図書館戦争単語

トショカンセンソウ
図書館自由に関する宣言
一、図書館は資料収集の自由を有する。
二、図書館は資料提供自由を有する。
三、図書館は利用者の秘密を守る。
四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
図書館自由が侵される時、々は団結して、あくまで自由を守る。

図書館戦争とは、メディアワークス刊による有川浩小説、およびそのアニメ漫画実写映画化作品である。

概要

時は2019年メディア良化法が施行され、法規的な良化委員会とその先兵たる良化特務機関により、言論弾圧および言論統制日常化した世界舞台。 その状況下で、一の対抗勢となったのが図書館である。 図書館は武装化され、良化委員会との熾な戦いが始まった。

そのアイデアと設定の詳細さから話題となった。

39星雲賞日本長編作品部門受賞。2007年の「本屋大賞」では第5位にランクインしている。2011年には文庫版が角川文庫から発売された。

アニメProduction I.G制作2008年4月からフジテレビノイタミナなどで放送された。また「図書館戦争 革命つばさ」のタイトル映画化され、2012年6月16日より全開された。

漫画は「LaLa」(白泉社)にて「図書館戦争 LOVE & WAR」が連載中である。「コミック電撃大王」(メディアワークス)でも「図書館戦争 SPITFIRE!」が連載されていたが、こちらは長期休載の末に中断が発表されている。

2012年佐藤信介監督のもと実写映画化が行われることが発表され、2013年4月27日開された。2015年10月には実写映画第二弾「図書館戦争 THE LAST MISSION」が開された。また、映画第2弾に先駆けて映画版と同キャストテレビスペシャルドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」も放送された。

登場人物

CVアニメキャスト、演は実写映画キャスト

笠原 郁(かさはら いく) - CV井上麻里奈 演:榮倉奈々
『熱血バカ』。図書特殊部隊・堂上班所属。
直情径行で、考えるより先に行動する。そのため、堂上からはアホ貴様!」とよく怒鳴られている。高校生の頃に自分を救ってくれた図書隊員に憧れて図書隊に入隊した。座学はからっきしだが、持ち前の身体の高さを買われ、女性隊員としては初めて図書特殊部隊ライブラリー・タスクフォース)に配属される。
自分を助けてくれた図書隊員のことを「王子様」と思っており、意外に乙女チックな面もある。
胸はないが美脚
堂上 篤(どうじょう あつし) - CV前野智昭 演:岡田准一
『怒れるチビ』。図書特殊部隊・堂上班班長。
郁や手塚導する上官。実直で責任感の強い性格で、新人に対しては厳しくしかりつける「教官」。
165cmとやや低身長なため、郁から「チビ」と言われたこともある。
小牧 幹久(こまき みきひさ) - CV石田彰 演:田中
『笑う正論』。図書特殊部隊・堂上班副班長。
柔らかで冷静沈着。ツボに入るとこらえきれなくなるほど笑い上戸。物事に対して常に正論を貫いている。
手塚 (てづか ひかる) - CV鈴木達央 演:福士蒼汰
『頑な少年』。図書特殊部隊・堂上班所属。
座学、身体共に申し分のなく、郁と同じく図書特殊部隊に配属された。当初は郁に対して不満を持っていたが、しだいに認めるようになる。見たはいいので女性隊員からの人気は高い。
柴崎 麻子(しばさき あさこ) - CV沢城みゆき 演:栗山千明
情報屋』。武蔵野第一図書館図書館業務部館員。
黒髪ロング美人で、図書隊から人気が高い。情報収集が得意で、仕入れてきた情報を郁や堂上たちに提供することも多い。
玄田 助(げんだ りゅうすけ) - CV
『喧屋中年』。図書特殊部隊隊長
快で、身体も非常に頑丈。怒ったときは堂上をもしのぐ怖さがある。な計画を立てては堂上に注意されるが本人は全く意に介していない様子。

実写映画版での変更点

稲嶺基地は『日野悪夢』で亡くなったと設定が変更され、原作での稲嶺の役割は仁科という映画オリジナルキャラクターに差し替えられている。稲嶺は故人として児玉清写真でのみ登場している。

これは原作者の有川浩が稲嶺のモデルである児玉清の逝去に伴い、稲嶺を映画に出さないでほしいという要望を出したからである。

関連動画

公式配信

一挙放送

関連商品

ニコニコ静画(電子書籍)での検索結果はこちら

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

フジテレビノイタミナ
2008年1月3月 2008年4月6月 2008年7月9月
墓場鬼太郎 図書館戦争 西洋骨董洋菓子店~アンティーク~

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E6%88%A6%E4%BA%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

図書館戦争

266 ななしのよっしん
2018/07/27(金) 20:39:53 ID: jiIETmUXyA
>>264
柴崎ストーカー事件の話が載ってる別冊図書館戦争自体、不評だからね
図書館戦争~別冊図書館戦争Ⅰまでは楽しく読めたのにって意見が多い
そもそもいい歳してストーカー被害まで遭わないと素直になれない手塚柴崎にはまったく共感できないし感動できない
267 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 23:46:08 ID: AKarPCURdP
別冊2のラストの話は悪いけれど自分も正直イマイチだった。
柴崎手塚も表向き璧で、普段見えないプライドの高さに弱点があるんだけど、手塚はその辺りをここまでにそこそこ修正されてて人当たりは若干丸くなってる。
柴崎は心を開く相手は出来たけど、そこはまだ修正できてない。新ルームメイトと一緒にそういう所に向き合わせる話にしたほうが良かったんじゃ……って読んだ後思った。
268 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 18:20:40 ID: jiIETmUXyA
そもそも他力本願で、よりによってストーカー事件をきっかけに付き合うって時点でなぁ…
ロマンスめてるわけでもないけどムードの欠片もない
被害に遭ったのも柴崎自業自得だし
269 ななしのよっしん
2018/09/03(月) 01:33:22 ID: AKarPCURdP
この話(別冊2の「背中合わせの二人」)に関してだけは、冷静に見ると、理矢理に騒動を起こして手塚柴崎をくっつけました感が否めないんだよなあ……
このシリーズ全体を「郁と堂上を中心にした成長物語+周囲の人々が変わっていく物語」という面から考えると、成長のための騒動は起こしてもいいけれど、あの二人理にくっつけなくても良かった。
この二人、付かず離れず、友達以上恋人未満のまま行って、ある日何気なく「付き合おう」で始めるか、もう少し小さな騒動(お見合い的な話が持ち上がるとか)で気持ちに向き合ってお付き合いを始めるかして、スルッと結婚するくらいでちょうどいいんじゃないかと。
270 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 01:29:12 ID: rc0lkmvQBk
水嶋は終始面倒で嫌な女として描かれてたから
敵として良い意味で水嶋に不快感は感じても物語そのものにどうこうは思わなかったな

自分は柴崎と性別が違って実感わかないせいか 美人だからこそ発生するトラブルみたいのも抵抗は感じなかったし
悪者がわかりやすく悪者と描かれてたから 今までの話と毛色は違うものの普通に楽しめたな

水嶋の動機もコ○ンの客船連続殺人事件みたいな感じで柴崎自業自得とは思わなかった

どんな感想持つのも自由だけどちょっとマイナス面に傾きすぎてるように見える
味方がエリート寄りとか図書館戦争に限らず創作あるあるだし
271 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 01:37:57 ID: rc0lkmvQBk
気持ちはわかんなくもないけどね
ハイスペックな味方がやかに描かれる一方で
犯人側がそこそこ現実的な悩みを抱いていて共感する部分を持つってのは自分も他の作品で経験あるし

でも水嶋がやった行為がエゲツないから微も可そうには思えないし
こういう描写自体 他所でも見かけるからそこまで攻撃的にはなれないな
272 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 04:35:28 ID: AKarPCURdP
水島さんのやった事そのものは許されない、っていうのは分かる。

だけど、話の作りに関してはサスペンスと言うか、後半で見えない犯人がいるっていう話に関しての描写が足らないとは思った。
柴崎や郁には見えないところでもいいから、手塚に対する執着や異常性が垣間見えていれば、読者からすれば「これはなにかあるな、危ない人だ」って分かって、あの展開にも納得が行くんだけど、それが足らないから、終盤でいきなりそういう人間性を提示されても、読者からすると冷静に読んだときに疑問符しか浮かばない。

後は、ああいう新キャラを出してまでして、あの事件でなければあの二人はくっつかなかったのか?っていう疑問かな。
273 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 21:24:52 ID: Jz8Imz+7Wy
272さんが言ったとおり、水嶋がどれだけんだ人間なのかをしめす根拠みたいなのが足りなかったんだよね。水嶋のしたことは絶対に許されたことではないしそれに対して憤ったりするのは人として当然正しいことだと思う。でも深い掘り下げができないなら水嶋みたいないいところひとつも見つからない当て物語に必要ないと思った。
274 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 00:31:27 ID: rc0lkmvQBk
確かに根拠という点では納得かも
後いくら別冊柴崎スピンオフとはいえ
ストーカー問題や人間関係問題は話の筋が図書館戦争から離れ気味な上 あとがきで触れられるほど後味の悪い話だから
そういう事件を使わずに柴崎の成長を描いてほしかったってのもわからなくもない
275 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 11:33:06 ID: jiIETmUXyA
郁と堂上が「図書館革命」で一冊丸々使って恋愛と闘いの勝利と成長を大規模スケールできちんと描かれていただけに、
手塚柴崎は「別冊2」で女同士のギスギスやストーカー話というタダの胸悪い内輪揉めだから尚更小物感を感じた

急上昇ワード