編集  

夕やけニャンニャン単語

ユウヤケニャンニャン

週のん中水曜日ん中もっこり夕やけニャンニャンー!!

夕やけニャンニャンとは、フジテレビ系列(一部除く)で1985年1987年に放送された若者向けバラエティ番組である。
おニャン子クラブを輩出し、とんねるず人気を全区に押し上げるのに一役買った番組として知られている。
通称「夕ニャン」。

概要

現役女子大生集団「オールナイターズ」が出演し人気を博した土曜深夜の「オールナイトフジ」(第2期、1983年1991年)のスピンアウト企画として放送された「オールナイトフジ女子高生スペシャル」に端を発する、平日夕方17時台に生放送された帯番組。番組のり程度に考えていたオールナイターズが「オールナイトフジ」の人気上昇とともにアイドル人気が出てきたことにをつけ、これの女子高生版である「おニャン子クラブ」を毎日出演させて本格的にアイドルグループとしてデビューさせた。

オールナイトフジ」の初期出演者である片岡鶴太郎とんねるずが「夕やけニャンニャン」にも参加し、彼らの段取り視でむやみに盛り上がっていくパワーで注を集める。そして、意図的に素人臭いビジュアル・歌唱にして同級生放課後に部活動感覚でアイドルをやっている」雰囲気を押し出したおニャン子クラブも中高生男子を中心に爆発的な人気を集めた。
当初はフジテレビ系列7局ネット[1]で始まった「夕ニャン」も、おニャン子クラブとんねるず人気上昇とともに他の系列局も続々とネットを始めて最終的には23ネットにまで膨れ上がった。[2]

1985年1986年人気が頂点に達するも、人気者となったとんねるずスケジュール過密化による出演曜日の縮小や番組企画マンネリ化により急速に番組人気が低迷。1987年、通常の番組編期ではないものの学校夏休み最終日となることが多い8月31日をもって番組は終了した。
おニャン子クラブも「夕ニャン」終了とともに解散することなり、同年9月20日の解散コンサートをもって活動を終了した。

おニャン子クラブが芸能界にもたらした功罪

おニャン子クラブアイドルというもののを変えた一つの分岐点だったともされる。
「夕ニャン」以前にもアイドルを発掘するオーディション番組は「スター誕生!」(日本テレビ)などいくつか存在したが、そこでの選考基準はビジュアルも歌唱も秀でた『スター』の原石を見つけ出すことであった。しかし、おニャン子クラブで打ち出した「素人臭いがゆえの親近感」は当時非常に新鮮であり、逆転の発想アイドルの新しい地を開拓したと言える。
一方、当時の人気歌番組であった「ザ・ベストテン」(TBSテレビ)にはランクイン時に途中から出演拒否を行うようになり、同番組の男性会者であった松下賢次アナウンサーが「フジサンケイグループなんて大嫌い!」と番組内で発言するなどトラブルが起こった。「ベストテン」はこの頃からランクイン歌手の出演拒否が立つようになり、人気の低迷を経て1989年に終了に追い込まれる。

アイドルオーデション番組として大成功を収めた例として「スター誕生!」、「ASAYAN」(テレビ東京)とともにられる数少ない番組の一つでもある。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *フジテレビ東海テレビ北海道文化放送長野放送岡山放送テレビ新広島沖縄テレビ
  2. *秋田テレビ石川テレビテレビ長崎などでは最後まで放送されないまま終了したため、FNS全局ネットは行っていない。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%95%E3%82%84%E3%81%91%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3
ページ番号: 5453304 リビジョン番号: 2640253
読み:ユウヤケニャンニャン
初版作成日: 16/11/04 07:53 ◆ 最終更新日: 18/11/09 08:07
編集内容についての説明/コメント: スター誕生の正式タイトルに修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夕やけニャンニャンについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 夕やけニャンニャンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス