編集  

地球温暖化単語

チキュウオンダンカ

地球温暖化とは、地球の大気や洋の温度が長期的に見た場合に上昇している事を表す。

はじめに

松岡修造が何かに対して熱く燃えていたとしても、周りの温度が上がるだけで厳密に言えば(恐らく)当てはまらない。

歴史上においては、気が温暖になったり寒冷になったりということが幾度となく繰り返されてきたと考えられており、「温暖化」は単に地球全体の気が温暖に変わる現すこともあるが、ここでは現在観測されていて将来的にも続くであろう事例について扱う。

もっと詳しく知りたい人はグーグル先生ウィキペディアアンサイクロペディアなどを頼ってください。

概要

19世紀後半以降、科学者によって地球の気の観測が続けられてきたが、20世紀後半に入ると、 太陽活動や火山活動の変化のみでは説明が付かない気変動が観測されるようになった。具体的には全球規模の気温、温の上昇、面の上昇、世界各地の氷河の後退などである。

20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガス二酸化炭素など)が因となって引き起こされているとする説が現在では有とされている。07年2月には国連の気変動に関する政府間パネルICPP)が発行した第4次評価報告書(AR4)によって膨大な量の科学的知見が集約された結果、人為的な温室効果ガス温暖化の原因である確率は9割をえると報告されている。このような報告が現在世界の動きの基礎となっている訳である。

簡単に言えば温室効果ガスとして有名な二酸化炭素赤外線の波長帯域に強い吸収帯を持つため、宇宙拡散するはずの熱を拡散させない。これにより地球上の温度が高くなっている訳である。更に、二酸化炭素動的に固定しない限り長期間に渡って影を及ぼす為、今後2030年以内の対策がその後を大きく左右するとされている。

温暖化による影としては面上昇・降量の変化・温度上昇により流行るい疾病の流行などが考えられている。しかし、

対策

 必要性

1988年アメリカ上院の聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常、とりわけ暑い気地球温暖化と関係していることは99%確率で正しい」という発言などから温暖化対策が急がれており、現在アメリカなど一部のを除いて京都議定書において定められた削減標を達成する為に努されている。

ここで注意したいのは、『地球環境のために』といってしまうとそれはエコではなくエゴになってしまう点だろう。『地球』からすれば、数百度の原始地球から下数十度の氷河期まで一通り経験しているわけだから、たかだか数度から十数度程度の温度変化は誤差範囲だろう。ここは自嘲と自を込めて『地球に対して人間の過ごしやすい環境を維持(あるいは強制)させるために』というべきではなかろうか?

一般的な方法

現在日本において行われているものとしては「省エネルッククールビズ」や「冷暖房温度の設定」などがある。的なものとしては、低廉な貸し自転車富山市を注いでいるLRT武蔵野のムーバスに代表されるコミュニティバスなど、自に代わる交通機関の整備が一部の自治体で行われている。その他にも二酸化炭素を排出しない自動車の開発や貨物輸送を鉄道シフトする(モーダルシフト)、省エネ電の普及、打ち水カーテンなど民間レベルでの努も行われている。

なお、冷暖房温度に関しては「冷暖房温度を設定しても、それが原子力発電所から来てるのか火力発電所から来てるのかが分かんないので末端で努しても意味がい」という意見も存在する他、クールビズに対しても「どんだけ薄着にしても暑いときは暑いから駄」と言う人もいるようである。また、クールビズの二匹ドジョウを狙った「ウォームビズ」は多くの人に忘れ去られている。

また、こういう人もいる。「自動車からのエコ替え、本当にエコなのは自転車に替えること」

2011年3月福島第一原子力発電所事故以来、節電のたる的は地球温暖化よりも電需要の逼迫に対応するものになっている。

日よけをつくる。(日経サイエンス 2009年 6月号から)

  • 成層圏に硫黄を供給する。 - が増加し、生態系が汚染される恐れがある。
  • 対流圏にミスト - 量が減る。効果が不明。
  • 宇宙太陽地球の間)に多数の円盤(人工的構造物)を設置 - 費用が約5兆ドル。建設に時間がかかる。(約30年)

懐疑論

この問題に関しては懐疑論も多く存在する。

もっとも温室効果を発揮している気体は蒸気であり、その割合は9割をえているため、二酸化炭素を多少減らしたところで全く意味がない。といった意見や、現在地球氷河期の中の間氷期にあたり、温暖期には現在地球均気温は数℃~十数℃高かったわけであるから異常と言うには値しない。また、地球の気温の変化は地球太陽間の距離によって左右される以上、地球上でなんらかのアクションを起こしても意味がない。一部では逆に面が低下しているというデータも存在している。などといったモノがある。

懐疑論の傾向はいくつかに絞られている。と学会会長山本弘氏の『"環境問題のウソ"のウソ』には、とてもわかりやすい解説がしてあったので引用する。

  • 懐疑論Lv.1:「地球温暖化に向かっているというのは本当か?」
  • 懐疑論Lv.2:「温暖化が本当だとして、その原因は人間が排出しているCO2なのか?」
  • 懐疑論Lv.3:「地球温暖化によって発生する被は深刻なものなのだろうか?」
  • 懐疑論Lv.4:「地球温暖化を食い止める努をすべきだろうか?」

これら懐疑論の多くは概ね否定できるもの、または信頼性に乏しいと考えられているものであり、近年の温暖化に対する人為的影を否定する際的・的な学術組織はいとしている。

ちなみに、山本弘氏は「素人の印を信じるな。専門の言うことにを傾けろ。」と著書で述べている。でも素人の意見が的を射ている事もあるかと・・・しかし彼自身が専門でない上、懐疑の専門のことをトンデモ扱いするので要注意。

また、専門の科学者達による、懐疑論への反論も行われている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96
ページ番号: 787137 リビジョン番号: 2533856
読み:チキュウオンダンカ
初版作成日: 08/12/21 15:16 ◆ 最終更新日: 17/10/20 01:45
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に再生可能エネルギー、社会問題追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

地球温暖化について語るスレ

735 : ななしのよっしん :2018/09/14(金) 16:59:31 ID: VqOn91+CLD
地球温暖化 
工場とかで二酸化炭素を出しまくっているせいで
二酸化炭素による温室効果で地球温暖化しているんだ

蒸気について調べてみる
蒸気は二酸化炭素える温室効果があるが
制御するのは困難
二酸化炭素が増えれば二酸化炭素による温室効果で
蒸気が増えるから二酸化炭素を減らす必要がある

似た内容になってませんね
上と下では犯が違っているように見えますね
736 : ななしのよっしん :2018/09/16(日) 14:28:02 ID: NMxWlLfQdU
>>735
犯ってなんだ?原因なら両方とも二酸化炭素だが。
737 : ななしのよっしん :2018/09/24(月) 11:24:11 ID: N2xvcqcuGG
>>731,733
確かに温度で見れば日光遮るだけで十分冷えるよな。
でも地球以外ではエネルギー授受が起きない疑似断熱系のイメージだから
にわか知識で太陽の熱量がどこ行ってるのか気になったんだわ。
エネルギー増えても体積増えれば温度は下がるから大気圏が膨らんでいってるのか?
738 : この人の意見は基本的に・・・ :2018/10/03(水) 21:42:45 ID: DAGhC1NKTT
>>737
対流圏の高度上昇とかあるけど、基本的には地球からの放射でバランスとってるよ。
温暖化すればそれだけ地表からの射が増える。
二酸化炭素の吸収-再放射で言えば、地表付近の温度が上がり、気温逓減率が一定であれば二酸化炭素からの放射はより高い場所からになるってのが真鍋モデル

実際のエネルギー収支は、現在は“+”になってる。
つまり、温室効果の上昇が速すぎて、気温上昇が追い付いていない状態。
過渡気応答、つまり予熱段階であり、今の二酸化炭素濃度でもあとコンマ数度は気温上昇するらしい。
人工衛星による測定で太陽からの入射エネルギー地球からの放射エネルギーは測定可で、ジェームズ・ハンセンのTEDでのスピーチにその結果が示されてた。
739 : ななしのよっしん :2018/10/10(水) 12:37:56 ID: hmNMWu8D1B
IPCCの報告で、1.5度上昇でサンゴのほとんどが死滅ってのが一番怖く感じた。
2030年てすぐやん・・・
740 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 14:02:57 ID: CFeKVVbhIF
産業革命以後90年台には0.7℃上昇だったのが今では1.0℃。2030年には1.5℃という予測は的外れではないと思う
ヒートアイランドではない山中の観測所でもそう出ているし、もう世界中の学者も温暖化自体は起きているのは前提で、その程度を議論している段階。100年間で1.5℃だけというと今の時代の人間には大した事ないが、長期的には100年で1.5℃「も」とも言える。人間は5℃も変わると体感温度の暑い寒いが変わるから数年後はの概念すら変わりうる。
しかも気温上昇が更なる自然上昇を呼び加速しているという摘もある。これだと今仮に上昇要因を阻止しても当分は止まらないし、加速の勢いが続けば1000年後は10倍は済まない可性も。
人類が崩壊する程度ならまだいいが、植物が死滅し再生不になったら後は全ての生命が死に絶えるまでノンストップで上昇し続ける。まあこれは最も過な説でできれば信じたくないが、だからといって鼻で笑えるほど根拠でもいので油断してると本当になるかもしれない。
741 : ななしのよっしん :2018/10/19(金) 10:34:37 ID: AhCIl0/g0L
ヒートアイランド現なんて都市部に限った話で、日本全体で熱波に襲われた今年の温暖化による異常以外のなにものでもない。
もう温暖化なんて言葉は当たり前すぎて、あえて取り上げること少ないけど。

パリ協定では1.5度未満に気温上昇を抑えることを標にしてるが、
本当に可なんだろうか。
NHKゴアは可と言っていたが、楽観的に感じた。
742 : ななしのよっしん :2018/11/28(水) 18:22:15 ID: KSRn9t1mI8
>>737
温度がある物は全てピカピってるんだ
赤外線色だから人のには見えないけど
つまり地表や大気の宇宙に絶えず逃げてる
のない夜空自然量の1/3は大気自体の発が担ってるとか
743 : ななしのよっしん :2018/12/04(火) 20:37:14 ID: O8EnfYxFL6
今や未来の確実な事はにも分からないから肯定否定が割れるのは良いんだが、
肯定側は信憑性はまちまちでも一応色んな根拠を挙げるのに対し、否定側は根拠を挙げる事が少なく、なんとなくや気だけで否定しているのが対等じゃないなと思う。
こんな割れ方をするようじゃ、行く所に行き着くまで動かないのは確定的で、もうを括って待つしかないんだと思う
744 : ななしのよっしん :2018/12/07(金) 13:22:44 ID: AhCIl0/g0L
https://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/ghgp/co2_trend.html
二酸化炭素の濃度は年々増えてる。いまは400ppmえたところ。
毎年下がったり上がったりの繰り返しだが、確実に上がってる。
ちなみに統計取り出した1958年では315ppm、産業革命が始まったころは280ppm。

カリフォルニア山火事温暖化が遠因。燥が進みかんばつが広がってる。
そこから来る燥したドライヤーのように火を煽る。
トランプはまったく聞くもたないが。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス