地上絵単語

チジョウエ

地上絵とは、地面や丘の斜面などに、人の手によって描かれた図形のことである。

概要

土壌の表層を削ったり、石などを積んだりして描かれる。
ペルーに多くあることで知られており、中でも有名なのが、
世界遺産にも認定されている「ナスカの地上絵」。

1939年に考古学者のポール・コソック博士により発見された「ナスカの地上絵」には、
さまざまな動植物幾何学模様、直線などが描かれており、
中でも最大のの絵は全長285m、直線は長さ数kmに及ぶものもある、
世界一巨大なオーパーツとして知られている。

紀元前2世紀から6世紀のナスカ文化の時代に描かれたと考えられており、
作成意図は不明。
毎年数万人の観光客が訪れる、重な文化遺産であるが、
近年、自動車の侵入などによる損傷が問題となっている。

最近では、ナスカ地上絵近くのパルパの沿砂漠地帯で、
あらた25以上の地上絵が見つかり話題を呼んだ。
これはドローンの調により全容が把握できたものである。
人が立ち入れない場所から撮影できるドローンの存在は、
これからも新たな地上絵の発見・解明に役立つことがあるかもしれない。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E7%B5%B5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地上絵

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 地上絵についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード