多神教単語

タシンキョウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

多神教とは、が多数いる宗教のことである。⇔一神教

概要

が複数いる宗教のこと。対義一神教でこちらはは一人しかいない。現存するものでは神道仏教ゾロアスター教ヒンズー教くなってしまったものでは古代ローマ宗教古代ギリシャ宗教古代エジプト宗教など。(古代ギリシャ宗教は厳密には少数復活させている人がいる。が、ごくごく少数であるし、本人たちも半分ネタである。)

古代ローマ宗教では皇帝も死後になったし、一説には8万近いがいる多神教であったという。また、古代ギリシャ宗教ゼウスの他ハデスアレス、デュオニュソス、ポセイドンなど多数のがおり、困ると殿巫女託をめたりしたという。なんか現代日本人神社おみくじひくみたいだな。

仏教は多神教であるとされるが、無神論的な哲学本質であるとする意見もある。

90年代ごろ、日本の著述や学者の一部で多神教は寛容で一神教は排他的とする論(多神教優位論)が流行ったが、そのような発想が出る時点ですでに排他的という根本的な矛盾を抱えていたため現在では支持されていない。

ネットユーザーの間では今でも支持されており、かかる根本的な矛盾については「だ、だって一神教『のほうが』排他的だって偉い人が言ってたもん!」と論点をズラすことで自分を納得させているようだ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%9A%E7%A5%9E%E6%95%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

多神教

1 nw
2020/04/25(土) 18:13:32 ID: uGB6ouKS/G