坂本乙女単語

サカモトオトメ

坂本乙女とは、

  1. 坂本龍馬である。
  2. ドラマ3年B組金八先生」の登場人物。坂本金八。1.の人物にあやかり名付けられた。

概要

保3年(1832年)1月1日、土佐郷士坂本三女に生まれる。名前の読みは「とめ」とされることもある。

身長175センチ、体重110キロという、当時の女性としては非常に大柄な体格で、武術・学問・教養に優れ、幼い頃の坂本龍馬を亡に代わって厳しく躾た。

安政3年(1856年)、山内典医の結婚し、一男一女を生んだが、夫の素行不良が原因で慶応3年(1867年)に離婚し、実家に戻っている。

文久2年(1862年)のの際には肥前忠広を授けたという逸話がある。この逸話について、を授けたのは次女の栄であるという話が昭和中期に持ち上がったが、その後の調で栄は化2年(1845年)頃に死去していることが判明しているため、この逸話が事実だとすればを授けたのはやはり乙女であろうと考えられる。

後のと頻繁に手紙をやり取りしていることで知られ、「自分も一緒に活動したい」という内容の手紙を書いてにたしなめられている。

死後の慶応4年(1868年)、亡妻のおこと楢崎龍に引き取るが、お自身は坂本に居づらかったらしく、明治3年(1870年)にお坂本を出ている。おが回顧談でったところによると不仲だったのはの権とで、乙女には親切にしてもらったとある。

明治12年(1879年)8月31日死去。享年48

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E4%B9%99%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

坂本乙女

1 ななしのよっしん
2011/03/30(水) 12:58:01 ID: k4BfuuFoxj
金八先生じゃねーのか