外来種単語

ガイライシュ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

外来種とは、もともとその地域にいなかった生物のうち、人為的に入ってきたものをす言葉である。
それに対して、その地域にもともといた生物を在来種と呼ぶ。

概要

外来種というと一般的に排除しなければならないイメージが持たれているが、そもそも移ってきた時期をいつからのものとするかで異なる。
日本にたくさん生えているシロツメクサ(一般的には「クローバー」)は江戸時代ごろのヨーロッパからの外来種であるが、特に立ったを引き起こしているわけではない。
また、日本で親しまれている「ニホンヤモリ」のように、「ニホン」という名がついていたとしても、実際はユーラシア大陸からの外来種と考えられているものもある。
このように、外来種が必ずしも排除されなければならないというわけではないし、その定義も人によってさまざまである。

しかし、外来種には生態系に影を及ぼすものも多いため、日本の外来生物法では明治時代以降に入ってきたもののうち、生態系や人の生命・身体、農産業に危険を及ぼす可性があるものについて、規制・防除の対とするものを「特定外来生物」としている。

ペットとして持ち込まれたもの(例:アライグマ)や、他の動物の駆除用に持ち込まれたもの(マングース)、特に意図せずに持ち込まれたもの(セアカゴケグモ)など持ち込まれる原因は多様だが、人間によって持ち込まれたというところは共通する。

ゲンジタルメダカへの放流などが地域によって行われているところがあるが、例え日本国内の移動であっても場合によっては外来種となる場合もあるので注意が必要である。
例えば、メダカキタメダカとミナミメダカに分かれており、さらに遺伝子グループで計15の種類に分かれている[1]
ある種類の生物を、別の種類のいるところに放流した場合外来種となり得る。

生物を飼う時点からその生物についてよく調べておくこと、また旅行に行ったときに何も調べずに生物を持ち帰って育てるということがないようにすることが重要である。特に後者については、海外旅行などの際は法に触れる場合もあるのでさらなる注意が必要である。

危険な外来種を見つけた場合は、役所や保健所などの行政機関に相談すると対応してくれることが多い。

特定外来生物一覧

太字はニコニコ大百科に記事があるもの。「×」は在来種との交雑種を示す。

哺乳類

鳥類

爬虫類

両生類

魚類

昆虫類

甲殻類

クモ・サソリ類

軟体動物など

植物

環境省「特定外来生物等一覧」exitから引用

関連動画


関連項目

脚注

  1. *Tokyo Zoological Park Society「『東京めだか』についてもっと知りたい」exit

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%96%E6%9D%A5%E7%A8%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

外来種

3 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 22:41:23 ID: pTvaIaayFN
厄介者」になってしまったのも多くは元はと言えば人のせいだからね
人の都合で連れてこられた土地で必死に生き延びたのに厄介者呼ばわりとか理不尽すぎるよな実際
駆除はしなきゃならないけどそこは忘れちゃいけないよな
4 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 14:43:23 ID: UtsHN/Mpb7
拡散した生体の多くは食用として輸入ってのが多いねぇ
知る限りでは結局食用として定着しなかったものばかりだけど…成功例はウチダザリガニくらい?
5 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 17:46:20 ID: f0caIi3v/x
>>3
外来種にとっては、自では不可能な新地への拡散という事実があるだけで、
人間は「運び屋」とか「捕食者」とかの環境要因に過ぎないと思う

ただ、人間の「運び屋」が近年急に上がって、
その影人間自身が困ることに気づき、「罪」と定めて対策を試み始めた
あくまで人間の都合だけど、それを否定すると自滅することになる
(そもそも「必死に生き延びた」ことも、その種の都合でしかない)
6 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 20:47:24 ID: OG05PaFLjf
ダメージは与えてはいるけど外来種なんて言うほど深刻でもないだろ
存来種を守りたきゃまず森林伐採や開発をやめろ
7 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 11:17:14 ID: f0caIi3v/x
>>6
今の日本では森林そんなに減ってないし、森林性のシカイノシシはむしろ増えてる
逆に人の介入減少による森林化で、原性のノウサギカヤネズミキキョウが減っている

伐採は直接した分しか減らさないし、継続しなければ生えてきて元通りだけど、
外来種はたった1度でも放たれたら増大しながら永続的に影をもたらし続ける
8 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 11:33:24 ID: lk8GV4Ejtj
外来種で特に深刻なの魚介じゃない?雑食は在来種のから食い尽くすから「気が付いたら外来種しか居なくなっていた」が普通にある。

ちなみに外来種の脅威は海外から日本へだけじゃないそうで、日本から持ち込んだら増えすぎて駆除しなきゃいけなくなった。
あと船のバラストに混入していた生物も問題になっている。海外じゃワカメのある外来種
9 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 15:54:50 ID: UtsHN/Mpb7
船底に貼り付くフジツボ類・類やらなんやらも外来種として広まっているみたいね
震災で流された漁船が天然のいけす状態で何種類ものが生きたままアメリカに流れ着いたのもあるしどんな事外来種になりうるかわからんな
10 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 19:41:11 ID: lv7vaOtn4t
結局外来種が定着しやすい、ニッチのきが多いのは人の手が加わった環境だってのは聞いたことある
外来種は一度入ったら手遅れだと思ったほうがいい、だからデカい沼のブラックバスを殲滅しようとしたって1/10も残したら駄になってしまう
そもそも元々日本に放たれたのが精々数十くらいから増殖した例もあるからなぁ そういう生き物全に駆除しようとしても不可能だろう
11 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 18:29:56 ID: 1VwJbC9/yJ
外来種を退治して自然を守る!!って言うのに違和感を感じてしまう。
人間外来種を殺して在来種は守って、人間が介入していろいろ手を入れてるのは本当に「自然」なのか?
生物が生息範囲を広げることもある意味自然の成り行きの一つでは?と思う
ただその生息範囲を広げる事にも人間の手が入ってるんだけどさ
12 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 19:30:06 ID: IV5ZMOwHh3
本来は外来種駆除は生態系の復元や維持のための手段であるべきで
実現したい生態系を明確にして計画的に駆除を行うべきなのだが手段の目的化に陥りがち
見通しが甘くて特定外来種だけを駆除したら別の外来種が増えて事態がより悪化してしまったとか
外来種捕食していた在来種が減少してしまったという事例がしばしば
>>az4806715336exit_nicoichiba

急上昇ワード