国の借金単語

クニノシャッキン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

国の借金とは、日本財務省およびメディア日本国民に行財政の状況を説明する時に多用するニュースである。

概要

財務省メディア、例えばNHKなどによると「いわゆる国債の発行残高など」をすという。

しかし、杏林大学総合政策学部の西孝によると、国語表現の問題で、これでは「日本政府が負っている諸外からの借」となる。まるでかつての日露戦争時の戦費調達のようなもの(参考までにすでに返済済み)と誤解させるレトリックという。

正しい表現は政府債務政府の借)」という。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%80%9F%E9%87%91
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

国の借金

23 ななしのよっしん
2021/12/12(日) 12:21:43 ID: oU4x9SPiwt
の足りない政府のある企業民からを借りている。理に国債を減らすことは富裕層(国債保持者)と貧困層(国債による行政サービスの享受者)の格差を表出化させるだけである上、貸し手にとっても同じ内であり日本国債・円の価値が下がることを望まないので問題はなにもないって認識なんだけれど間違ってる?
24 ななしのよっしん
2021/12/12(日) 13:35:19 ID: 5FEDy3fVjd
>>23
国債を減らすというのがどういう意味かによっても変わると思います

例えば国債の新規発行量を減らす(国債の発行量を減らすだけで発行自体は続ける)
あるいは民間銀行が保有する国債を減らす(右から来た国債を左に受け流す)
はたまた発行した国債自体を減らす(国債を返済して消滅させる)

ちなみに国債を返済して消滅させる場合、日銀バランスシート読み取れば、
それがどういう状態を意味するのか想像がつくかと思います
ヒント資産負債は一致するというバランスシートくんの仕組みですね
25 ななしのよっしん
2021/12/13(月) 17:33:20 ID: V3nUEUa3Nm
国債=お金だから国債を発行した時点で政府にとってのお金足りない問題が即座に解決する
実際には国債で直接支払う訳じゃないが日本国債を買いたがらない機関は現状存在しないので民間国債を買ってくれなくなる心配は考えるだけ
26 ななしのよっしん
2021/12/13(月) 18:10:13 ID: 8K2hcI9QYb
財務省公式見解「日・など先進国の自通貨建て国債デフォルトは考えられない」
https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htmexit
27 ななしのよっしん
2021/12/13(月) 18:43:47 ID: p0T1v7p6sQ
赤字国債発行しだしたのは1975年だから
それ以前は借はしてても赤字ではなかったんだろう?
28 ななしのよっしん
2021/12/15(水) 20:45:31 ID: 1WNYCHZeB4
かなり根本的に、国債と、トヨタ自動車の社債はどう違うんだろう。

国債を出して、気に入らないを攻め落とす艦隊を出したり、運河を作ったりする。
成功すれば国債は買った人の配当になる。失敗した切れ。
それとは違う?

もう投資先がない。それが今の財政問題の、根本的な原因では?
29 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 06:47:07 ID: 5FEDy3fVjd
>>28
根本的な話を考えれば経済とは生産活動=消費活動という話になると思います

配当というのはつまりお金を受け取る事かと思いますが、
根本的な点としてお金と生産活動(消費活動)の関係を考える必要があると思います
つまりどうしてお金が必要なのかということですね

お金が必要なのは、それを々の欲する生産物と交換するためとなるでしょう
どれだけお金があっても生産物と交換できないような状態を切れと表現すると思います(ハイパーインフレ

ではお金と生産物を交換するために何が必要なのかと言うと、根本的にはお金の量ではないでしょう
大前提として十分な量の生産物があることが必要になると思います
30 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 07:11:36 ID: 5FEDy3fVjd
>>29の続き

さて、運河を整備したとして、どうして々はそこで得たお金パンを食べることができるのでしょうか?
運河を作ることとパンを作ることは全く別のことであり、運河を作っても直接的にパンは増えないでしょう

そこで重要なのは十分な量の食糧生産が確保できているかどうかでしょう
食糧生産を増やせるか、あるいは整備した運河で何らかの生産物を運んで他の場所のパンと交換するなどです
それらが出来なければパンが不足して高騰し、行くところまで行くとお金と交換できなくなるでしょう
戦後直後、食料を手に入れるために大事な着物田舎農家まで持っていった、という状況もあったと思います

投資とは生産活動を促す触媒に過ぎないでしょう
生産活動を無視して投資が先行する状態をバブルと呼び、バブル経済にとって避けるべき事と思います
31 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 07:24:17 ID: 5FEDy3fVjd
>国債と、トヨタ自動車の社債はどう違うんだろう。

国債と社債の違いについての視点は問題の根本を突いていると思います
私が危惧するある問題も絡んでくる話となるため非常に興味があります
それは日銀による資産購入(いわゆる買いオペ)との関係です
ただ、私もまだ不勉強なため、ここでは論点として提案するくらいしかできません
か教えてください)
32 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 20:00:32 ID: 1WNYCHZeB4
根本的には、「ルイ十四世が破産した」というのが、「六角義治破産した」「コダック社が破産した」そして「ギリシャ破産した」と、それぞれどう違うのか…と。
ルイ十四世。王。何度も破産、というか借を返せない宣言をした。
六角。まあどこでも、戦国大名の一つ。それなりの権を持つ大きい武装地
コダック。会社。
そしてギリシャ。現代の
そして現代日本のような、通貨発行権がある

何が違うんでしょう。