外なる神単語

ソトナルカミ

外なる(the Outer Gods)とは、クトゥルフ神話に存在する宇宙の起、またはそれよりも前から存在する々の名前である。神話内において最高の格であり、真理そのものとされている。

概要

宇宙創造、下手をしたらビッグバンの前の宇宙空間に漂っていた存在。

もしくはビッグバンそのものかもしれない人の想像することができる次元えた存在。

彼らは体を持たない自然的存在や純エネルギーの塊であることが多いといわれ、旧支配者(the Great Old Ones)と呼ばれる存在ですらひれ伏すばかりである。

外なるから人間に干渉することはほとんどないといわれているが、人間から自ら召喚を行なったり、ニャルラトホテプ(Nyarlathotep)という存在は別である。

外なるネクロノミコン(Necronomicon)などの魔道書を用いて召喚され、ニャルラトホテプ自由世界中を飛び回り人間に干渉して恐怖や混乱を撒き散らしている。

外なるの王たるアザトース(Azathoth)や副王ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth)、彼らから生み出されし外なる旧支配者たちの属らによってクトゥルフ神話を狂気に染めているのである。

人智の及ばぬ存在。その断片を少しでも覗き込むことは実に危険なことである。

主な外なる神

A

B

C

D

G

H

I

K

L

M

N

O

S

T

U

X

Y

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%96%E3%81%AA%E3%82%8B%E7%A5%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

外なる神

1 ななしのよっしん
2018/08/24(金) 21:53:58 ID: 5coOaDoGKy
おい、ニャル子にせいでクトゥルフ神話が怖くないぞ、どうしてくれる?