境井仁単語

サカイジン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

「誉れはで死にました……!」

境井仁とは、PS4ソフトGhost of Tsushima」の主人公である。

演:ダイスケ・ツジ  日本語声優中井和哉

概要

対馬地頭志村に仕える若き武士古(モンゴル帝国)襲来の折、これを迎え撃つべく小茂田・佐須において対馬の武と郎党とともに奮戦するも、最新の火器を用いた戦術や、日本武士の性質を事前把握していた古の戦いで大敗。

友人や郎党は敗死し、総大将たる志村は虜囚に。自らも尽きるが、運命の悪戯か、一命を取り留めた仁は、伯父を救い、対馬武者のを討ち、なにより辜の民を救うべく、再び戦いに身を投じる──。

人物

非常に生で実直、伯父陶か、若くして自制心が強く、勇猛で明正大たらんとし、卑劣な行いを唾棄するなど、後世の人間イメージする「」そのもの。

しかし、対馬休憩スポットである秘湯では年相応の青年らしい一面を見せる。「果物一杯食いたい」「強いとおなごがほしい」という俗っぽい一言は、古との戦いでささくれ立ったプレイヤーの清剤。たまに「ハーンを焼き殺そっかな、溺れ死なそっかな」なんてNot honorなことをく。誉れはどうした!

そして何より「戦えぬ民を守る」という一念が強く、古の戦いの傍ら、対馬を巡り、流民の窮状を見かねて解決の為に方々を飛び回る。七代続く名門の嫡男としては、百姓に対して礼を尽くしており。彼らに降り注ぐ火の粉を払えず、非業の死を迎えたことを責められても、潔く己の責として認め、荒れる民を諭すことからも民に寄り添う姿勢が認められる。

反面、育ちの良さからか人心に疎く、とくに武──ひいては軍事貴族としての領地経営者の体面や規範の体現者としての振る舞いには頓着で、それが物語後半において、厄災として自身に降りかかることとなる。

としての戦闘は申し分ない。太刀打刀)や術、術は論のこと、大いながらの如く岩肌や木の枝を縦横尽に飛び回り、古の扱う火器や兵具を巧みに使いこなし、果ては伝承扱いされる秘伝の武術や、縁もない盗の足さばきなどを見ただけで扱えるという、恵まれた身体に起因するであろう才覚を有する。

ちなみに日本語版のみ、諱(本名)は「ひとし」であり、当時の世相では身内や近しい者以外に諱を読ませることはないため通称である「じん」と呼ばせているという設定がある。

過去

上県青海村を所領とする武井正(さかい ただし)と、地頭志村の間に生まれる。

幼少期は落ち着きがなく、一日中幼馴染と檀ノの戦いごっこに明け暮れたり、女物の着物を着てふざけたり、舟で壱岐まで行こうとするなど、年相応のやんちゃぶりであった。

しかしある日、井屋形に賊が押し入った際にが窮地に立たされるも、恐怖に駆られを見殺しにしてしまう。

悔恨と不甲斐なさから、の形見たるの前にひれ伏し許しを乞い、荼毘にされる遺体の前でも頑なに己を責める痛ましさからか、伯父志村は発破をかけ、甥として、息子代わりとして自らの塞へ仁を招き入れる。

以降は志村に師事し、勇猛、信義、節制を示すため武士としての鍛練に明け暮れる。

の死は元して尚根強いトラウマとして残っており、秘湯での独白でもいまだに臆病な自分を責めている。

加えて人格形成において重大なピースである死亡し、伯父志村がその役を担ってからは「君」「師」「」として崇拝に近い尊敬の念を抱いており、志村の示す「武士として勇敢に、正々堂々と戦うこと」「虚に乗ずるは臆病の印、命を奪うときも誉れと情けを以て相手を見据えること」を第一原則とし、卑劣な行い、武士の誉れに背く行為を厭う。

冥府から甦った闇の武者

かくして小茂田での大敗ののち、盗「ゆな」の手引きにより一命を取り留め、塞「金田」において捕えられた志村を救出すべく、古総大将コトゥン・ハーン」と相対するも、またしても大敗を喫し、守閣を繋ぐ大橋から落とされる。

命こそ奪われなかったものの、戦士として討ち死出来ず、武士の誉れに上塗りされた恥を濯ぐこともかなわず、途方にくれる仁へゆなは

死んじまったら元も子もないだろ。生きるためなら何だってやらなきゃ

──と、もかくやたる気迫と音で仁へ諭す。

武士としての戦法が古に通用しないと悟った仁は、以降ゆなとともに古の戦いへ身を投じる傍ら、敵の戦法や兵具の扱いを吸収し、場合によっては盗顔負けの闇討ちや隠密など「誉れ」に反した戦い方を選ぶことになる。

闇に乗じて寝首を掻けば、一人……また一人と敵は消え、を迎えれば敵は屍山築かれ血河流れる地獄と化す。

正面からり結べば、剣、戟、、果ては大もことごとく断ちり、さながらが人を貪り喰らうが如く。

民は「お様の戦い方じゃない」と戦慄し、古は「本物の、不死身」と恐怖する。

やがて噂は独り歩きし、こう唱われることとなる。

夷狄から対馬を救うため、府から甦った伝説

対馬人」(Ghost of Tsushima)と──。

その行いに"誉れ"はあるか

Ghost of Tsushimaマルチエンディング要素はあるが、プレイスタイルで分岐することはない。

として正々堂々戦うか、人として闇に乗じて戦うか、一切がプレイヤーに委ねられる。

しかしとして正面から戦えば、四方八方を古に囲まれ、や、果ては火器や猟が飛んできて常に苦戦を強いられる。

人として寝首を掻き、巧みに暗器を使いこなせば事は有利に運ぶが、敵を闇に葬り非な手管で敵を片付ける快感に溺れることになる。

プレイスタイル物語は分岐しない。

故にプレイヤーへと常に問いかける。

「その行いに"誉れ"はあるか──?」と。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A2%83%E4%BA%95%E4%BB%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

境井仁

1 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 18:56:35 ID: xRXNuw5Omw
()の部分いらんくね
2 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 20:35:18 ID: WzPo2Y6zsm
>>1
摘痛み入ります。訂正し申した。
3 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 13:07:25 ID: Sz2Bfv3FWx
民想いで自分に頓着、身分差をそこまで気にせず、いざとなれば汚れ役を厭わない
本来なら美点になりそうなポイントが尽く後半裏に出ちゃうんだよな仁
4 ななしのよっしん
2021/07/20(火) 00:20:01 ID: 4ZXubX1ol0
そこがツシマの上手いところよ
単なる勧善懲悪で終わらない
ラスト人の戦いぶりを見た対馬の住人が本土の統治者と内乱に発展する未来で終わらせたのは