国債の貨幣化単語

コクサイノカヘイカ

国債の貨幣化とは、経済学における用で、政府が発行した自通貨建て国債中央銀行が直接引き受けて、国債を新規発行通貨に変えることをいう。

中央銀行国債直接引き受け」「マネタイゼーション(Monetization)」「財政ファイナンス」「ヘリコプターマネー(ヘリマネ)」といった類似表現がある。これらはすべて同じ意味を持つ。

デフレ脱却における最強経済政策である。インフレを強めるので、インフレ嫌いの人たちに口を極めて非難される政策でもある。

日本では財政法第5条によって規定されており、国会の議決があれば行うことができる。


一部の有識者は、買いオペレーション中央銀行民間機関の所有する国債を買い上げること)を「国債の貨幣化」と表現しており、用混乱が見られている。
 

概要

政府が発行する国債には、外貨建て国債と自通貨建て国債の2種類がある。このうち、自通貨建て国債中央銀行日本なら日本銀行アメリカ合衆国ならFRB)に直接引き受けさせて、国債を自通貨に変えてしまう。国家の持つ通貨発行権を行使して、新たに通貨を作り出し、世の中の通貨供給量を増やして、インフレを強める政策である。

新たに通貨を作り出して利益を得ることを「シニョレッジ(seigniorage)を得る」「通貨発行益を得る」と表現することもある。

日本においては、1929年頃からの昭和恐慌の際に当時大蔵大臣だった高橋是清exitが大規模に行った。当時は世界中でデフレを伴う恐慌となっていたが、国債の貨幣化を高橋是清が大規模に実行したことで、世界で最もデフレから脱出することに成功した。

緩やかなインフレを容認し、デフレ脱却を最優先すべきと論ずるリフレーション経済学者たちは、デフレ下における国債の貨幣化を強くすることがある。

強いインフレを掛ける政策なので、インフレ嫌いの人たち(インフレ恐怖症とも呼ばれる)が底的に敵視する政策であり、「禁じ手」「絶対にやってはいけない」「悪魔的手法」「日銀歴史の中で最も遺憾な政策」と常にしく非難される。
  

国債の貨幣化に関連する法律

国債の貨幣化が法に抵触しているかどうか、確認しておきたい。先に結論を言うと、禁止されてはいるが但し書きを付けて許可されている。このため、賛成も反対法律を持ち出して自分たちを正当化しようとする傾向がある。
 

財政法第5条

国債の貨幣化を扱うのは財政法第5条である。 

財政法第5条 すべて、債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た額の範囲内では、この限りでない。


条文の前半で、国債の貨幣化を禁じている。国債というのは中央銀行に引き受けさせてはならず、中の銀行などに売りさばくべきである、と定めている。これを「国債中消化の原則」という。

ところが、条文の後半で「ただし」とひるがえっている。国会の議決があれば、国債の貨幣化をしてよいと定めている。
 

憲法第83条、憲法第85条

財政法の上に位置する法というと、日本国憲法がある。憲法第七章は財政についての条文がまとめられており、いずれも「の財政は、国会が決める」と定めている。これを財政民主主義exitという。その中でも第83条と第85条は、財政民主主義を明確に定めている。

日本国憲法83条 の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。

日本国憲法85条 費を支出し、又はが債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。


これらの条文が、財政法第5条の後段の「ただし、国会の議決があれば、国債の貨幣化をしてよい」の根拠となっていると言える。
 

ヘリコプターマネーという言葉の由来

国債の貨幣化の類似表現には色々あるのだが、その中で最も面ユニークな表現は「ヘリコプターマネー(ヘリマネ)」だろう。

この言葉を流行らせたのは、ベン・バーナンキexit2006~2014年FRB議長。同職は日本日銀総裁に相当)である。

バーナンキの師匠ミルトン・フリードマンというノーベル経済学賞を受賞した経済学者なのだが、そのフリードマンが『貨幣の悪戯』という著書で寓話を書いた。その寓話を読んだバーナンキは、フリードマン90誕生日会で「デフレのためにはヘリコプターからお札をばらまけばよい」と発言した。

バーナンキの発言が面かったので、それ以降みんなが「ヘリコプターベン」「ヘリコプター印刷機」というあだ名でバーナンキを呼ぶようになった。

helicopter moneyと画像検索するとexit、面い画像が多くヒットする。もちろん、実際の政策においては、本当にヘリコプターでばらまくわけではなく、児童手当(子ども手当)のように銀行振り込みで行われる。とにかくお金をばらまいてデフレしよう、というものである。

ベンバーナンキは歴代FRB議長の中でも高く評価されている部類の人物である。そのバーナンキが言ったことなので、権威に弱い人は「ヘリコプターマネー(ヘリマネ)」という言葉を好んで用いる。
  

中央銀行が嫌がる

日本銀行は国債の貨幣化を非常に嫌がっており、1982~1986年に刊行した『日本銀行年史』の第4巻exitにて『遺憾な出来事』と表現している。遺憾というのは、日本人にとって最大級の非難である。 

国債の本行引受発行方式の実施は、本行の長い歴史の中でも、もっとも遺憾な事柄であったといえよう。(26ページ

昭和7年に本行が国債の本行引受け発行方式の実施に同意したことは、やがて本行からセントラル・バンキングの機を奪い去るプロセスの第一歩となったという意味において、まことに遺憾なことであった。これは本行年の歴史における最大の失敗であり、後年のわれわれが学ぶべき深刻な教訓を残したものといえよう。 (55~56ページ


なぜ、ここまで嫌がるのか。単なるインフレ恐怖症だというだけではなく、権闘争という意味合いがあるのである。

国債の貨幣化は、中央銀行独立性を失い、政府に従属する存在に成り下がることを意味する。政府国会の命じるまま通貨を発行させられ、言いなりの下となる。

政府国会に対して、独立性を保ちたい。言いなりにならず、突っりたい。己の権を保ちたい。そういう権欲が根底にあるので、日本銀行は国債の貨幣化に対して常に猛反対する。


中央銀行の総裁が「中央銀行独立性を尊重すべきだ」と発言し政府・議会の要を退けようとするのは、日本に限ったことではく、世界中で見られる。アメリカ合衆国FRB議長もそう発言することがある。
 

関連リンク

Wikipedia記事

コトバンク記事

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%81%AE%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E5%8C%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

国債の貨幣化

1 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 04:28:19 ID: J/aA7FYSuk
中央銀行政府子会社だからある程度従属してしまうのは仕方ないのでは
国債の直接引き受けが必要な状況ってがヤベー時なんだから独立性なんて維持ってる場合ではなさそうなんだけどな
2 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 21:29:35 ID: 8Ldrq2MFii
がやべー時に偽札ばらまいたって悪化するだけだわな
3 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 04:55:43 ID: J/aA7FYSuk
おいおいが発行する偽札ってなんだよ頭狂ってんのか
4 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 20:38:11 ID: X1G0Llxps3
>>2
大抵の場合他に方法がくてなし崩し的に行われるからな
効果はお察し
5 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 20:54:43 ID: t74ZPcN3D1
内閣総理大臣 織田信長』では、これに近い政策が2回ほど取り入れられている。
一つは、今年度の予算を本当にヘリコプターでばらまいてしまう。
もう一つは、国債全額返済するために大蔵総出で1万円札を8分の1ずつ切り取って新たなお札を作り上げる。
6 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 21:50:44 ID: 8Ldrq2MFii
なるほど 既存紙幣の切り貼りか
不透明で不健全で小学生並みの増発よりマシだな

急上昇ワード