多度ツネト単語

タドツネト

多度ツネトとは、アニメカードファイト!! ヴァンガードG」の登場人物である。
担当声優加古臨王。誕生日5月5日

概要

カードキャピタル2号店の常連であり、「チームトリニティドラゴン」のリーダー
2号店の客の中でもチームトライスリーの次に実を持つファイター
三白眼と後ろ三つ編みが特徴の中学二年生である。
学校新導クロノトライスリーとは別の学校であり、大文字ナギサと同じ学校である。

図に乗りがちなお調子者であり、その言動が災いを呼ぶこともしばしば。
しかし何だかんだでチームメイトは大切に思っており、特に後述の仲間とのは本物。
仲間を認め合い、励ますというリーダーの資質はちゃんと発揮されており、その面でトライスリーを圧倒したことも。
また、当初は険悪だったクロノに対しても、クロノの全大会出場を賭けたクエスト中に自らがやる必要のない勝負を敢えて申込み、敗北後に自らの集めた大量のポイントを何も言わずに提供するなど、彼なりに仲間ライバルとしての想いはある様子。
後述のG3期「ストライドゲート編」での会話も含め、ちゃんと他人を観察し事情を察しており、人を見るは確か。

G4期「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」では、チームメイトって後江高校に進学。それに伴い活動の場をカードキャピタル1号店に移している。
ショップにおける「U20チャンピオンシップショップ予選に決勝まで勝ち残る程の実をつけており、新導クロノ率いる「ストライダーズ」と突する。

使用デッキ

彼自身はオラクルシンクタンクデッキを使用。
メインキャラクターオラクルシンクタンク男性が使うのはしく、それ故か彼の登場後は同クランへの男性ユニット登場率が増加している。

彼のデッキは「スサノオ」名称を体としたデッキ
元々は「アマテラス」名称のサポートカードだった《戦 スサノオが成長し、ボーナス持ちのグレード3覇天戦神 スサノオとなり単独でデッキを組めるようになったデッキで、元の《戦 スサノオとは全く異質ものとなっている。
ドローによる戦線維持に重点を置いた構成となっており、切り札のGペルソナブラスト持ちGユニット鳴りの タケミカヅチに運用している。
「若vsトリニティドラゴン」においては、ケイに後を託し自身は次鋒で対戦。手札の増えやすいオラクルシンクタンクは本来ならば機不全の列を上書きしてラインを確保できるため相性がよく、ツネトも片面をけることでスタンド封じの被害を最小限に抑えようとしていたのだが、一切のコール手段を禁止する法怪 オブティランドス》を出されたことで戦術が瓦解、敗北してしまう。しかし、そのファイト大将のケイに情報を与え、戦術を繋げることが出来た。
GNEXTの「ストライダーズvsトリニティドラゴン」においては、遂にファイトメインを務める。キーワード託」の要素を取り入れており、手札が多い状態でさらに強化される。性質上、手札をしく消耗していくヴァンガードでは達成しづらいであるが、「託」発動ラインまで強引に補充できるGユニット《枢機の征討 カムスサノオを用いて手札補充と発動補佐を同時に行う戦術を披露した。

チーム・トリニティドラゴン

ツネトをリーダーとして結成された三人組。結束は高く、大抵の場合三人って行動している。略称は「トリドラ」。
三人ともカードキャピタル2号店の常連として賑やかしポジションにこそ収まっていたが、個々のチームトライスリーに追いついていないものの、結束では彼らを駕し、G2期「ギアースクライシス編」で開催された「Gクエスト」においてはズー支部を制覇しており、この時点で既に実は生半可なものではない
実はヴァンガードG通して、最もチームとして安定しているチームであり、作中トリドラに不穏な空気が流れたことは一度もない

G2期「ギアースクライシス編」で一度、カンパニーがストライドフォースを集めるための噂話と推測されるのうわさのせいでカンパニーの研究施設に迷い込んでしまった。
その時にカンパニー所属の半田ケンスケと遭遇してから、異常の発生や他の人間の様子の変化があったことを感じ取っており、G3期「ストライドゲート編」にて半田を再び見かけた際、彼の後を追うことを決断。今まで裏の動向と全くかかわりのなかったトリニティドラゴンだが、処に来てカンパニーとの抗争に関わることになってしまう。
その際カンパニー幹部の若水ソウスケファイトすることになってしまうが、「三人のうち一人でも勝てばトリニティドラゴンの勝ち」という条件を出した若に対し、三人はチームなりの戦法を組み立て、二人で若の手段を引き出しきり、若の使うメガコロニーと相性のいいケイを最後にあてることで勝利筋を見出した。
結果的にストライドフォースの収集にこそ利用されてしまったが、裏を返せば一般人より強いストライドフォースを持ち合わせているということでもあり、若と対峙した一件の後、遂にカムイを通し真実に踏み込むこととなる。

先述の通り、GNEXTではカードキャピタル1号店でも強チームとなっており、U20チャンピオンシップ最後の切符をかけてクロノ達ストライダーズのとなる。
活動の場が1号店に移り、チームメイト全員カムイ後輩になったことから、U20チャンピオンシップに向けてカムイ1号店長三和タイシメイトつながりで石田ナオキらに特訓をつけてもらい、その甲斐あって実が大きく伸びている。
その一戦でクロノ敗北したため、U20チャンピオンシップ本戦に参戦する権利を失ったが、観戦には来ている。

U20本戦に関わることがなくなったため、本戦の中で行われている陰謀は知る余地すらなかった。
しかし、U20終了後(G5期「カードファイト!!ヴァンガードG Z」)、クロノノアの身体を奪った星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン敗北し、間に放逐されようとしているところに出くわす。
咄嗟にクロノを助けようと手を伸ばし、一時は掴んだツネトだったが、彼もそのまま魂のレリクス」に放逐されてしまう……。

ちなみに、チーム名に反して「ドラゴン」を使用しているのは一人だけ。

長良ケイ

CV田中太郎

大柄で糸目の男。誕生日5月4日
マイペースだが優しくおおらかな性格であり、立つのが苦手。
アウトドアであり、動物愛し動物される男。トリニティドラゴンの窮地を救うのは大抵この男である。
その顔から視聴者からは「タケシ」と呼ばれている。

使用デッキグレートネイチャーの「ビッグベリー」軸。
切り札のGユニット《全智 マーナガルム》は、グレートネイチャーにしてはしく退却を与えない純パンアップに加え、「相手のガードを制限する効果をリアガードに与える」という変則的かつ強な効果を持っている。
「若vsトリニティドラゴン」においてはツネトの名で大将を務め、ツネトとカルの引き出した若の戦術をぎきり、博士 ビッグベリー勝利を掴む立役者となった。
GNEXT「ストライダーズvsトリニティドラゴン」においては、名称軸はそのままにキーワード「達成」をメインにしたものになっている。

山路カル

CV大塚琴美)

小柄で中性的少年誕生日5月3日
タブレットPCを持ち歩いており、インターネット情報を集めるのが常となっている。
元々若干気弱ではあるが、電波が届かない場所では余計に弱気になってしまう。

使用デッキディメンジョンポリスの「イニグマン」軸。
前作で光定ケンジらが使用していた時とは違い名称化しており、サポートも増加している。サポートデッキではなく、そのためかGのメインキャラクターバンクを披露していない。
「若vsトリニティドラゴン」では知識量から先鋒を務めたが、メガコロニーの術中に嵌り敗北してしまう。

しかし、U20チャンピオンシップショップ予選決勝「ストライダーズvsトリニティドラゴン」では先鋒として登場したが、相手の先鋒である明日川タイヨウの堅実な戦いに対して、思い切って攻めに出るプレイングの結果見事に勝利を獲得した。
この時のイニグマンデッキサポートではないが、ジェネレーションブレイク体としたものとなっており、ヴァンガードパワーを参照するキーワード爆」に偏った新しい軸である。

裏話

実は元々、ツネトとケイは劇場版ネオンメサイア」において伊吹コウジ仲間として伊藤彰氏がデザインしたキャラクターである。
しかし「伊吹仲間が居るとシナリオ上問題が発生する」という理由でデザインが没になった。
このデザインを流用し、新たにカルを加えることでバランスを取りキャラクターを丸くしたのが現在トリニティドラゴンである。

関連動画

関連商品

多度ツネトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%9A%E5%BA%A6%E3%83%84%E3%83%8D%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

多度ツネト

1 ななしのよっしん
2016/02/16(火) 12:50:28 ID: E7AlgeE7Qj
記事作成乙です
一人でも良いから省略なしのファイトがまた観たい。
2 ななしのよっしん
2016/02/20(土) 20:01:10 ID: eRHecscWXc
ツネちゃまの中の人は、遊戯王5D's次元にて一角獣のごとき髪型決闘者を演じている。あの頃とは想像もつかないほどはっちゃけた演技である。
3 ななしのよっしん
2016/02/20(土) 20:16:12 ID: XKiOM/a+BI
一歩引いた仲間トライスリー並ではなくとも友達としては仲の良さはあるから何かと日常パートでは美味しい立ち位置。
チーム戦でケイとカルが負けている中で一人だけ勝ってるしリンクジョーカー編みたいな全員が戦わなくちゃいけない状態になったら、く可性がある
4 ななしのよっしん
2016/12/25(日) 10:47:26 ID: sH77YIHniS
NEXT 1クールの締めのファイトはトリドラだったかー
1年ハイメ、2年はスタゲ支部(櫂と伊吹)が務めた序盤のクライマックス担当って考えるとかなり良いポジションもらったよなぁ

これまではギャグ担当すぎてあんま立ってなかったトリドラヴァンガードに対する真剣さが全面に押し出されててよかったわ
ツネトは地味少年漫画主人公っぽいメンタルというか、さすがカムイさんの後輩って感じする
5 ななしのよっしん
2017/10/10(火) 13:44:36 ID: +VuSX4uOai
まさかレリクス使徒との戦いに関わってくるとは予想外
6 ななしのよっしん
2017/11/22(水) 23:58:56 ID: 2POjDcy9dp
ヴァンガ放送局でツネトになんか不穏なフラグが…
ゼロスドラゴンのうち、ユナサンの極だけ紋章がないのって、味方サイドキャラが使うからなんだろうか?

急上昇ワード