回数券単語

カイスウケン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

回数券とは、金券類のひとつである。

概要

特定の施設・機関をよく利用する客に対し行われる割引サービスのひとつで、事前に一定数の対価を支払うことで更にオマケが付く。公共交通機関をはじめ、駐車場や飲食店、レジャー施設等で導入されている。

鉄道においては、10回分の料で11回分のサービスを受けられる(つまり約9%の割引)のが一般的な相場で、発行から一定期間(おおよそ3ヶ間程度)のみ有効という制限が設けられている場合が多い。またバスの場合、額の書かれたで発売され有効期限がないことが多い。

多くの場合は回数券は片がバラバラ提供される、あるいはミシン目が入っており切り離せることから金券ショップでの商材としてを付けられることが多く、回数券を買うほど高頻度には利用しないが1円でも安くしたい客と、バラ売り転売けたい店との利関係が一致し商売になっているが、回数券を発行する事業者からは冷ややかなで見られており、バラ売り出来ないように対策をする事業者も現れている(詳細後述)。

特殊な回数乗車券の例

公共交通機関によっては普通回数券以上の縛りを与える代わりに、割引率を更に上げたり、特急を使えるようにした回数券が存在する。

時差回数券・昼間回数券

別名「オフピークチケット」。平日日中(午前10時午後4時ど)のみ、土日祝ダイヤ運行日は終日使える回数券。バスの場合だと土日祝の終日利用が不可能な場合もある。

相場は10回分の料で12回分。

特に私鉄間との競争がしかったJR西日本関西エリアでは「昼間特割きっぷ」というものも存在しており、私鉄各社を殺しにかかるほどの割引率を叩き出すほどの回数券を販売していた。なお2018年9月末で販売終了となった。

土休日割引回数券

別名「サンキューチケット」「ホリデーチケット」。その名のとおり、土日祝ダイヤ運行日のみで終日使える回数券。

割引率が最も高く、相場は10回分の料で14回分。

6枚回数券

JR四国肥薩おれんじ鉄道などが発売しているもので、通常の11枚つづり回数券と異なり6枚つづりとなっておりそこまで鉄道の利用頻度が多くない人にも使用できるようになっている。また、3人グループで往復利用に使うこともできる。

相場はその区間の普通運賃の6倍の10%引。

○枚きっぷ

これは正確には回数券ではなく企画乗車券として販売されていることが多い。JR九州やいくつかのバス会社で発売されている。

上記6枚回数券と違い、特急列車が利用できる料金券付き回数券。そのぶん発売額も高くなっている。

新幹線回数券

これも正確には回数券ではなく企画乗車券として販売されている。繁忙期となる正月ゴールデンウイークは使えない。

区間によっては発売額が高く一定の需要もあり、クレジットカードでの購入も容易にできるゆえに「現が欲しいがため」の金券ショップへの売却が頻繁に行われている。

バラ売り転売阻止

冒頭での説明どおり、バラ売りを阻止するために様々な対策が取られている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%9E%E6%95%B0%E5%88%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

回数券

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 回数券についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2020/11/01(日)02時00分 現在

おすすめトレンド