器物損壊罪単語

キブツソンカイザイ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

器物損壊罪とは、他人の所有物を損壊する犯罪である。この場合の「所有物」には生物も含まれる。

現在日本国では刑法第二六十一条(器物損壊等)で定義されている。他にも類似の法令は存在する。

概要

刑法第二六十一条(器物損壊等)にはこう記されている。

三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰若しくは科料に処する。

この条や、この条が属する章(第四十章 毀棄及び隠匿の罪)には未遂を罰する規定はないため、未遂の場合は罪に問わない。

同じく過失を罰する規定もいため、故意でなく過失による場合は罪に問わない。

この犯罪親告罪であり、この犯罪被害を受けた側が加側を告訴する必要がある。

なお、この条文はあくまで「刑法」の条文であり、民事とは別問題である。損壊したものの価値に対する賠償の要否やその額などについては民事での争点となる。

「前三条」

条文にある「前三条」について解説すると、刑法第二五十八条用文書等毀棄)では「務所の用に供する文書又は電磁的記録」、刑法第二五十九条(私用文書等毀棄)では「権利又は義務に関する他人の文書又は電磁的記録」、刑法第二六十条(建造物等損壊及び同致死傷)では「他人の建造物又は艦船」の毀棄または損壊について記載されている。

まりこれら「用文書・権利または義務に関する私用文書・建造物又は艦船」の損壊案件については器物損壊罪とは別の法律によって裁かれることになる。

さらに、放火や失火や爆破または出で損壊した場合も、刑法第九章(放火及び失火の罪)や刑法第十章 (出及び利に関する罪)に列挙された条文によって、さらに重い罪に問われることになる。

自分の所有物を損壊した場合

刑法第二六十一条(器物損壊等)では、条文に「他人の」と明記されているため、自分の所有物を損壊してもこの法律違反には問われない。

ただし、刑法第二六十二条(自己の物の損壊等)にて

自己の物であっても、差押えを受け、物権を負担し、又は賃貸したものを損壊し、又は傷したときは、前三条の例による。

とも規定されている。

生物の傷害について

条文で「損壊」だけではなく「又は傷」とされている部分は、この法律の対が物品だけではなく他人が私有する生物も含むためと思われる。

なお動物の傷については「動物護及び管理に関する法律」の第四十四条でも定義されている。

第四十四条 動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二万円以下の罰に処する。

(中略)

4 前三項において「動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。

一 、めん山羊、いえうさぎ、いえばと及びあひる

二 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物哺乳類鳥類又は爬虫類に属するもの

「自分が所有する動物の傷」については器物損壊罪には問えないが、その動物が「動物」の範囲に入る生物だった場合は「動物護及び管理に関する法律」によって裁かれることになる。

電磁的記録が対象となるか否か

この「器物損壊罪」の対に電磁的記録が含まれるのか否かについては条文を見るのみでは解釈しづらいが、専門の意見などを見るに「含まれない」とする意見が多い。

上記のように第二五十八条用文書等毀棄)や刑法第二五十九条(私用文書等毀棄)では「電磁的記録」も含むと明記してあるが、刑法第二六十一条(器物損壊等)ではそうではない。条文に含まれる「他人の物」には「電磁的記録」は含まれないと解釈する専門が多いようだ。

ただし、

などの別の法律で裁かれることになる。

関連動画

この動画に登場する少年は「ウラ技で騙し、ゲームセーブデータを破壊した」相手に対して、器物損壊罪で訴えると憤っている。しかし「ゲームセーブデータ」は電磁的記録に当たるのだった……。

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%99%A8%E7%89%A9%E6%90%8D%E5%A3%8A%E7%BD%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

器物損壊罪

1 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 14:59:14 ID: IZa0b3PCsf
理由はもちろんお分かりですね?