地球教単語

チキュウキョウ

地球教とは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場勢である。本拠地は言うまでもなく地球
独立した国家ではなく、あくまで宗教またはテロ集団である。

地球教の教え

教義らしき教義は「地球なるもの」として崇めること以外に描写はない。
地球が故郷、地球が手に」、「異教徒に異教徒に死を」と唱えているシーンが多い。 

も存在しており、職者の物、妻帯はご法度のようである。もっとも、一般信者に対しては物による洗脳普通に行われており、その辺りの矛盾実在カルト教団と通じるものがある。

もともとは地球の人類をまとめ上げその既得権を回復するための方便であったが、作中の時代には手段の目的化が起きており、多くの信徒や職者たちは主観的には敬虔な信仰心を保っていた。例外はド・ヴィリエくらいなものであり、彼は狂信者として他の信徒を軽蔑していたという。

教団組織は総大主教を頂点とした宗教ではありふれた位階システムである。教、大教などの階級が確認できる。また、ド・ヴィリエ書記代理と言う役職についていた。拠点である地球は政祭一致の政治が行われており、実質的な自治権が認められて(と言うより帝国からは視されて)いた。

勢力

はもちろん地球が中心である。他の拠点としてはフェザーンオーディンにその存在が確認できる。ただし、フェザーンは建の経緯から第二の本拠地とも言えるが、一般人に浸透していると言う描写はあまりなく、 ボリス・コーネフを中心にその教徒の移送に従事しつつほとんど内実を知らない人間も多く存在した。自治領府の役人がデグスビイ教を軽く見て接するシーンもあり、あくまで上層部の一部のみにその関係を知られる程度だったようだ。

帝国内においてはその版図に地球が存在したため、相当根深く浸透している様子がうかがえる。
OVAではクロイツナ中でも布教活動を行っている様子。

実際に、ワーレン提督暗殺未遂、ヤン・ウェンリー暗殺、ウルヴァシー事件、炎上事件の下手人は全て現役の帝国軍人である。これほどの反帝国組織が秘密に存在していたことは驚きである。ただ、内安全保障局の局長であったハイドリッヒ・ラングはその前身である社会秩序維持局でも局長職にあったが、その組織については実際にほとんど情報を得ていなかった模様であり、旧帝国時代は全く軽視されていたことが分かる。おそらく、ラインハルト帝国が自分たちの伝統であった同盟との共倒れ政策の障になった時点で反帝国へとを切ったのだろう。

同盟内においては軍内部で信仰されていたと言う様子は存在しない。
市民レベルでは、クーデター前に公園戦争支持の行進を行っていた信徒を見たビュコックが「最近できた新興宗教」と評しており、その場にいたヤンらは全くその存在を知らなかった。ただし、軍隊外の組織でトリューニヒトの私兵であった憂騎士団には相当数の地球教徒が混じっており、救軍事会議クーデターにおいて彼を救ったのも地球教教徒たちである。これはに「帝国に支配されている聖地である地球を奪還する」と言う十字軍ヒロイズムが彼ら右の考えと相性が良かったからであろう。地球教としても、戦争を長引かせることで帝国・同盟のを疲弊させることが出来るため都合が良かったのかもしれない。その時代錯誤的なお題はヤンを呆れさせ、ビュコックも「テロ事件で支持を失った憂騎士団がを脱ぎかえただけ」と酷評し軽視していた。

その存在が重視されるのはユリアン地球からその情報を持ち帰ったあとで、しかもヤンは当初この情報を軽視しており自身で閲覧したのは大分後になってからだった。このことは後世の歴史からも批判されており、同時に結果論ではあるが命取りともなった。

作中では随一の悪の組織である。他にも悪と描かれている組織として帝国の門閥貴族があるが、彼らは同じ反動ではあっても時代的な仕方なさやある程度の正当性はあった描写も存在する。何より賊軍ではあってもテロリストではない。ひるがえって、地球教は千年近い前の既得権が的であり、手段も所詮はテロ以上のものではなかった。
一の救いは、ローエンラムユリアンらが心血を注いで認めさせたバーラト自治政府にとってしばらくは共通の敵となったと思われることであり、その協調路線に一定の貢献をしたくらいだろうか。彼らにとっては全くの不本意な結果であろうが。

歴史

成立まで

人類発祥の地・地球は、西暦2039年の13日間戦争とそれに続く90戦争の後も、なお人類社会の中心であった。
やがて、人類が宇宙に進出する時代となると、長年の開発で資を失った地球は植民を搾取する一種の特権階級的集団と化して行った。この体制に不満を持つ各系は、当時反地球の急先鋒であったシリウスを担ぎ上げる。
両者の衝突が回避不可能に陥ると、西暦2689年、地球シリウス先制攻撃を仕掛けた。世に言うシリウス戦役の始まりである。この戦いは地球側の圧倒的な勝利に終わり、余勢を駆って行われたラグランなど都市部の制圧では大規模な虐殺や略奪事件が発生した。

これによって地球覇権は揺るぎないものになるかと思われた。
しかし、虐殺事件に見舞われたラグランから「ラグラン・グループ」と呼ばれる抵抗組織が誕生。ブラックフラッグフォース(BFF)と呼ばれる叛乱軍に発展する。BFF側の優れた計略もあり地球軍は内部分裂を起こし、ヴェガ域会戦で大敗。西暦2704年、ついに地球は包囲の上で全面攻撃を受け壊滅、地球は人類の盟の座から転落した。

その後、廃墟となった地球では内戦が続き、見る間に衰退していった。
そして最終的に、地球至上義を掲げる地球教勢がこの朽ち果てた惑星の支配権を獲得したのだった。

成立から銀河帝国期・フェザーン成立へ

シリウス戦役の勝利者であった「ラグラン・グループ」も戦後内紛を起こし、の統一政体が再び誕生するのは西暦2801年、銀河連邦成立を待たねばならない。この年を宇宙元年とした銀河連邦は落ちぶれた地球宇宙開拓に乗り出し、人類の生存圏は劇的な広がりを見せた。この過程で、もはや地球は忘れられた存在となり、宇宙310年のルドルフ・フォン・ゴールデンバウムの登極の際も特に立った活動はしていない。

銀河連邦からも銀河帝国からも視された結果、地球は地球教の統治する半独立状態になった。そして自由惑星同盟との「遭遇」と全面戦争と言う事態を見て好機と考えたのか、活動を徐々に地球外部へと広げて行く。

帝国373年(宇宙682年)、地球出身の商人、レオポルド・ラープを通じてフェザーン自治領が成立する。
これには地球政府時代の資産が工作として流用されたと言う。地球の名前が歴史に現れるのは久々のことであったが、ラープが地球出身であること以外はその裏の存在は秘匿されていた。

その後もフェザーンには何かと影を持ち続けており、地球からの独立を模索した第4代自治領が暗殺されたり、地球教の支持を受けたアドリアン・ルビンスキーが後継者に擁立される、といった影には地球教の姿が見え隠れする。

フェザーン成立から壊滅まで

フェザーンはその経済と歴代領の優秀さもあり、巧みに両を削いで三立政策をすすめて行った。
しかし、建から100年ほど経った宇宙467年に帝国で生まれたラインハルトは、帝国内で武勲を立て487年に元帥へと昇進。その後の同盟による帝国領侵攻もはねのけ、帝国の門閥貴族との闘争にも勝利社会革を押しすすめを一気に増進させる。一方の同盟は帝国領侵攻の失敗とクーデターによって起こった内戦の結果、もはや帝国太刀打ちできないほど深刻なダメージを受けていた。

この状態を冷静に俯瞰した第5代自治領アドリアン・ルビンスキーは三立政策を断念。帝国に協して経済利権を確保。ついで、時間をかけて帝国内に地球教勢を浸食させて支配する、ローマ帝国キリスト教を範にした手法を地球教側に提案するが拒否される。しかし、ルビンスキーはこの計画を最終的に実行。これはラインハルトによる予想外フェザーン侵攻を招いてフェザーンは消滅。地球教は俗界における重要な手ごまの一つを喪失してしまう。

そのまま同盟をも併したラインハルト宇宙799年に皇帝に即位した。
焦った地球教はこの頃からテロ活動を活発化させる。同年にはハインリッヒ・フォン・キュンメルを使ってラインハルトの弑逆を図るがこれに失敗。背後関係を掴まれ、帝国軍の地球侵攻を呼び込んだ。同年7月、ついに地球教本部は総大主教を含む多数の信者を巻き込んで壊滅。脱出したド・ヴィリエ教らが後を継ぎ、テロ事件を継続する。

その後のな活動としては、ヤン・ウェンリー暗殺、ウルヴァシー事件とそれに続くロイエンタールの反乱事件、炎上事件などが挙げられる。単純なラインハルト排除を断念したド・ヴィリエによる、ラインハルト暴君に堕落させるための手であったようだが、結局は帝国を利する結果に終わってしまった。

最期のテロ事件はフェザーンに設けられていた仮皇宮への襲撃であり、それすら偽情報に踊らされたものだった。
フェザーン各地での同時多発テロとともに残る勢(ド・ヴィリエく『ここを襲撃した20名が最後』)を振り絞って行われたこの戦闘ユリアンらの活躍で鎮圧され、数年に渡って続いた地球教の暗躍は終わりを告げる。そして、その勢全に歴史上から殺されたのだった。

関連人物

関連動画

如何せん何のもないテロリストなのでゲームでもMADでもネタにしにくい……

関連項目

※作品中で言及のない実在・人物の追加はなる地球によって罰せられるべし

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%95%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地球教

58 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 09:21:22 ID: G6ouB++9DO
オウム信者警察自衛隊にいたって話、地球教みたいで怖い
59 ななしのよっしん
2018/09/23(日) 11:13:19 ID: UPFy3rZUTg
皇帝暗殺未遂
同盟残存勢導者を暗殺
内乱を起こさせて旧同盟領の総督を死亡させる
皇妃暗殺未遂
重要閣僚を殺

こいつら有能すぎねえか。
60 ななしのよっしん
2018/09/23(日) 16:44:20 ID: OeA1qZ41id
現代の非対称戦争みたいなものを想像できてたってことだね
61 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 16:11:26 ID: CjozWkO5Mf
地球教徒がテロやる際に必ず経典とかタスキとか持参してるのって「これらのなるものは風呂に入る時以外は肌身離さず持ってろ!」みたいな教義を叩きこまれた結果だと思ってたけど、もうひとつ、「犯行明」も兼ねてると考えても良いかな。
地球教徒にとってのテロ行為は「異教徒への戦」なので、そういった品を持参するのも現場に残すのも、ミスどころか宗教的な儀礼とデモンストレーションになるというか。
異教徒が冷静な頭で考えりゃ、狂気以外のなにものでもないけど。
62 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 12:49:53 ID: VVd706ZM9x
>>62
同盟や帝国を内部から疲弊・腐敗させたいという本来の意図から考えると、地球教の仕業だと拠を残すのは悪手でしかない(実際作中ではバレバレなせいでヘイト地球教に向いてしまってるし)けど、地球教徒の連中は幹部ですらお花畑思考だからそういう意識があるのかもしれないね

割とマトモ神経をしているド・ヴィリエからすると愚行の極みとしか思ってないだろうけど、あの人狂人達の中で全に孤立してるから信徒の思想を誘導するのも難しいのかも
63 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 11:18:11 ID: CjozWkO5Mf
バーラトの和約体制下で、キュンメル事件が起こらなかったらと仮定すると、同盟領内の地球教団はどういう活動方針を取ったんだろうか。
「同盟軍を復活させ、聖地地球を奪還する戦を始めよう! そのために、強大なと信仰心を持つ導者が必要だ!」
という宗教極右路線を取るのか、
「和が実現したことで、同盟の民は聖地地球とつながりを持てた。新帝国カイザー感謝を込めて恭順し、聖地巡礼の許しを得よう」
という対帝国従順路線を取るのか、どちらになったのか。
64 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 11:29:02 ID: CjozWkO5Mf
レス失礼。
>>62
いま思ったけど、テロリストの犯行現場への地球教グッズ持ち込みって、ド・ヴィリエ示だったかもしれない。
地球総本部壊滅後のド・ヴィリエ帝国治安当局との司法取引を狙っていたと仮定すると、一番怖いのが地球教徒から「背教者」と狙われ続けること。
だから、帝国治安当局、そしてヤン艦隊のコネクションにも地球教の犯行だと認識させて憎悪を煽り、「背教者狩り」を行うだろう連中をあらかじめ始末させてたんじゃないか。

もしそうだとすると、ド・ヴィリエゲームは、ヴェルゼーテ仮皇宮でユリアンたちと鉢合わせしなければ成功していたことになりそう。
65 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 10:45:48 ID: PN2EN630Gb
つーても、じゃあケスラー逮捕してたら司法取引を認めてたかと考えると……やっぱり詰んでんじゃね?
66 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 19:38:30 ID: d0Tqo6ODKR
本編時点で地球には何人住んでたんだろう
あと地球のどこかには一応産業とかそこそこの都市とかなかったんだろうか
67 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 19:56:39 ID: n3KwUIOHpG
限界集落みたいにどのインフラが機してないと思われるから、事実上地球教徒以外は居ないんじゃないか?
若くて行動あるは既に地球脱出してるだろうし、残されたのは地球脱出できる資い人で地球教に入信しなければ飢えて死ぬという感じではなかろうか
銀英伝世界では地球に生まれただけで人生詰んでいるって状況かと(地球で手に入れられる一の飲食物である地球教で配られてる物には、が入っているからなぁ)