堂安律単語

ドウアンリツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

堂安律(どうあん りつ)とは、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手である。ドイツアルミニア・ビーレフェルト所属。

1998年6月16日生まれ。身長172cm70kg。ポジションMFサイドハーフオフェンシブハーフ)。

概要

3人兄弟の末っ子として生まれ、2人のの影もあって3歳の頃からサッカーを始める。10歳の時に兵庫県の強少年サッカーチームの西宮SSに加入。中学進学の際、複数のJリーグジュニアユースチームから誘われ、その中から選択したガンバ大阪ジュニアユースへ入団。2012年には史上初となるU-15世代での全3冠を達成。かつて所属していた同じ左利き長昭博の再来として注される。

その後、ガンバ大阪ユースに昇格すると、高校2年生となった2015年トップチームに2種登録され、5月27日ACL決勝トーナメント1回戦FCソウル戦で公式デビュー。さらに、6月3日J1第10節鹿島アントラーズ戦で宇佐美貴史の持つ記録を塗り替える16歳11か18日というクラブ史上最年少でのリーグデビューを果たす。さらに、この年の11月には翌シーズンから飛び級トップチームに昇格することが内定。

2016年J3に所属するセカンドチームガンバ大阪U-23でプレーすることが多かった。J3第2節のグルジャ盛戦で公式戦初ゴールを決めると、J321試合出場して10ゴールを記録。また、この年出場したAFC U-19選手権での活躍が認められ、アジア年間最優秀ユース選手賞に選ばれる。2017年になると、トップチームでの出場機会が増え、第8節の大宮アルディージャ戦ではJ1ゴールを含む2ゴールの活躍を見せる。

2017年6月23日オランダ1部(エールディヴィジ)のFCフローニンゲンへの期限付き移籍が発表される。本人の海外志向が強かったこともあり、19歳での海外移籍実現となった。開幕からスタメンで起用されると、第7節のズヴォレ戦でエールディヴィジでの初ゴールを記録。その後もチームの中心選手として活躍し、1年シーズンカップ戦を含めた公式31試合に出場し10ゴールという記録を残す。この活躍が評価され、フローニンゲンへの全移籍が決まり、2018-2019シーズンからは背番号が7に変わる。2シーズンコンスタントに活躍し、さらなるステップアップを期待するが大きくなる。

2019年8月27日オランダの名門クラブであるPSVアイントホーフェンへの全移籍が決定。移籍750万ユーロと伝えられている。シーズン前半は出場機会が与えられ、第8節ズヴォレ戦で移籍後初ゴールを決めるが、マルクファン・ボメル監督が解任されたこともあり出場機会が減り、自身も周囲を納得させるようなパフォーマンスを見せられず、オランダからは「期待外れの契約11人」に選出されてしまう。

2020年9月5日ドイツブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトへの期限付き移籍が発表される。背番号は「8」。オランダ時代よりもインサイド寄りの位置で起用され、開幕からスタメンの座を掴むと、10月18日おこなわれた第4節王者バイエルン・ミュンヘン戦で利き足とは逆の右足でのゴールを決め、ブンデスリーガゴールを記録する。2021年1月20日の第17節では、遠藤航が居るVfBシュトゥットガルト戦では後半41分のゴールも含めて3ゴール全てに絡む大活躍を見せ、この試合のMOMに選出される。

日本代表

2014年U-16日本代表に選出され、9月AFC U-16アジア選手権2014に出場。このときは準々決勝で韓国に敗れ、世界への切符を逃すこととなった。ちなみにこのときは左サイドバックで起用されている。

2016年10月には、U-19日本代表メンバーとしてAFC U-19アジア選手権2016に出場。準決勝を除く5試合に出場し、日本の初優勝に貢献。特に、U-20ワールドカップ出場権獲得がかかった準々決勝のタジキスタン戦では1ゴール1ゴールの活躍。この大会のMVPに選出され、この年のアジア年間最優秀ユース選手賞に選ばれている。
2017年5月韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップ2017に出場。初戦の南アフリカ戦で逆転ゴールを決めたのに続き、第3戦のイタリア戦では2ゴールを決める活躍でグループリーグ突破に貢献。決勝トーナメント1回戦でエクアドルに敗れたものの、4試合3得点の活躍によって後のオランダ移籍のきっかけを作る。

2018年8月日本代表メンバーに初選出され、9月11日コスタリカ戦でフル代表デビューを果たすと、10月16日ウルグアイ戦では代表初ゴールを飾る。以降、森保一監督からはチームとして起用され、中島翔哉南野拓実とともに新ビッグ3と呼ばれるようになる。
2019年1月に開催されたAFCアジアカップ 2019のメンバーにも選ばれ、初戦となったトルクメニスタン戦でゴールを決める。準々決勝のベトナム戦では相手の堅守の前に予想外の苦戦を強いられる中、後半12分に値千の決勝ゴールを決めている。大会6試合中5試合にスタメンで出場し、2得点という数字は残したが、大会を通したパフォーマンスはやや不本意なものとなり、チームも準優勝という結果となった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2015 ガンバ大阪 J1 2 0
2016 ガンバ大阪 J1 3 0
2017 ガンバ大阪 J1 10 3
2017-18 フローニンゲンloan) エールディヴィジ 29 9
2018-19 フローニンゲン エールディヴィジ 32 5

2019-20
フローニンゲン エールディヴィジ 2 1
PSVアイントホーフェン エールディヴィジ 21 2
2020-21 ビーレフェルトloan) ブンデスリーガ

プレースタイル

重心が低いドリブルで果敢に仕掛けるドリブラーで、ターンが鋭く、スピードに乗りながら走る方向を変えることができ、に右サイドからのカットインを得意としている。トップスピードはそこまで速いわけではないため、ボールの扱いで相手を抜くタイプである。左利きであるが、右でもボールを扱うことができるため、ボールを持つ足を変えてリズムを変化させるドリブルを使用する。また、ボディバランスに優れているため、相手を背負った状態からボールキープしつつドリブルを開始して前を向くことができる。日本人ではしいタイプのドリブラーで、同じガンバ大阪の下部組織出身である長昭博に近いタイプである。

スピードに乗りながらの左足のシュートも得意とするため、得点も高い。右サイドからカットインしながらファサイドカーブをかけたシュートを決めるのがもっとも得意なゴールパターンである。

一方、右アウトサイドプレーすることが多い割には縦に仕掛けてからのクロスが得意ではない。そのため、中へ入り過ぎる傾向があり、チームを窮屈にさせてしまう要因になることも。また、キープに優れる反面、プレー判断が遅いため周囲の動きを速に察知することができず、球離れが悪くなりプレースピードを遅らせてしまう。

本来はトップ下の選手であるため、横幅を使う意識が低く、スペースよりも密集地帯でのプレーのほうが持ち味を生かしやすい。

エピソード

3つ上のの堂安憂もプロサッカー選手であり、セレッソ大阪アカデミー出身。2018年2019年AC長野パルセイロに所属。2020年からは関西1部リーグおこしやす京都ACプレーしている。

小学生の頃にが所属するセレッソ大阪のセレクションに落ちた経験があり、このとき「セレッソからオファーが届くような選手になっても1で断る」と決めている。実際、中学時代進学の時、C大阪ジュニアユースからのオファーを断っている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A0%82%E5%AE%89%E5%BE%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

堂安律

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 堂安律についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ちらし寿司 ドラゴン桜 雛祭り NTT 清水佐紀 福原愛 桃の節句 菅谷政子