる法を破って一人の僧侶インド)に立って行った。これが西遊記モデルとなった玄奘(げんじょう)である。

また630年には上御田鍬(いぬかみのみたすき)らを乗せた、はじめての遣唐使が日本からやってきた。当時の長安には小野妹子と共に遣隋使として先にやってきていた南淵請安(みなぶちのしょうあん)や高向玄理(たかむこのくろまろ)が住んでおり、御田鍬は二人から唐の政治の仕組みを学んだとされる。

唐の政治の基本は制度であり、それを押し進めるための役所に六部(りくぶ)があった。三とは、皇帝の命を文書にする中書、文書を審する門下、六部を管轄して皇帝の命を実施する尚書

また六部には役人を管理する吏部、戸籍・土地・税を管理する戸部、祭教育科挙・外交を扱う礼部、軍事・警護をる兵部、裁判や刑罰を担当する刑部、土木・建築事務を扱う工部があった。農民に土地を分け与える代わりに租(麦・)庸(20日の労役か布)調(綿など)の税が課せられる均田制が用いられており、これらの政治システムを学んだ御田鍬らは日本に戻り、日本政治システムに取り入れていった。

630年、北方の遊牧民族、東突厥を定した太宗はそのを西へと向けた。640年、高トゥルファン)を滅ぼした唐軍は、さらに西のクチャ)、疎勒(カシュガル)、(うてん、ホータン)まで軍を進めた。この頃の東の朝鮮半島では高句麗、新羅、斉の三が争う三時代であった。644年、唐は高句麗に軍を進めるも隋と同じく失敗してしまう。

645年には玄奘が16年ぶりに帰。玄奘はインドのナーラーンダー寺院仏教を学び、仏教典を三種に分類した経蔵、蔵、論蔵の三蔵の教えをよく知る事から三蔵法師と呼ばれ、太宗に重用された。玄奘は大慈恩寺で膨大な数の教典の翻訳にとりくみ、その教典の数は1237巻にも及んだとされる。また玄奘はへの旅行記として大唐西域記を著した。玄奘のの時代に面おかしく伝えられ、明の時代には小説家承恩によって西遊記として世に広まった。

外征

649年、太宗は亡くなり3代皇帝として高宗が即位した。高宗の妻、王皇后には子供がいなかったのだが、王皇后は他の女に高宗を奪われる前に、かつて太宗の後宮にいて高宗が寵愛していた武照を利用して、自分の権勢を保とうとする。この武照と呼ばれた女性が後に中国史上最初で最後の女性皇帝となる武則天則天武后である。武照は自分の子供を扼殺し、その罪を王皇后に着せる事によって自ら皇后の地位に上り詰めた。

一方で朝鮮半島では三の戦いが更にしくなっていた。660年、太宗の時代から唐に接近していた新羅の武王は高宗とも交を結び、これに対して高句麗と斉は同盟を組んで新羅に対抗した。同年、斉と高句麗の連合軍は新羅の領内に深く侵攻。唐はこれを救援するために10万の援軍を船に乗せて半島に送った。唐と新羅の連合軍は斉の都、(しび)を陥れ、旧都(ゆうしん)をも占領し、国王の義慈も唐に連れ去られてしまった。斉の将軍室福信は倭(日本)に救援を頼み、662年、これに応じた倭は170隻の船と安曇羅夫(あずみのひらふ)将軍を、当時日本にいた斉の王子、豊を連れさせて派遣した。

663年、斉明天皇皇太子中大兄皇子は更に阿部羅夫、上毛野君稚子(かみつけぬのきみわかこ)、巨勢神前臣訳(こせのかんさきのおみおさ)ら270000の増援軍を400以上の軍船に乗せて斉に向かわせるが、日本斉の連合軍は陸上でも大敗北を喫する。これが村江の戦いである。唐の反撃を恐れた中大兄皇子九州太宰府にみずき)を築いたとされる。

この後、唐は新羅と共に高句麗の首都平壌に攻め込み、約800年も続いた高句麗はここに滅んだ。高句麗の遺民と高句麗にしていた靺鞨人は現在東北地方に逃れ、698年に、靺鞨人の導者、大祚栄(だいそえい)が震(後の)を建した。渤は9世紀に東の盛と呼ばれ全盛期を迎える。また新羅は高句麗を倒した後、朝鮮独立のために唐から離反し抵抗運動を開始した。

武韋の禍

683年に高宗が亡くなると武太后の子供4代皇帝、中宗が即位した。しかし武太后は野心を露にし、わずか54日で中宗を位させ、自らの傀儡である5代皇帝宗(えいそう)を即位させて自ら政治を執るようになった。武太后は皇帝補である自らの子供達を次々と殺していき、690年ついに武太后は自ら皇帝になり唐の号をめた。武周革命による武則天則天武后)の誕生である。

武則天劉邦の妻、呂后、清末期西太后と並び中国三大悪女とか呼ばれる程で自らの反対者を次々と粛正していった。しかし、武則天には人を見るがあったのか腐敗した役人を排除し優秀な官吏を次々登用し、更に農業を進めるように利工事を行い農業を発展させたため、宮殿混乱とは裏社会経済は発展した。この特徴は呂后政権にも見られることである。(西太后は贅沢ばっかしてたので反乱が多発し清朝にとどめをさした)。粛正や政治乗っ取りは男なら数多くの皇帝政治家が行っているが、呂后や武則天だけ悪として伝わるのは、直接的女性者の数が少ないこと、儒教文化の影があるなどが理由とされている。また武則天は新しい文字というものを作り、日本にも渡ってきたがいまいち広まらなかった。日本にも残る則文字は、水戸黄門で有名な水戸の「」の字である。これが実は則文字なのだ。

女性皇帝として権勢を誇った武則天であるが、しかし705年に病に伏した武則天に対して、宰相の柬之(ちょうかんし)が軍事的脅しを背景に退位を迫り、中宗が二度の即位をして唐王朝は復活した。同年11月武則天は崩御し、周王皇帝として夫であった高宗の隣に葬られた。

皇帝に返り咲いた中宗であるが、その執政は妻ののいいなりであった。中宗に政治はなく、政治は乱れるばかり。后に反対するものは大臣でもすぐに殺されてしまった。農村では田畑も捨てて逃げ出す者が続出した。后はとうとう中宗を殺し、武則天を見習って自ら皇帝につこうとするも、中宗の甥の710年に反乱を起されて殺されてしまった。武則天后の二人の女性政治を握ったこの時期を二人の名前からとっての禍と呼ぶ。

開元の治

后の死後、基の宗が二度皇帝位につき、その2年後712年、基は玄宗として即位した。玄宗は元号を開元とした上で政治革を次々と行った。玄宗の政治を支えたのは武則天に見いだされた姚崇 (ようすう)や(そうえい)などの政治家や、科挙出身の説(ちょうえつ)や九齢などの役人達であった。

717年には吉備備や倍仲麻呂僧侶の玄昉(げんぼう)を含めた557人もの遣唐使が日本からやってきた。この頃から大和から日本号をめたとされている。その3年後、倍仲麻呂は唐の役人として玄宗皇帝に仕えることになり、衡と名乗るようになった。また仙、李白とも交友を持った。玄宗皇帝の治世は開元の治と讃えられ、千里をするのに短一ついらないと言われるほどの平和を見せた。

しかし742年に年号宝とめた頃から様々な問題が表出するようにった。安西の辺では突厥の攻撃がしくなり、それに対抗して現地で兵を募集するために節度使に徴税権を認めた。こうして中央政府の府兵制は崩れて行き、かわって兵を募集する募兵制が行われるようになった。徴税権は国家の非常に重要な権である。それを節度使に認めてしまったことにより、節度使は独立としての基盤を固めてしまった。この中でも特に権勢を誇ったのはであった。安山ははソグド人、は突厥人という際人であり、最も重要な役を担う北京周辺の3つ(、へいろ・范陽・河東)の節度使となり玄宗に取り入っていた。この時に安山は胡人の踊りと、赤ん坊がオムツを替えられる時のモノマネが大受けしたという逸話もある。

その頃、玄宗は60歳を越えており政治に倦み始めていた。そんな中、玄宗は皇太子寿王の妃、玉環に夢中になり、自らの後宮に入れて寵愛した。これがかの有名なである。玄宗は離宮の清宮に妃のために立温泉を作り、妃の一族をとりたてていった。その中でもひときわ出世したのが、またいとこのであった。

所かわって、この頃西域から中央アジアではイスラームの勢が勃していた。唐の西域を守っていた安西都護の高仙芝(こうせんし)は中央アジアでの勢の拡大を狙っていたが、これを嫌った西域の諸都市はアッバースに助けをめた。651年アッバースと唐軍がタラス河畔現在カザフスタン)で突した。この時、高仙芝の支配下にあった遊牧民のカルルク族が背いたために唐は大敗する。こうして唐は西域での勢を減らしてしまうが、アッバースが獲得した捕虜から法が伝わるなどの東西交流も発生した。

安史の乱

755年にはとうとう安山が忠排除を名に挙兵する。安山率いる西方イラン系や北方遊牧民族からなる強な騎軍団はあっという間に陽を陥落させ、756年安山はを建して皇帝を名乗った。その後、安山は長安に兵を進ませたために、玄宗はの成都に移動するも、その途中で忠は殺され部下の勧めにあって妃も死を賜った。これにショックを受けた玄宗はそのまま退位して成都に向かい、皇太子(りこう)が粛宗として皇帝となった。この時代の戦乱を詠ったのが教科書にも載っているである。「破れて山河あり」のあれである。

そんなこんなしているうちに、図に乗って部下をいじめていた安山が息子の安慶緒に殺されてしまう。粛宗は名将軍子儀派遣して757年には長安を奪還したが反乱軍は安山の部下であった史思明リーダーとなり勢を保ち唐と戦い続けた。結局唐軍はウィグルの騎軍団のを借りて反乱軍を討伐させる。この反乱は安山と史思明の名前をとって安史の乱と呼ばれた。

長い戦乱で疲弊した財政の回復と、ウィグルへの大な報酬を払うため758年、政府の専売をはじめた。また、崩れてしまった均田制の代わりに、個人の土地の所有を認めて、その上で土地の生産に応じての二回銭で税を支払う両税法を布した。更になどをの専売にして重い税をかけ、その他にも様々な名民に重税を強いた。

滅亡

874年、の密売人王仙芝(おうせんし)が数千の農民を率いて山東で反乱を起こし、翌年には同じくの密売人であった巣が加わり、ここに巣の乱が発生した。農村地帯では日照りイナゴの影で農民は飢えに苦しんでいたので反乱軍はあっという間にその数を増やして行った。その中で一人の人物が台頭していく。名は朱温、後の朱全忠である。878年には王仙芝が戦死するも880年に反乱軍陽を占領し、同年長安まで攻め込み、時の皇帝僖宗を四へと敗走させる。巣は長安で皇帝名乗り号を大斉とするが、唐の援助要請に応じた突厥の族の族長である李克用と、唐に寝返った朱全忠の反撃にあい884年に一族と共に自殺。ここに巣の乱は終わったが、この後に李克用朱全忠しく争い、907年には朱全忠が唐皇帝から位を譲り受けて後粱を建てて、ここに建以来290年続いた唐王朝は滅んだ。この後、他の節度使が各地でを起こし、後梁も滅んで行くという五代十国時代が始まる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%94%90%E7%8E%8B%E6%9C%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

唐王朝

9 ななしのよっしん
2016/12/11(日) 18:05:01 ID: BcVPcNtYHV
この記事もそうだけど、日本人視点(あるいは中国人視点でも)だと安史の乱で終わった印
なるよね。その後も中国史では長いと言える100年の統一期がある訳だが。
10 ななしのよっしん
2016/12/14(水) 11:43:54 ID: agd5APJHXM
>>3
武宗、宣宗と2代続けて中死なんてのも
11 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 06:48:33 ID: tU19izPEh+
※9
関ヶ原以後の豊臣政権みたいなものだし
12 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 10:36:02 ID: fssih6BpSO
関ヶ原以後の豊臣政権で例えるなら巣の乱以後でしょ
13 ななしのよっしん
2017/03/26(日) 07:19:56 ID: zj9YAvNIPT
近いのは応仁の乱以降の室町幕府じゃないかなぁ……
14 ななしのよっしん
2017/07/27(木) 22:06:40 ID: O7cT1lsSd7
むしろ、室町幕府鎌倉幕府も、ほとんどの時期が安史の乱以降の唐だと思うけどな
どっちも地方に全然タッチ出来ない政権だし
15 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 12:56:30 ID: kbtQ58SdJn
地方タッチというのが何なのかよく判らんが室町幕府なんかは地方族というか守護大名の増長を如何に抑制するかっていうのにし続けたんでないの?
義満なんかが巧にやってのけたのもそれでしょ、義持はご機嫌取りみたいなことしてたようだし、義教が滅やって以後側近政治デフォに、で義政の時に実質アボン、てな流れじゃ
16 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 00:15:16 ID: O7cT1lsSd7
>>15
日本守護大名の統制にあくせくし、安史の乱以降の唐は鎮の統制にあくせくし続けたのよ。
義満は有守護大名を討伐することで統制したけど、守護の半済をはじめとする根本的な権益は認めて、守護領制(守護による地方の一元支配)が確立することになる。
義満みたいにある鎮を抑えた人は安史の乱以降の唐にも宗とかががいるけど安史の乱以前の中央集権とはさすがにべることはできない。
17 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 01:54:46 ID: BcVPcNtYHV
宋王朝の内紛である新法・旧法の争いは何となく的や争ってる人、歴史学上の意義は
分かるのだが唐王朝の党争は何度解説を読んでも分からん。
18 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 16:40:23 ID: aL48AXAlsI
山・・・次男安慶緒を嫡し三男安慶恩を後継名しようとして安慶緒に殺される
史思明・・・長男義を嫡し末子史清を後継名しようとして史義に殺される

安史の乱の結末ってなんだかコント染みているよなぁ
特に史思明は安慶緒を討って反乱軍の実権を握りながら安山の死に様から何かを学ぶと言うことはできなかったのだろうか?