変身忍者 嵐単語

ヘンシンニンジャアラシ

変身忍者嵐は、元血党の忍者ハヤテだ。
党はハヤテが作った化身忍者を操り、日本を企む。
ハヤテは、の過ちを償い、日本平和のため、自ら変身忍者嵐となり、血党と戦うのだ。


特撮版『変身忍者 嵐』第2~5話OPナレーションより

『変身忍者 嵐』とは、東映毎日放送製作特撮作品である。

概要

時代劇の要素を取り入れた変身ヒーロー作品。1972年4月7日から1973年2月23日にかけて、全47話が放送された。『仮面ライダー』のヒットを受けて制作された作品であり、原作者、制作局、メインライター監督ナレーターも『仮面ライダー』と一緒。

当初はまさに「時代劇仮面ライダー」といった話作りだったが、同日に放送開始した裏番組『ウルトラマンA』の影で視聴率は苦戦。その後数々のテコ入れが加えられ、ストーリー二転三転している。21話で敵怪人が化身忍者から西洋妖怪に変更され、第3クールでは忍者大秘巻の争奪戦、第4クールではハヤテ捜しがメインに置かれた。 さらには話題作りとして高見山ファイティング原田沢村忠といった現代の有名人が本人役としてゲスト出演している。実現することはなかったが、仮面ライダーが登場する案も検討されていたらしい。

あらすじ

時は江戸時代忍者集団"血党"の首領・魔神斎は、十が編み出した「人間変身の法」で化身忍者を生み出し、日本を企んでいた。 それを知った十の息子ハヤテはその野望を止めるべくに志願し、変身忍者」となった。

脱走の際にハヤテを亡くすが、同じく血党に立ち向かうタツマキたち3人の忍者と出会い、血党との戦いのに出ることになる。

主な登場人物

ハヤテとその仲間、関係者

ハヤテ (演:南也、市川治39話~))
主人公。血党の首領・魔神斎に仕える一族の生まれだが、魔神斎の野望を知って反旗を翻す。血党壊滅を的に日本する。当初はタツマキ以外に自分の正体を隠していたが、18話においてやむを得ぬ状況下でツムジたちにも知られることになる。
変身忍者 嵐 (:南也、池水通洋
ハヤテが「人間変身の法」により姿を変えた変身忍者猛禽類特性を備えているらしく、羽根を使った羽根隠れや羽根分身を始めとした様々な術を使う。必殺技・速を用いた「秘影写し」や「り」。第4クールからは武器を十手状のバトンに変更し、必殺技から放つ「正義線・ガンビーム」を用いるようになった。
「吹けよ!」の叫びの後にの鍔を鳴らし、その特殊な振動で神経異常活動させて体細胞配列を組み替えることで変身する。この長すぎる変身シーンは徐々に簡略化されていき、最終的に「変身!」の掛けポーズのみで変身するようになった。
ハヤブサオー
ハヤテ。普段はだが、ハヤテ変身と共に仮面を付けた変身する。エンディングで毎回歌われているものの、20話で降
タツマキ (演:牧吉)
忍者江戸幕府の命を受けて血党を調していた際にハヤテと知り合い、彼のに同行するようになる。化身忍者や西洋妖怪には及ばないものの、数々の術を使いこなす。
ちなみに演じた牧氏は『仮面の忍者 赤影』で影を演じている。
ツムジ (演:松葉
タツマキ息子で、カスミ。やんちゃな性格で、それ故しばしば敵のにはまることも。ハヤテを慕っており、賀の里へ帰った後にハヤテを追って再びに出る。
カスミ (演:寛子)
タツマキで、ツムジの術の他に医学を学んでいる。ハヤテから貰った横笛涼風は吹くと特殊な音波が発生し、速と共鳴してハヤテ危機を知らせる。役者スケジュールの都合により、中盤で降
ノ輪 (市川治
西洋妖怪を追って来日した仮面士。西洋妖怪に苦戦するハヤテたちの前に度々現れ助言や加勢をする。その正体はハヤテ双子・フユテであり、正体を明かした直後、に落ちたハヤテを救うため彼と合体する。デザインモチーフツキノワグマ
カゲリ (演:菊容子
党随一と呼ばれていた十郎の父親と共に抜けになったことで血党に追われ、を殺された一件からハヤテに協するようになる。
ツユハ (演:佐伯美奈子)
カゲリのと共にハヤテに協する。
イタチ小僧 (演:潮健児
少し(?)間の抜けた泥棒。カゲリに惚れており、それ故にしばしばハヤテたちに協する。
十 (演:高松英郎)
ハヤテ変身忍者・化身忍者を作り出す"人間変身の法"を編み出したが、魔神斎たちの企みに反発し血党を脱走。化身忍者に対抗するためにハヤテ変身忍者改造するも、自らが生み出した化身忍者うつぼに殺されてしまう。
シノブ (演:工藤房子)
ハヤテ大魔王サタンの秘密をハヤテに伝えたことで呪いをかけられ、盲目になると同時にハヤテ変身する度に地獄の苦しみを味わうようになってしまう。

血車党

魔神斎 (納谷悟朗
党の頭領で、化身忍者を使って日本制服を企む。
丸 (演:曽根美)
党の上。その名の通り頭蓋が露出したような顔をしている。
化身忍者
秘術「人間変身の法」により生み出される怪忍者動物昆虫特性を活かした術を使う。
党下
党の下級忍者である、いわゆる戦闘員。中盤からは西洋妖怪の配下としても働く。

西洋妖怪軍団

悪魔道人 (演:沼田曜一)
西洋妖怪軍団の首領。日本の領土半分を条件に血党の日本に協する。
大魔王サタン (演:本英世)
悪魔道人や魔神斎を影から操っていた全ての黒幕世界中の名だたる妖怪を復活させ、日本制服を企む。
西洋妖怪
ドラキュラミイラ男といった西洋からやって来た妖怪たち。中には既存のイメージとは大きく異なるものもいる。

主題歌

オープニング叫べ
作詞石森章太郎 / 作曲編曲菊池俊輔 / 歌:水木一郎

エンディング「われらは忍者
作詞八手三郎伊上勝 / 作曲編曲菊池俊輔 / 歌:水木一郎コロムビアゆりかご

漫画版

放送と同時期に「週刊少年マガジン」と「希望の友」で石森章太郎、「冒険王」で石川賢による漫画版が連載された。
単行本化の際、「希望の友」版は『新・変身忍者嵐』に、石川版は『変身忍者嵐外伝』にそれぞれ題された。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%89%E8%BA%AB%E5%BF%8D%E8%80%85%20%E5%B5%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

変身忍者 嵐

3 ななしのよっしん
2013/05/28(火) 10:23:27 ID: vPwsJsyr/7
小説ヒビキさんコラボしてるそうだけど、どうなんだろう?
4 ななしのよっしん
2013/05/28(火) 14:34:33 ID: +f73934mog
十が、元音撃戦士の「」って設定になってた
よく言われる、そっくりなデザインの、「」を作ったのも、十だそうだ

変身忍者嵐世界観もキャラクター達のイメージ壊さずに書かれた、いい小説だったと思うよ
5 ななしのよっしん
2013/07/09(火) 01:36:50 ID: yv/3uARxlt
NHK BSプレミアム手塚治虫石ノ森章太郎の特集やっていて、その関係で第一話と最終回だけが放送されていたな。
6 ななしのよっしん
2013/08/03(土) 20:00:10 ID: ePyPq8hRYR
次のライダーライダー戦国時代なんて触れ込みだから本当に共演するかもしれないな。
7 ななしのよっしん
2013/09/01(日) 11:10:41 ID: WLIiBpOBB9
リアルタイム世代なんだけど、ネット局の関係でAは本放送で、こっちは
別の日に見た。

テコ入れで、後半ハヤテまで変わってしまったのは子供心に違和感
あったな。
8 ななしのよっしん
2014/04/27(日) 00:16:46 ID: f+QeCik8+Y
ジライヤコラボする前に、キカイダー鎧武コラボしたでござる…(泣
実写リメイク版も近いし仕方ないね
9 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 20:38:11 ID: ePyPq8hRYR
ストーリー性は正直なところお察しくださいレベルな迷走っぷりをみせてるけど
大野剣友会の本気とも言える殺の数々だけでもこの作品を見る価値はある。
10 ななしのよっしん
2015/06/06(土) 08:09:39 ID: i+ClX9L6Ko
石ノ先生漫画の他に石川賢先生コミカライズしていたようだが、やっぱりスプラッタ凄かったのだろうか?
11 ななしのよっしん
2015/08/05(水) 16:11:03 ID: Ia5CpIEvRf
ノ輪ってキャラは名前で大体予想できたけどモチーフはやっぱなんだな。
ようつべで配信中の動画を見てたんだけど
あいつが現れたり消えたりする時の掛けが「クマー!!」に聞こえた。
設定を意図したものなんかな?
12 ななしのよっしん
2016/07/09(土) 12:15:32 ID: efh6EU5qD9
にわのまこと先生コミック乱での連載始めたね