坂井悠二単語

サカイユウジ

坂井悠二とは、灼眼のシャナに登場するキャラクターである。声優CDでは森田成一アニメでは日野聡

概要

灼眼のシャナ』のもう一人の主人公物語の中ではシャナと並んで中心に位置する。
しかし関連商品など作品外ではシャナべて出番が少なく非常に影の薄い扱い。ドンマイ。

“存在の(この世に存在するための根エネルギー)”に変換されて死んだ人間から作られる代替物「トーチ」であり、トーチの中でも宝具を宿した特別なトーチ「ミステス」。
本物の『人間であった坂井悠二』は、当人もその代替物も気付かない間に既に死んでいた。登場してすぐに異世界人"世の徒"の襲撃に巻き込まれ、少女に助けられたと思っていたら――
お前はもう死んでいる

「今いるのは代替物」

「しかもそのうち記憶や跡も消えてくなる」
――的な宣告をされるという、北斗の拳雑魚モヒカンより酷い遇に陥る。

しかし、ミステスであったことを始めとする様々な偶然や必然、
二がシャナと名付けることになる名前のなかったフレイムヘイズの少女を始めとする出会いや戦い、
交流や鍛錬を通して、それらの遇と向き合い、変化や成長を重ねていく。

アニメ版では「UG」とファンから呼ばれることもある。が、アニメ版ではかなり性格に変更がされており、作品そのものも原作良い意味で悪い意味でも離れていることから、この呼称を嫌う(一緒にするな的な意味で)原作ファンも多い。

トーチ(ミステス)として

人間の代替物であるトーチは存在ので構成され、残された“存在の”を動にして動いたり意志を働かせ、
残されたの減少とともに意志や存在感を失っていき、いずれ燃え尽き消える。

代替物であっても普通人間のように代謝もあるし、傷を負って血を流したりもする。
だが本質はやはり人間でないの塊であるため、致命傷を負えばその時点で『人間の代替物』としての機を失って消滅し、組成に干渉すれば、分解や変形、精への干渉なども可
シャナとの出会いの際にっ二つにられても消滅しなかったのは、シャナにトーチ変形の術をあらかじめかけていたので、『られた形のトーチ』に変形しただけで済んだためである。

ミステスはこのようなの塊であるトーチに、灼眼のシャナ世界に存在する不思議物体『宝具』を宿したトーチのことで、
ミステスが消滅または燃え尽きると同時に、ミステスに宿っていた宝具はこの世のどこかのトーチにランダムで転移する。
二にも偶然宝具が転移してミステスになっており、宿っている宝具は宿を毎晩時に記録された初期値へと戻す『零時迷子』。
これによりいずれ燃え尽きるというトーチの宿命からは逃れられたが、否応なしに“世の徒”や異フレイムヘイズの戦いへと関わることになる。

性格

本質が感情の面にない、特殊な人格の持ち
物事に真剣に取り組めば取り組むほど冷静になり、頭が冴え渡る。
また、感情ではなく理屈で物を考え易い面があり、理屈が通っていれば感情をすぐに切り替えることが出来る場面も多い。
その反面、時には時で同じように対処をしているため、理屈がどうこうでない場面や、自分自身の感情(特に恋愛面)には非常に鈍く疎い。

それまでの平和な生活では「微妙に要領が良い」と称される程度にしか現れていなかったが、
世に関わる非日常の中で、周りの人間を助けるために自分の残された時間をすり減らすことを「捨てるんじゃない。生かすんだ」と言い切ったり、
を消滅させる『都喰らい』を企む敵からを守るために、自分の同類であり、感情的には「人間」と思っているトーチを消費する作戦を自ら立てるなどその特異的な人格が浮き彫りになっていき、
二自身もそういった人格があるからこそ生き残れていると自分で分かっているため、その面を伸ばしていくことになる。

もっとも、特異な人格であるとはいっても、元々がな生活を送っていたこともあって、感情や倫理などは人並みにはあり、
シャナがアメ玉をくれなかったことで子どもっぽい細な喧をしたり、自分よりはるかに強いシュドナイに対してハッタリをかました際、内心では物凄いビビっているなど、感情の機敏はそれなりにある。

関連動画

ニコニコチャンネル

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9D%82%E4%BA%95%E6%82%A0%E4%BA%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

坂井悠二

39 ななしのよっしん
2015/09/11(金) 14:36:16 ID: uUXvlggENJ
コイツの性格のそういう所が嫌いだけど、そういう所が好きだという人の意見も分からなくもない
40 ななしのよっしん
2016/03/25(金) 14:24:48 ID: I2IxoAWtrD
最近のツンデレ似非ダークヒーローじゃない
狂気にも似た信念を持ってる本物のダークヒーローって感じ
41 ななしのよっしん
2016/04/20(水) 01:35:04 ID: 8wktzOPzKO
1巻 フリアグネの都喰らいを阻止したい
トーチを消し去るのは嫌だが、トーチ潰しの策をシャナに伝える

14巻以降 世界中で発生する徒の被害を抑えたい
バルマスケの計画に乗って邪魔なフレイムヘイズを大量に排除した

実は考え方は初期から変わっていない。

アニメ劇場版では味方側の元人間が冷作戦を実行するのがまずかったようで変された。(1期第6話脚本が黒歴史)
その中でアニメ3期だけでも原作寄りの性格でやってくれたのは不幸中の幸いだった。

本人、ベルペオル、シュドナイの評価も高く、二は最終的にバルマスケとも仲良くなっていった。
42 ななしのよっしん
2016/04/29(金) 21:30:30 ID: oR+U/0+1N+
二の両親可哀そうすぎる
43 ななしのよっしん
2016/06/24(金) 10:13:04 ID: mv8E7BYrxF
ザナドゥでの活動もっと見たいわ
グランティカも使いこなす前に押し切られたし体ねえ
ワクワク要素がまだまだ残ってるのに
44 ななしのよっしん
2016/06/26(日) 21:03:20 ID: OMu3XduSX3
>>37
モブ相手には無双できるけど、さすがに強者を圧倒はできないって感じだよね

>>43
たしかに
新参VS古参戦争でも大活躍したみたいだし、むしろ二のストーリーはここからな気はするよね
45 ななしのよっしん
2016/07/04(月) 01:03:46 ID: J03aZBffXB
アニメ二が嫌いだからああなったというより
シャナとのりあいや、いかに恋愛要素を前面に押し出そうと試行錯誤した結果、原作ファンから見て明後日の方向に行ってしまった感じ
アニメ普通に好きだけど原作先読んだ人間から不評続出したのも頷けるわ
46 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 23:27:01 ID: /63sIYTWKb
原作二は好き嫌いわかれるのも理もないというか
自分の的のためなら邪魔するを殺すし、シャナのためならシャナを痛めつけて拘束するのもいとわない
新しい命ができたら自分がでていっても大丈夫だから両親とは別れるとか
世界を新しくつくろうとするさまを利用して自分の計画(御崎のトーチ復活)を進行するとか
やってることはRPGゲームラスボスみたいなもんだからねえ
最初から友人の命をわざわざ使うなら自分を使え(友達に手を出して欲しくない+その方が効率よかった)から自分の命も捨てる
相手の計画潰すためにトーチとはいえかろうじて生きてた人を殺していく選択もする
効率よく倒すためとはいえ老人のかっこうしてる化け物の首をへし折って倒すとか
よくよく考えるとすげぇ怖い一面をもってたキャラクター
それでもシャナ玉とりあうシーンとかボコボコにされて悔しくて泣くとか
成長を感じられるシーンがあるからこそ好きになれる
一見冷静冷酷にも思える二も実はセロリ食うと凄い顔になるらしいですよさん
47 ななしのよっしん
2017/03/30(木) 22:46:20 ID: UHVrRLfaDR
読者の感覚だと、祭礼ののが正しいことしてるようにも見えるけど、当事者の二は自分が正しいことをしてるなんて思ってないからな。いつまでも開き直らない姿にイライラしたって人は居たかもしれない。
48 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 12:10:06 ID: ldeEdsZS1p
は徒でしかも創造っていう性質だから悪いことしてないと思うのは仕方ない
それは行いが世界にとって+にしろ-にしろ絶対に変わらない
二は人間なんだから人を殺すのは悪いことだと思うのは当然だよ
でも計画が終わるまではめちゃくちゃ開き直ってたろ
そのあとに本来やってはいけない悪いことをしたその罰を受けるためにわりとまっとうな話だけど
色々ぐたぐた言ってシャナに「知るかボケッ!お前のこと愛してるんじゃ!」って止めれらただけで