四字熟語単語

ヨジジュクゴ

四字熟語とは、漢字四字を構成要素とする熟表現である。

用語解説

よくある国語辞典の彙解説はだいたい本項先頭のとおりだ。それだけなら簡単明瞭だが、一般常識、とりわけ学校教育においては「四字熟語」の意味範囲には制限事項がある。漢字四字を理矢理つなげれば四字熟語になるというわけではないのだ。

ぶっちゃけ、ここまでにつかわれている漢字表現は、どれも中間試験や期末試験で「四字熟語」として解答用にかいたら減点必至である。いくら漢字四字だからといって「焼肉定食」のようなものまで四字熟語だとするのは牽強付会(←ようやく四字熟語といえそうなのがきた)なのだ。

※注意喚起:本記事中において、要所要所が理路整然とするよう鋭意努はしましたが、合間合間は冗談半分です。一部例外をのぞいて、すべての漢字表現が四字熟語のかたちをとっていますが、十中八九がエセ四字熟語です。玉石混淆です。「これは四字熟語じゃないだろ」などと本気返信(マジレス)されると九腸寸断です。

閑話休題。

異口同音に「四字熟語」とされそうなもの

直入にいえば、「故事成語」と「仏教」である。古往今来つかわれてきたので、科玉条とされているものもおおく、温故知新にもつながるであろう。

故事成語

おもに中国典籍のエピソードにもとづくことば。「朝三暮四」(『列子』など)や「呉越同舟」(『孫子』九地)などがあげられる。「弱肉強食」(『送浮屠文暢師序』)や「不老不死」(『列子』湯問 )のように、おもしろストーリーではないけど人君子の言行記録からとりだしたことばも故事成語にふくめることがおおい。

ただ、漢字四字でかける故事成語がすべて「四字熟語」とみなされるわけではない。

「他山之石」(『経』鳴)や「背」(『史記』陰侯伝)はひらがなの「の」をつかって「他山の石」「背水の陣」とかけるので四字熟語にはカウントされにくい。

また、「先従隗始」(『戦国策』策)の場合は「先ず隗より始めよ」と漢文訓読するのがふつうなので、やはり四字熟語とはいいがたい。もっとも「臨機応変」(『南史』梁宗室伝)のように「機に臨んで変に応ずる or 機に臨みてまさに変わるべし」と漢文訓読できるのに音読表現が一般普及しているケースもある。このあたりのちがいは曖昧模糊、というか歴史次第だろうか。

なお、枝葉末節にこだわるならば、中国由来でも近代現代だったらどうするのかという問題提起もできるだろう。「斉放」「争鳴」は1956年中国共産党がはじめた政治運動スローガンであるが、四字熟語としてつかわれることもある。これらを「故事成語」とよぶのは逡巡してしまう。

仏教用語

仏教経典などからとられた漢語表現。たいていは訳(サンスクリット中国語訳)である。「色即是空」(『般若心経』)、「諸行無常」(『涅槃経』)などがあげられる。「他力本願」(『教行信』)は日本由来だがここにいれてよいかもしれない。

ふつうは四字熟語にふくめるもの

日本発祥だが一般普及していて(=国語辞典にのっていて)下記条件にあてはまるものも四字熟語といえそうだ。

故事来歴がはっきりしている

中世時代の武士階級が先祖代々うけついだ封建領土をいのちがけでまもることから「一所懸命」ということばがうまれ、一字交換して「一生懸命」となった。

一騎当千」は『太平記』(室町時代の軍記物語)にでてくる。

一期一会」は茶道として江戸時代にひろまった。

このグループは「一」がつく四字熟語がおおくて意味深長だが実際問題どうなんだろう。

ほかにも古代中世近代日本に故事来歴のありそうな四字熟語は不遑枚挙なのだが、嚆矢濫觴をさがしても不得要領である。隔靴掻痒!

二字二字(一字三字etc)に分割不能なもの

日進」は起不明だが、これを四字熟語といったとしても不不満はすくないとおもわれる。「日進」という二字熟はあるが「歩」はないからだ。

針小棒大」も「針小」と「棒大」を単独使用することはないだろう。

ところが、「吐息」は「息」という二字熟がないので四字熟語とみなしたいところだが、それは不知案内だぞといわれるかもしれない。大和言葉の「あお」「いき」などをつかっているからだ。これについては三思後行しよう。

境界線上のもの

ここからは議論出になるかもしれない。

西洋由来

の学術用ことわざなどの日本語訳である。じつはこれにあてはまる「四字熟語」がおおい。そのタイプも多種多様だ。

一石二」はイギリスことわざである Kill two birds with one stone日本語訳したものだろうとされる。ただし訳者不詳である。

試行錯誤」は心理学者がつかっていた学術用で trial and error という英語表現がもとになっている。

疾風怒濤」はドイツ文学運動 Sturm und Drang日本語訳した熟表現。

二律背反」も独和訳で、哲学Antinomie から。

三位一体」はキリスト教根本教義を日本語訳したもの。

万物流転」はギリシアヘラクレイトス自然哲学についてのべた πάνταεῖ から。

同じカテゴリーの漢字四字をならべたもの

前後左右」や「上下左右」を四字熟語として入学試験の解答用にかくのはなかなか大胆不敵におもわれる。でも「東西南北」や「春夏秋冬」になるとマシっぽいし、「起承転結」や「花鳥風月」はいちおう故事来歴があるし、「生老病死」にいたっては仏教。つまるところ、構成要素だけをみて杓子定規にかんがえるから理難題になるわけで、由来をみて個別判断したほうがよさそうだ。

大和言葉(やまとことば)をふくむもの

白川」は「ハクセンヤセン」ではなく「しらかわよぶね」と全部訓読みで、「石部金吉」は苗字名前のように「いしべきんきち」とよむ。どちらも江戸時代からつかわれてきた熟表現だが、これらが四字熟語かといわれると、はて……

四字熟語」といえば漢語表現だという前提条件が意識的にあるかもしれない。それゆえ訓読表現≒大和言葉日本固有のことば)は四字熟語とみなしづらいのだ。「白河船」がよくても前段既出の「吐息」はどうだろうか?「手前味噌」になるといよいよ疑心暗鬼になってこないだろうか?

異論続出のもの

このあたりまでくると、四字熟語といいはるのは漱石流かもね。

固有名詞

たとえ人口膾していたとしても、特定個人・特定事物しかあらわせない固有名詞では四字熟語といえない。もともと四字熟語だったのが商標登録されたりしているケース(「天下一品」など)はまたべつだが……

東方不敗」とか「忖度御膳」とか、には四字熟語にみえるが、固有名詞である。

現代用語

現代社会では、「交通事故」「都道府県」「学生運動」などの社会、「指数関数」「脊索動物」などの学術用が大量生産されている。

だが、これらが一一夕に世不磨の故事成語と旗鼓相当たる四字熟語になるとはかんがえにくい。また、こうした四文字のほとんどは既存表現どうし、とくに二字熟と二字熟でできている。分割だということも「四字熟語らしさ」をうすれさせている。

ちなみに、「四字熟語」そのものは戦後昭和、それも八十年代にひろまったといわれるので、現代用のひとつである。それをふまえると、(せまいニュアンスで)四字熟語四字熟語ではない!

当て字・漢語辞典にない訓読表現

四字熟語における大和言葉にたいして寛仁大度なスタンスをとったとしても、「そりゃ言断だろ」というラインがあるはずだ。当て字の「夜露死苦」や「恥義理」を四字熟語といいだしたらもはや暮威慈畏(クレイジー)である。

したがって「当て字」は四字熟語にあらず……といいたいのだが、残念念、特殊事例があった。「笑止千万」だ。かつてつかわれていた「勝時(しょうし)」ということばが当て字で「笑止」になったという仮説提示がなされている。まあ、そうだとしても中世時代にさかのぼることばなので、四字熟語カウントするひとはおおいだろう。

    ハード・リーディン

それから難振仮名のついた漢字四字はたぶんアウト

 レールガン     バハムート

超電磁砲とか装機みたいな。

              レゾン・デーテル

自体が国語辞典にあっても存在理由みたいに中二病的な非標準的なよみかたをしたらダメでしょう、たぶん。まあ、四字熟語をやたらつかおうとする姿勢自体が中二病的とみなされるかもしれないが……

とはいえ万物流転。これらが四字熟語だと衆一致するときもくるかもしれない。

創作熟語

上記項からもわかるように、「四字熟語」はいまも新規作成されていて、多種多様な独自表現がある。「腹筋崩壊」や「限界突破」などは電世界遊戯文化のなかでうまれたあたらしい四文字だとおもわれる。

十年一昔なのだから、自分自身で現実世界にあった四字熟語をつくってみるのもおもしろいかもしれない。中二病的といわれてもしらないけど

大百科中に単語記事がある四字熟語

ここでは「界線上のもの」も積極果敢にとりこんでいるが、国語辞典・和辞典にないもの、「異論続出のもの」はさけた。五十音順。単右側に故事とあるのは故事成語仏教仏教訓読は単全体か特定部分が漢字訓読、西洋は洋和訳。

粉骨砕身してつくった熟一覧ではありますが、画竜点睛をかいているかもしれません。直接記入するなり、本掲示板にて追加示をいただければ恐悦至極にぞんじます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

四字熟語をつかう電脳遊戯・映像作品や登場人物

現実世界闇矢四字熟語をつかっていると、かえって発言意図が有耶耶になったり、衒学趣味なヤツだとおもわれたりしかねない。

だが創作世界では四字熟語が多数登場するシチュエーション四字熟語を常時多用する登場人物がいたりする。才気煥発なこともあれば、無知昧にみえることもあるが、キャラづけに効果覿面なのはたしかだ。

ときとして作品全編にわたって四字熟語が一定役割をはたすことがある。

アンゴルモアケロロ軍曹
発言末尾によく「てゆーか四字熟語」をつかう。「てゆーか、時期尚?」
ディオガール文字乙女
DMM.comゲーム。まさかの四字熟語美少女化である。→公式情報exit
閣&閣(有頂天家族
四字熟語(のようなもの)をこのむ双子兄弟。「捲土重来」「樋口一葉
テンジアン蒼き雷霆ガンヴォルト爪
中国出身の冷凍使い。「闇に舞う冷氷弁 地に堕つる間もなくり捌く 絶対零度両断 氷断」
東堂シオンプリパラ
囲碁四字熟語をこのむ。同時演出として画面四方に紫色文字四字熟語があらわれる。「」などなど。
聖白蓮東方星蓮船
主人公側を咄嗟叱するセリフにかならず四字熟語がふくまれる。そして「いざ、南無三――!(宝)」のあとに戦闘開始。
ユフィ・キサラギファイナルファンタジーVII
リミット技大部分が四字熟語。LV1疾風」、LV4「森羅万象」など。
須美ぼくたちは勉強ができない
何か言う時、先頭に四字熟語を付けることが多い。ちなみに、は二字熟をよく使う。「一日千秋!ちょっといけど来ちゃいましたー!」

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *中国由来ではあるが絶対確実な第一用例がなく故事成語とみなすひとはいないだろう。
  2. *四字熟語としては「かいていろうげつ」とよんで面上にうつるをすくいとろうとする、つまり折りということである。ただ、この四字熟語現実世界にでてきたら十中八九「ハイテイモーユエ」とよみ麻雀である。
  3. *「疑心」は仏教だが、「疑心暗鬼」がでてくる『列子口義』は思想につらなる注釈文献であり「疑心」も「うたがうこころ」くらいの意味内容でつかわれている。
  4. *中国最古の医学文献『内経』にもでてくるが、「故事成語」とはみなしづらい。
  5. *リンクゲーム三國無双」へのリダイレクトになっているが、四字熟語としては「日本中国インド)の三にならびたつものなし」「とってもすげー」となる。
  6. *地獄絵図そのものは仏教史上で一定役割をはたしてきたが、「地獄絵図」ということばそのものが仏教経典でつかわれたわけではない。「仏教四字熟語」にふくめるかの界線上にいる四字熟語だ。
  7. *類義表現の「心神衰弱」は四字熟語としての紹介事例が多数存在。
  8. *毛沢東作。中国由来だが故事成語にふくめず。
  9. *武田信玄戦場軍旗につかわれていた四字熟語としてしられる。実際軍旗にかかれていた(とされる)のは『孫子』軍争篇の一部抜
  10. *「本」=本山、「末」=末寺で、鎌倉時代本山末寺の立場入替があったので本末転倒という四字熟語ができた、という有仮説があるが、それでも「本末転倒」そのものは「仏教」とはいえまい。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%9B%E5%AD%97%E7%86%9F%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

四字熟語

1 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 22:49:31 ID: lvOe5s3cRL
記事作成、御苦労様です
四字熟語(のようなもの)で文章統一するという自己言及な記事構成がいい
2 ななしのよっしん
2018/03/15(木) 14:58:39 ID: qdIaUQd7Yc
ここはニコ百なんだしケロロ軍曹モアや、プリパラシオンみたいな四字熟語を多用するアニメキャラを記事に加えてもいいかもしれない
3 ななしのよっしん
2018/03/15(木) 16:07:18 ID: D/81AmsAe+
とは、複数の単を組み合わせたで、各単の意味を残しつつ新たな意味を生じ、しかも慣用的なもの。
※ただし、ここでの「慣用」とは、特定の文脈に限定されず広く用いることができることをいう。
また、「単」に関して、表意文字である漢字の場合、漢字1字でも単とみなせることとする。

したがって、「超電磁砲」のような特定の作品と強く結びついた固有名詞は熟とは言いがたいし、
夜露死苦」のような当て字は、各の元の意味を失っているので熟ではない。
焼肉定食」は、新たな意味を生じていないので熟ではない。

とはいえ、界は曖昧で、例えば「春夏秋冬」「偏冠脚」は新たな意味を生じているのか微妙なところだし、
「佶屈聱牙」のようにほぼ同じ意味の単を並べただけの四字熟語も多い。
腹筋崩壊」のようなスラングも曖昧で、たとえ意味が汎用的であっても、必ずしも慣用になじまない。
具体的には、言葉を知らない人が意味や用法を確認する信頼できるソースがあるのか、などが焦点となる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 09:23:19 ID: D/81AmsAe+
ケロロ軍曹アンゴル=モア
プリパラ東堂シオン
クロムクロソフィーノエル
シンカリオン大門山ツラヌキ
ウマ娘シンボリルドルフ ←New!
5 ななしのよっしん
2018/10/21(日) 15:15:56 ID: NhjyoBvkGS
私はだいたい>>3に近い意見だが、もう少し広く、修辞的な要素の含まれるものを熟と呼ぶのだと考えている。
要するに何かしら細工のある言葉づかいということだ。
>>3の言う「各単の意味を残しつつ新たな意味を生じ」というのは、いわゆる転義や喩だろう。
四字熟語には対句構造になっているものが多いが、これも修辞の一種。
春夏秋冬」のたぐいも一字句四つからなる対句と見なすことができる……というのは少々苦しいか。
6 a
2019/05/08(水) 10:35:50 ID: WCa9zRIUT1
問題なのは、このような曖昧なものを、学校国語テストに出すこと。テストに曖昧な問題を、出さないので欲しい。

あるいは、明確化してほしい。漢字が4つつながりのものは全て四字熟語、というように、明瞭化してほしい。