嘘喰い単語

ウソグイ

嘘喰い(うそぐい)とは、週間ヤングジャンプにて連載された漫画作者は迫稔雄。

コミックス2018年現在49巻販売中。
VOMICも配信中。

ギャンブルとそれを成立させる暴力テーマとしたギャンブル漫画。名前に「一」が多いのも特徴。
あの荒木飛呂彦も絶賛している。

概要

ギャンブルに嵌り遊ぶ欲しさに闇に手を出し、取立てに追われる青年「梶 臣」は偶然出会ったギャンブラー斑目 貘」に救われ、賭博組織「楽部賭郎」を中心とした真実が入り混じり暴力が支配する賭博の世界に足を踏み入れていく。

登場人物

嘘喰いの登場人物一覧を参照

ストーリー

注意:ネタバレはできるだけ反転すれば見えるようにしています。
       ほとんどがやってみようと思えるレベルゲームではないです。 

 

廃ビル脱出勝負

ルール

挑戦者はを受け取りビルからの脱出を試みる。ビルの所有者はなどのあらゆる手を使い挑戦者を殺する。生きて脱出に成功すれば挑戦者の勝ちとなる。

セブンポーカー

ルール

手札の一部を開して行うスタッドポーカーを使用。互いの持ちくなるまで勝負。

賭けの際に借しても構わないが借して敗北した場合、楽部賭郎によって成人男性1人あたり200万円という闇レートで厳密に取り立てられる。

また、発覚しないイカサマについて賭郎は一切の関与をしない。

 

ハングマン(絞首刑)

ルール
  1. 0~9までのカード×2と1~5の描かれたジョーカーを1枚使った計211枚の変則ババ抜き
  2. ジョーカーの数字は毎回ランダム
  3. 先攻と後攻を決定し、先攻には11枚、後攻には10枚のカードを配りババ抜きを行う。
  4. 手元にジョーカーが残った者が敗者となり、残ったジョーカーに描かれた数字の数だけ絞首台を組み立てる。
  5. 以降ババ抜きを繰り返し、敗者のジョーカーの合計が11になれば絞首を執行しゲーム終了。

    この勝負中の一切の暴力行為は禁止、対戦者に発覚しないイカサマに関して賭郎は関与せず
    また対戦者以外のゲームへの関与・助言は認めない。

 

迷宮(ラビリンス)

ルール

互いが作成した迷宮攻略していくゲーム

  1. 6×6の方眼と筆記具を用意し、各々好きな場所をスタート(入)とゴール(出)として決める。
  2. 方眼に最大20本のを書いて迷宮を作る。
    注意:出入り口を全に囲む等、迷宮として成立しないを設置した場合ルール違反となる。
  3. 作成後、互いの対戦相手に自分の(入)と(出)の場所だけを伝える。
  4. 先攻と後攻を決め、先攻はに当たらないように迷宮攻略を開始する。
    に当たった場合はその場に留まってターン交代となる。
  5. 以上を繰り返し相手の決めた(出)に先に到着した者が勝利

この勝負での立会人はどちらの専属でもない立会人となっている。
また勝負中の一切の暴力行為を禁止。
アクシデントに対する明な取り決めは事前に決めておく事。(迷宮の作り直し等)

迷宮のミノタウロス

ルール

ラビリンス勝負を実在する部屋で行う。

この勝負での立会人はの専属でもない立会人となっている。
Mタイム以外の暴力行為を禁止。賭郎への接触の禁止衣類を含む)
携帯等の通信機器の持込を禁止。(禁止されているのはあくまで持ち込みだけ)

ルール違反をしたものは敗北もしくはその場で立会人による粛清

ゲームの概要
  1. と同様に6×6の36部屋を使用。
  2. 各部屋全て4方向にが設置。に接しているはダミーであり開くことはない。
  3. 全てのには鍵や違いはく、ロックは管理室で行われる。
  4. 全ての部屋の天井カメラプレイヤーに支給されたインカムによって管理室から監視を行う。
  5. 最も迷宮を解きゴールにたどり着いた人間勝利
  6. 悪質なルール違反は立会人による粛清
    全ての部屋にはを貯めるためのパイプが通っている。
立会人によって提案された追加ルール
  1. プレイヤーは4名
  2. 迷宮は立会人(門倉)が4人分全て作成。
  3. スタートの順番はプレイヤー4人が目隠ししてじゃんけん
  4. それぞれのスタート地点はランダム、相手の位置も順番も分からない。
  5. ターン制でありロックされたにぶつかるまで進める。の選択は5分以内。
  6. 一部屋進むごとに1MPM=ミノタウロス P=ポイント)を獲得。
  7. プレイヤー同士が同じ部屋で鉢合わせした場合、両者はそれまでに貯めたMPから使用するMPを提示する。
  8. 双方が提示をした結果MPを多く提示した方が勝利Mタイムに突入。
  9. MP提示の勝ち負けに関わらず使用したMPは失われる。
  10. プレイヤーの所持MP、使用MPを立会人が教えることはい。
  11. 迷路はある法則に基づいて作成されている。」がヒント
    「十字は一つ」「全ての部屋を最短で通る」
    迷宮ゲームBlack」を基にしている。
Mタイムとは

勝者には30のMタイムが与えられ、敗者を30間好きなだけボコボコにできる権利を持つ。何もしないという選択肢アリだが敗者は避ける・逃げる・守る以外の反撃などのあらゆる攻撃が一切許されない

なお同等のMPを双方が提示した場合、Mタイム30間は純決闘となる。Mタイム終了後敗者は1ターン休みとなり、敗者のターンだった場合敗者はその部屋でストップして次回も一回休み。(同MP提示の場合は双方の休みといったペナルティい)

場合によっては3人もしくは全員が同室する可性もあるが、その際は全員MP提示。

敗者が死亡した場合には敗者の所持していたMPは全て勝者の手に渡る

珈琲手挽き勝負

ルール

より旨い珈琲を淹れたほうが勝利。敗者は勝者の言うことを一つ聞く。

変則ポーカー

ルール
  1. カードを全て表向きにして全てが見える状態で先攻と後攻を決定。
  2. そこから順にまとめて5枚を取り出してポーカー開始。
  3. チェンジは一度のみ。チェンジの使用は自由。ただし先攻の捨てたカードは使用不可。
  4. カードの優劣は役と数字の強さのみ。柄と色は関係。
  5. 引き分けの場合も挑戦者が敗北となる。

勝負には賭郎立会人が立ち会う。先攻も立会人のコイントスによって決定。

ファラリスの雄牛

ルール
  1. プレイヤーは一つの時計を使って時間当て勝負を行う。
  2. ゲームの順番を決め、先攻は時計ストップウォッチでの計測を合図と共に開始。
  3. 自分の好きなタイミングで合図と共に計測をストップ。(ただし上限は10分)
  4. 後攻は自身の体内時計でその時間を言い当てる。
  5. 正解タイムと予想タイムの誤差がストックとなり後攻に交代。
  6. 後攻は正解タイムを先攻の正解タイム+20以上に設定しなくてはならない。
    (つまり上限が先攻の正解タイム+10分となる。)
  7. 先攻と後攻が終了した時点で1ターン終了。その際の互いの誤差を合計誤差とし、誤差の少なかったほうが罰ゲームの実行権を持つ。
  8. 実行権を行使しなかった場合はストックを次ターンへ持ち越すが、権利は全ターンを通じて最も誤差が少なかったプレイヤーが所持する。
  9. ピタリ言い当てれば条件で実行権を得ることができる。複数がピタリならば自動的に繰越。

この勝負に賭郎は関与しないが、法な暴力などで相手を死に至らしめる行為は認められない。同様にプレイ最中のプレイヤーの行為を故意に妨げることを厳禁とする。

実行権

誤差によってストックされたタイムの数だけ一番誤差の大きかった敗者がファラリスの雄牛の体内で焼かれるというもの。ストックが1分なら1分間、30分なら30分間の中で焼かれ続ける。

ファラリスの雄牛とは古代拷問具。詳しくは記事参照。→ファラリスの雄牛

変則ニム

ルール
  1. マッチ等を用いる通常のニム(日本では三山崩し)の変則バージョン
  2. ビルの中で1・2・3階のフロアに分けられた鍵を回し、最後の鍵を回してロックを解除し部屋に辿り着ければ挑戦者の勝利
  3. 1階の鍵数以外はゲームが開始し、2・3階に到着するまで分からない。
  4. 鍵を幾つ回すのも挑戦者の自由だが一度に回せるのは一つのフロアのみ。
  5. 挑戦者が鍵を回した後、最後の部屋のが残りの鍵を回す。

マキャベリストゲーム

ルール
A B C D E F
  1. ゲーム参加者達は催の進行をえてパネルを開く順番を操作し、暴くアルファベットを変える事ができる。
  2. ☝の止まったアルファベットの闇が暴かれ、二度でその闇は全に明かされる。(例:一度は犯行内容、犯人の顔と名前)つまり自分のアルファベット☝が止まると負け。
  3. 参加者にはがどのアルファベットなのかを知らされておらず、一度の闇が暴かれると同時に本人だけが自分だと分かる。
  4. 参加者には各自10枚づつ「マキャベリカード」が用意され、カードを用いて☝を動かすことができる。ただし動かせるのはカードを一番多く用いた参加者と二番に多く用いた参加者とのカード差だけである。
  5. 上位が同数の場合、移動はくその場のアルファベットが開かれる。
  6. 全に暴かれた(度止まった)アルファベットには移動できず除外して移動する。
  7. 端に来た☝は折り返して移動。例
    A B C D E F
    ×
  8. ☝を移動させるチャンスアルファベットが一つ開く度に行われる。
  9. カードの使用は他の参加者に見えないように用意されたボックスの中で落とす仕組み。
  10. カードを使用しなかった者は自動的に1枚使用とする。カードを使わずに持っていたとしても以後その1枚は使用不可となる。ただし手持ちが0の場合は1枚使用にはならない。
  11. 度闇を暴かれた参加者はゲーム参加不可。カード使用もできないが未使用のカードについては以後ゲーム内にての使用を有効とする。
  12. カードの譲渡、売買、破棄は認められる。ただし暴力行為は厳禁。
  13. カードは個別認識可非接触ICカードを使用する。これによりカードを破損後にボックス内に投下しても1枚として認識されない。

マキャベリとは

イタリアルネサンス期の思想的の為には手段を選ばぬ考え「マキャベリズム」を提唱したと言われている。

業の櫓

ゲーム帝国タワー(巨大電波)を占拠して行う。
最上階にて口座の権利を獲得した者が勝利

事前準備
  1. 通信機器及び武器の没収。
  2. が入されている匿名口座のパスワード設定スタンバイ
  3. ギャンブル参加者全員の網膜パターンスキャンチーム戦なので仲間の分も)。
  4. 用意されたボックスの中にある10個の珠の内、相手に見えないように1個以上を取り出す。
  5. 2名が取り出した珠の合計をパスワードの最後の2桁として入、登録。
ルール
  1. 最上階にて2桁の正解パスワードログイン、口座の権利を獲得した者が勝利
  2. 口座への入は一人1回、3回失敗でパスワード効となり賞は賭郎の総取り。
  3. パスワード前には網膜認が必要。
  4. パスワードは2名が取り出した珠の合計、02~20のどれかとなる。
  5. パスワード端末の破壊等は禁止。
  6. 互いの珠数を絞り込むため、別途「ドティの部屋」にてゲームを行うことができる。
  7. 1階、電波送信機室、ドティの部屋では暴力行為を禁止する。

血の教誨師ドティの部屋

業の櫓にてパスワードを絞り込むために別途用意されたギャンブル補助施設。
もちろん使用せず暴力のみで相手の珠を絞り込むことも可

事前準備
  1. 入場料として一人600mlの血液を採る。
  2. 採取された相手の血液の入った装置を腕に装着。勝手に外すと負け。
  3. 中に居るドティ人形)に珠の合計を記憶させる。
ルール
  1. このゲームはあくまで補助的なものである。このゲーム勝利=業の櫓勝利には繋がらない。
  2. 内部は賭郎、及び賭郎に選ばれた人のみが監視できる。
  3. 左右のから入場し、区切りの前で向き合う。
  4. 先攻後攻はじゃんけんで決める。相手が外せば交代のターン制
  5. 相手の珠数を予想し、中央のタッチネルの02~20タッチして決定を押す。
  6. ありえない数字(自分が10個持っているのに合計3個等)を答えるのは反則。
  7. 双方が外した場合は何のペナルティく両者解放、もしくは2ターン開始。
  8. 片方が正解した場合、勝者は開いたから解放。敗者は腕に装着した装置から入場料の「相手の血液600ml」が全て輸血されるまでは開かない。
  9. 回答に与えられる時間は各10分、えた場合はペナルティ100mlの輸血。
  10. 挑戦者以外のパートナーは中の様子を見られないが外での行動は制限されない。

教誨師

死刑直前の死刑囚、受刑者に対して非を悔いめさせるように教えさとす一のり手。

異型全血輸血

このゲームにおいて双方の血液が別であった場合、相手の血液を輸血することは「異全血輸血」となり非常に危険である。本来の医療で使われる輸血は「血球輸血」と呼ばれ血球・血小板・血漿がそれぞれ分離されて保存された後に輸血される。しかし「全血輸血」は一切の分離を行わず直接輸血するため「血漿」も同時に輸血される。輸血相手が「異」であれば血漿中の抗体による血球の破壊、拒絶反応、全身の臓器へのダメージは免れず命に関わるケースが多い。

幅寄せゲーム

ルール
  1. 上段10マスと下段5マスの両端にコインを置き、対戦者が好きなだけ交互に動かす。
  2. 上段と下段は同時には動かせない。

               
     
  3. 自分のコインが両方動かせなくなった方が負け。


               
     
追加ルール

コイン自由に動かせる→選んだコーヒーフレッシュの容器裏側の番号と同じ数に変更。(2桁の場合、たとえば21は2か1を選べるようにどちらかを選べる。)

後日編集

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%98%98%E5%96%B0%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

嘘喰い

358 ななしのよっしん
2017/12/12(火) 09:22:16 ID: dhui4THoMr
今思うとタワー編って嘘喰い、賭郎、アイデアル、鞍馬組、警察
五勢の戦いってすごいだったな
359 ななしのよっしん
2017/12/15(金) 00:39:44 ID: HybU24aFDl
獏さんは、心臓移植して、体が落ちる前は
少なくとも、創一レベルの(櫛さんを北斗神拳で圧倒できるレベルの)“暴”の持ちだったのだろうか?

それとも、心臓移植させられたけど、事前移植されるはずの駄心臓を、割と健康心臓とすり替えていて

今苦しんでるのは「演技+健康心臓とはいえ移植での多少の副作用ハンカチ落としのダメージ
真実を織り交ぜてる感じ)って感じで、アビカーンと再戦するんだろうか

このまま終わりそうな感じもあったり、第二部が始まりそうな感もあったり
360 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 23:16:10 ID: dYXYsS9com
佐田は絞首刑、はもぐもぐ、羽山はロースト、捨殺、
カラカルとラロは半分こにされたのに、だけ負けたのにめちゃエンジョイ充しててずるいw
361 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 18:02:23 ID: 5eZgBRt15c
>>359
ゴーネンのフィジカルと、心拍数操作が、獏さんの心臓移植させた後に得た“スペシャル”なら
獏さんも、元は、暴持ちであった可性があるな

梶ちゃんが、清掃員に落ちぶれてたのは、一、信じ込んでしまったけど
ラストには、いつものトリオが復活していて、嬉しかった

悪堕ちした獏と、梶の頂上決戦も想像していたけど、こういう最終回の方が
連載初期みたいなノリでいいね
362 ななしのよっしん
2018/01/21(日) 21:58:16 ID: MC+kkjs/L4
話がもう少し進むものかと思っていただけに、物足りない感はある。
こういう終わらせ方もありなんだろうけど、ここはやっぱり獏さんの「あんた嘘つきだね!」でて欲しかった。

ところで獏さんそっくりのラスボスのゴーネンって、獏さんと親子というよりはクローンって感じがするけど、どうなんだろう?
それはそれでベタな展開ではあるけど、心臓移植なんて親子でも拒絶反応が起こるもんだろうし・・・
363 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 18:55:15 ID: bYNXG/bbUC
漫画描きながらアマチュアボクシングやってる作者って漫画家の中で初めてじゃね
凄いな
364 ななしのよっしん
2018/06/12(火) 13:31:55 ID: StSvw4vlrl
森田童子さんが亡くなったんだって
あーあ、実写嘘喰いが出たら
佐田 作者の理師の先輩
獏 そのさん
オシケン みのもんた
輪 矢沢永吉
リチャードアラタ(偽の方だけでも) 森田童子
このキャストでやってくれたら思ってたのにな
365 ななしのよっしん
2018/07/19(木) 13:31:36 ID: 4oKOYzuqH2
>>363
折れたりしたら漫画家引退も最悪あり得るしなぁ…
小説家脚本家格闘技ってのはまだ聞いたことあるが、絵描きでボクシングは怖い怖い
366 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 20:50:27 ID: Ao7dXIE9H0
リクドウの方の作者さんじゃなくてこっちかよwwwって感はあるな
367 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 04:25:36 ID: pHkBHV8+e3
ボクシングについては絶対やめたほうが良いんじゃないかとは思うな。万一手折ったりしたら、それだけで自分だけじゃなくアシスタントまで路頭に迷うわけで。でも週間連載しながらボクシングやる精は正直凄い以外の感想ないけど。