売りオペレーション単語

ウリオペレーション

売りオペレーション売りオペ)とは、中央銀行が行う融政策の1つである。

反対買いオペレーション買いオペ)。
 

概要

中央銀行は、債券市場に参入して、民間機関を相手に国債などの有価券を売買することがある。これを市場操作という。

中央銀行民間銀行国債を売ることを売りオペレーション売りオペ)という。売りオペにより、民間銀行が所有する日銀当座預金が減るので、民間銀行企業計に対して融資しにくい状況になり、デフレを高めてインフレ退治する効果が期待できる。

民間銀行日銀当座預金を引き出して企業計へ貸し出しているわけではない。しかしながら民間銀行にとって、日銀当座預金が減ると、企業計に貸し出し可な額が一気に減ってしまう。

準備預制度というものがあり、民間銀行の貸し出し可額は、日銀当座預金の額によって決まる。日銀当座預金が少ないと貸し出し可額が少なくなり、日銀当座預金が多くなると貸し出し可額が多くなる。(信用創造の記事でそのことが解説されている)


マネタリーベースベースマネー)(ハイパワードマネー)という経済学がある。マネタリーベースとは、現通貨日銀当座預金を合計したものである。ゆえに「売りオペでマネタリーベースが減少する」といった表現をすることができる。
  

関連Wikipedia記事

関連コトバンク記事

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

売りオペレーション

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 売りオペレーションについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!