坂口博信単語

サカグチヒロノブ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

坂口博信とは、日本ゲームクリエイターである。『ドラゴンクエスト』と並ぶ日本製の王道RPGファイナルファンタジー』の産みの親。横浜国立大学工学部電子情報工学中退

概要

PC~ファミコン初期

大学生の時に、電気工事会社「電友社」のソフトウェア部門であった「スクウェア」にアルバイトとして入社。

『ザ・デストラップ』『ウィル デストラップII』等のPCアドベンチャーゲーム製作した後、サンライズ(当時:日本サンライズ)と組んで革新的なフルアニメーションを導入したSFロボットRPGクルーズチェイサーブラスティー』を製作した後、プラットフォームをPCからファミコンに移行して『キングスナイト』を製作した。

※この間のスクウェア株式会社化に伴い、取締役企画開発部長に就任している。

ファイナルファンタジー~スクウェア黄金期

スクウェアD.O.G.を展開したり、坂口博信も伝説天才プログラマーナーシャ・ジベリ」と組んでファミコンソフト『飛び出せ大作戦』や『ハイウェイスター』を製作するも振るわず、当時ブームを巻き起こしていた『ドラゴンクエスト』によりファミコンでも本格RPGがつくれると確信した坂口博信は、「これで売れなければ最後」との思いと、『ウルティマ』を徹夜で遊んで解析までしていた経験を生かしてナーシャ・ジベリ河津秋敏植松伸夫らを率いて正統派RPGファイナルファンタジー』を製作した。

天野喜孝パッケージアートやキャラクターデザインった『ファイナルファンタジー』は、50万本の(当時としては)爆発ヒット作となり、その後『ファイナルファンタジーシリーズを7作まで手がけた他、『クロノ・トリガー』『フロントミッション』等の大ヒット作を手がけて、スクウェア黄金期を築くと共に、坂口博信もまたトップクリエイターの一人となった。

映画版FF~スクウェア退社

ヒット作連発でスクウェア黄金期を築いた坂口博信だったが、ファミコン以降はナーシャ・ジベリが離れた事等から特にグラフィッククオリティの高さをこれまで以上にめる様になり、『ファイナルファンタジーVII』においてプレイステーションをプラットフォームに選ぶ選択をした事等から、任天堂との蜜な関係に一旦終止符がうたれた事や、映像クオリティの高さをめた結果による開発コストの高騰、そして自らが総揮して160億円の制作費をかけたといわれるフル3DCG映画ファイナルファンタジー(映画)』の行が振るわなかった事からスクウェアの経営が悪化し、その責任を取るかたちで代表取締役社長を辞任し、スクウェアを退社。しばらくゲーム製作にかかわらない時期を過ごした。因みに、「映画的なおもしろさは本物の映画には絶対に勝てません」という彼の発言が、FF3発売前のファミマガに掲載されたことがある。現在FFは「ゲーム映画融合」という180度違う方向に向かって突き進んでいる。この数10年で彼に一体何があったのか、それはにもわからない(天才的なプログラマーナーシャ・ジベリが退社してしまった為という説がある)。おそらく当の本人は、この発言自体忘れている。

※業績が悪化したスクウェアと、ドラゴンクエストの発売の成否に価が影をうける不安定な状態だったエニックスの間で合併が話し合われて「スクウェア・エニックス」が誕生した。

ミストウォーカー設立~

3年程、クリエイターとしての第一線から身を引いていた坂口博信は、シナリオゲームデザインは自らが手がけるというポリシーの下、ゲーム製作会社「ミストウォーカー」を設立した。

RPGタイトル不在により敗れた事を繰り返さないようにと考えていたマイクロソフトとの間で鳥山明デザイン王道スタイルな『ブルードラゴン』、ハイデフの限界に挑んだ『ロストオデッセイ』のXbox 360ソフトタイトル製作した。Xbox 360の売上げを大きく牽引する程には至らなかったが、Xbox360を代表するRPGとなる。

ロストオデッセイ』の後にXbox 360リリース予定だった坂口博信初のアクションRPGクライオン』は、市場予測的に見通しが暗かったため開発中止となった。この中止のニュースは多くのファンを落胆させたが、それでも坂口博信は純ゲームクリエイターとして、ゲーム製作仕事を今も精的に続けている。『ロストオデッセイ』以後はニンテンドーDSでの作品をリリース

2010年WiiRPGラストストーリー』を発表。この作品では『ファイナルファンタジーV』以来18年ぶりにディレクターを務めている。
本作のプレゼンテーションで「ヒゲはなんて下手なんだ」という名言迷言が生まれた。

主な作品

スクウェア

ミストウォーカー

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%8D%9A%E4%BF%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

坂口博信

209 ななしのよっしん
2020/02/05(水) 03:16:58 ID: wgOAVf3eeW
>>206
残ってる北瀬とか黒本に間接的に関わった伊藤とか旧スクウェア時代でも大概な事やってるスタッフいたしなぁ
FF3ラスダンセーブの逸話もひっどい話ではある
210 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 12:37:19 ID: hAQ2lgi/8Z
坂口氏にはDQにずっといる堀井氏みたいにずっとFFにいて欲しかったって人多いの?
211 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 19:16:41 ID: 3yr5Ut9voj
スターウォーズジョージルーカスポジションよね。
生みの親から作品は離れていって、別の人たちの手で続編が作られるという…

次回作はiOS専用の『ファンタジア』らしい。
212 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 01:37:46 ID: NX0YHNaXeN
ミストウォーカーニュースレターに登録してるから、通知くるよね。
213 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 12:44:00 ID: NX0YHNaXeN
テラバトルお疲れ様でした。
次回作『FANTASIAN』楽しみにしています。
214 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 16:41:47 ID: kQUhXUnd9A
もう一咲かせて欲しい反面、ひっそり細細とやっているのもいいかなとも思ったり
7〜10世代だからFFていったらこの人の死生観・世界観のイメージが強いんだよな
映画版なんていうそびもあったし、坂口さんが抜けた後のFFも別物として楽しめてるけども
215 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 18:00:54 ID: NX0YHNaXeN
待ち遠しいなぁ。

坂口博信る新作「FANTASIAN」と「Apple Arcade」。「ストーリーキャラクターゲーム」への原点回帰
https://japanese.engadget.com/fantasian-apple-arcade-210033541.htmlexit
216 ななしのよっしん
2021/07/14(水) 10:38:26 ID: H8qkDFHZEz
FFシリーズハイファンタジーであってこそだと言って機械類が出てくることにアレルギー反応起こす人もいるけど、この人は魔法世界機械世界融合に肯定的なんだよな。


世界を創った存在」を、他のファンタジーものだったら偉い神様生物ポジションキャラの仕業にするところを、クリスタルライフストリーム(物質)などのガジェットによる影設定を推す人と考えると、魔法機械の一体化の思想を受け入れるのに納得する。

飛空艇は見た機械だけど大方のシリーズでは動自体はファンタジーだからこその設定(浮遊石、時の歯車など)で動いているのが面い。(一部シリーズ除く)
船体そのものだけ人工的で機械っぽいのは大方のシリーズ古代人や本編に出てくるエンジニア作ったからで、ちゃんと「人が乗るために、人に合わせ、人の手により作られた」からなんだよな。
FF4月の民製の飛空艇魔導船)なんか月の民のフレーバーだけに合わせて主人公側の感性を見越して作られてないせいでスゲー見たになっちゃってるじゃんね。FF9インビンシブルもテ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
217 ななしのよっしん
2021/07/20(火) 19:42:46 ID: 8mlBnGwxSz
見やすかったのでとりあえず内容は制作昔話

坂口博信(05:13~)
植松伸夫(15:27~)

スクエニチャンネルFFピクセルリマスター】発表会動画
https://www.youtube.com/watch?v=9NH4Xnp_NfAexit
218 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 03:27:39 ID: 4SHgi9Bq3K
昔のFFも全然ハイファンタジーじゃなかったけどな
海外ファンタジー(それも大部分はゲームから)をつまみ食いして日本化した考何もないライトななんちゃってファンタジー
世界観については今でいうなろう小説系とそこまで差はない
ファンタジーだとの肥えた本場のヨーロッパ発の作品に勝てるわけないし、積極的に独自路線を追求していった結果FF世界一生き残ったRPGになれたんだろう