埋没費用単語

マイボツヒヨウ
2.1千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

「埋没費用」とは、事業や品物に投資したお金のうち、どうあっても取り返せないものを言う。経済
サンク・コスト(sunk cost)ともいう。Wikipediaによる説明はこちらexit
要は「どこで見切りをつければ一番損をしなくて済むか」という話である。

概要

【具体例その1】

とあるゲーム(仮に価格¥6,000とする)が発売になったが、それがあまりにもつまらない場合、すぐにゲームを打ち切るか、それともゲームを続けるかが問題になる。

ゲームをすぐに打ち切った場合、最初に払ったゲーム代¥6,000は帰ってこないが、すぐに中古屋に売ることで(仮に¥4,000で売れたとすると)損を¥2,000で抑え、また「ゲームプレイするはずだった時間」を別のことに使うことが出来る。
対して、ゲームを続ける場合、ゲーム代¥6,000に加えて、「ゲームプレイする時間」をつまらないと思いながら浪費することになる。また、クリア後、時間が経った後に売る場合、買い取り価格はすぐに売る場合より下がっていることが多いため(仮に¥2,000とすると)、損した額はすぐに売った場合より上がってしまう。

この場合、最初に投資したゲーム代が「埋没費用」に当たる。多くの人は「元を取らなければ」「もっとプレイすればきっと面くなるはずだ」と考えて、面くもいのにグダグダゲームを続けてしまいがちであるが、これは経済学の観点から言うと非効率的な選択肢である。埋没費用を認め、適切な判断をしていくのは難しいことなのである。

上の例で言えば「ゲームの後半はとても面く、最後までプレイした結果満足でき、¥6,000の価値はあった」ということもあるであろう。しかし、それを以って埋没費用がゼロになった、というのはよくある誤解である。そのゲームが面かろうが面くなかろうが、「その埋没費用は既に発生していて、取り返しがつかなくなっている」のである。

上記ではクソゲーを前提として解説したが、埋没費用はあくまでその投資に対する「費用の回収可性があるかどうか」で判断されるため、ゲームに対する満足度はここでは関係ない。クソゲーだろうが神ゲーだろうが銭的な利益は発生しないので購入費用を取り返すことは出来ないし、時間や労も同様である。
即ち、この場合における埋没費用が全く発生しないケースとは、「そのゲームを最初から買わなかった」場合だけ(ごく稀なケースとして「ゲームプレミアが付いて購入価格以上の値で売れた場合」もあり得るが、これはプレイ的でなく投機的のときに考えるべきことである)であり、買った後の効果は「埋没費用」ではなく、「効用」や「満足度」という別の尺度で測られていくこととなる。まあ大体の場合最後までクソゲークソゲーだが。

このように、そもそもその商品やサービスを買わないことで埋没費用を避けることが出来ることもある反面、逆に買わなかったことでその人にとっての満足を得られなかった、というデメリットが発生してしまうこともある。

【具体例その2】

とあるオンラインゲーム(初期価格¥6,000、額¥1,000)をプレイし、それがつまらなかった時のことを考える。具体例1と同様に、最初のゲーム代は埋没費用であるが、オンラインゲームの場合はパッチアップデートによってゲーム内容が善することがあるため、多くのプレイヤーアップデートが来るまで待ち、問題を先送りすることになる。

後のアップデートゲーム内容が善した場合、それまでに払い続けた額は損にはならないが、アップデートゲーム善しない場合もある。しかし、善しようがしまいが、回収不能な料を払い続けている以上、ゲームを続ければ続けるほど、料を支払った分だけ埋没費用は上がっていくことになる。
この場合、そのゲームを「解約する」ことが、その後の埋没費用を発生させないための一の手段となる。

……ここまで読んだ方にはもうおわかりだろうが、埋没費用という考え方は「投資したものを回収できるか」に焦点を絞ったものであるため、投資するものと見返りとしてめるものが異なる場合には、投資した額全てが丸ごと回収不可能と断じられてしまう。「投資した額に見合った見返りが得られたか」で判断するコストパフォーマンスの考え方とは根本的に異なることを留意すべきである。

余談

本来の埋没費用の定義とは多少異なるものの、一般に「信者」と呼ばれ、盲目的に好きな物に投資を続ける人は、この引き際を間違っている場合が多い。そのものが本当に好きなうちは良いけれど、ブームが去り、熱が覚めた後で見返した時、自分の投資は埋没費用だらけだったことに気づいたりもする。

逆に、「アンチ」でも埋没費用だらけなこともある。批判のために投資し、批判のために粘着する。いくら粘着しても一度した損は帰ってこないはずなのだが、にもかかわらず、批判に掛ける時間までも浪費していることも多い。

あなたも自分が駄な埋没費用を出していないか、一度冷静になって振り返ってみるのもいいのではないだろうか。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

埋没費用

95 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 06:05:28 ID: o/0G3D/wpg
人間には、自分の欲求が満たされないような状況になると、その不満を解消するため行動や考えを肯定的に代える心理作用(認知的不協和)がある。
これもサンクコストを切り捨てられない一因なのではないだろうか。


96 ななしのよっしん
2021/03/26(金) 20:35:26 ID: KQVUXgVtIB
ロボットAIなら切り捨てるのなんて造作もいんだけど、感情をはじめとした情がある人間からこそ簡単に切れない大変さがあるともいう
97 削除しました
削除しました ID: VsnXI0bzzb
削除しました
98 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 09:10:00 ID: pBXQMo3Typ
クレーンゲームとか分かりやすいよな。
入れたお金は回収できない。
合理的に考えたら中断すべきなのに、とるまで引き下がれなくなる。
で、結局ヤフオクで買うほうが安くなったりなーw
99 ななしのよっしん
2022/03/12(土) 18:15:48 ID: X97WKxioHr
ゲームって実物なら中古で売って損失補えるけどDL購入なら泣き寝入りしかなくね?
steamなら購入後数時間なら返品できるらしいがどこも備えてる機ではないし
今は最悪動画で済ますこともできるけど期待度のある作品をそれで済ますかってなるとな
100 ななしのよっしん
2022/06/05(日) 02:09:33 ID: gL6Y91OJPl
>>91
三菱飛行機の方はサンクコスト上等で作ってた(採算性より旅客機製造ノウハウが欲しかった)けど、向かい風が酷すぎてもうサンクコスト上等とすらも言えなくなった感じだな。
101 ななしのよっしん
2022/06/29(水) 00:09:37 ID: PqzF/pgtJs
スマホゲー以外死んでくわけだ
102 ななしのよっしん
2022/07/18(月) 11:49:54 ID: WOhSy9aO59
多くの人は「元を取らなければ」「もっと課金すればきっと面くなるはずだ」と考えて、面くもいのにグダグダ課金を続けてしまいがちであるが、これは経済学の観点から言うと非効率的な選択肢である。埋没費用を認め、適切な判断をしていくのは難しいことなのである。

ガチャにも置き換えできるな
103 ななしのよっしん
2022/09/12(月) 23:52:45 ID: QPa4iW88ZU
パチンコ屋に「コンコルド」という店があるとか悪意を感じるね
104 ななしのよっしん
2022/10/11(火) 20:41:04 ID: 30OY0TtAQM
ようは悩むならその時点でやめる選択をせよだな