大久保一翁単語

オオクボイチオウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

大久保一翁とは、幕末の幕臣、明治時代の政治家である。

概要

文化14年(1817年)11月29日、旗本の大久保忠向の子に生まれる。

幼名之助、後に三郎。諱は忠正。

大久保は徳譜代の臣で、徳川家康に仕えた大久保五郎右衛門忠利が祖とされる。

保元年(1830年)12月14歳江戸幕府第11代将軍・徳川家斉の小納戸として出仕。

保4年(1833年)6月に小姓になる。この頃幕末の三筆の1人、に書を学ぶ。

保12年(1841年)3月斉の死に伴い第12代将軍・徳川家慶の小納戸になる。

保13年(1842年)9月・忠向の死により督を継ぐ。

嘉永2年(1849年)3月、忠寛に名。

幕末

目付・海防掛

嘉永7年(1854年)5月9日大久保付及び防掛に抜された。前年から始まった西洋列強の往来に伴なう人材抜の一環で、岩瀬忠震利熙、永井尚志、本鋤木村喜毅なども同じ時期に付や防掛に抜され、幕末前期の幕府外交を担う官僚集団を形成した。また前年に勝太郎が幕府への意見書を出した事をきっかけに知り合い、懇意になる。

安政3年(1856年)10月20日、貿易取調御用に任命され、蕃書調所や講武所の事務管理を行う。

安政4年(1857年)1月22日長崎奉行に就くことを命じられるが固辞した。理由について大久保木村喜毅宛ての手紙で、先年大病を患った事による気の減退、悪(賄賂)を憎む情が強い事、長崎奉行を勤めるには3千石以上の高でなければ経済的に厳しい事を挙げている。利権が多く幕臣にとって垂の的だった長崎奉行への就任を断った事は異例の事で、硬である事は評価されたものの、やがて出世のから大きく外れていく事になる。

同年4月15日駿府町奉行赴任を命じられ、6月6日に着任。翌安政5年(1858年)5月に帰府の命が下るまで駿府町奉行を勤めた。

禁裏付・京都町奉行

安政5年(1858年)5月20日大久保朝廷の雑務を監督する禁裏付への赴任を命じられた。前任者の死で急遽後任者を充てる必要が生じ、老中・松平忠固推薦卿達とのやり取りで根負けしない気ある人物として選ばれた。

7月12日京都着任。当時京都では午の密勅降下が画策されており、8月8日水戸へ下され、10日に幕府宛ての密勅が大久保のもとに届いた。内容を読んだ大久保は驚いたが如何ともし難く、急いで江戸に送るしかなかった。

大老・井伊直弼心である長野主膳はこの事件をきっかけとして京都で活動中の志士や、一に与した卿への弾圧を企てていたが、行動を開始する前に禁裏付である大久保がどういう考えの持ちなのかを探るために面会をめた。18日に大久保長野と面会し、長野から一に協しないことや老中・間部詮勝が間もなく京都に来るのでそれに協するようにと暗にめられた。大久保長野を警して何も分からないふりをしてやり過ごした。

大久保を自分達に敵対する事はいだろうと判断したためか、翌安政6年(1859年)2月26日京都町奉行に任命した。京都町奉行に就任した大久保は、自身の配下である与加納三郎渡辺三郎が安政の大で功績があった事をに着て私に問題を起こしていたため、2人を摘発しようとした。この事が長野に入り、加納渡辺を手足として使っていた長野大久保の追い出しを図り、6月24日に町奉行を罷免。隠居老人の役職である西丸留守居に左遷され、次いで8月28日には寄合(非役)に飛ばされた。

大開国論・大政奉還論

文久元年(1861年)8月29日大久保は安政の大処分の緩和に伴い、蕃書調所勤務を命じられた。更に10月10日に外奉行、翌文久2年(1862年)5月4日には外奉行兼大付を命じられた。

この時期松平春嶽が政事総裁職として幕政に参与する事が決まったが、徳川慶喜将軍後見職にするかどうかで嶽と幕閣の間で対立があり、慶喜を後見職にする気のない幕閣に抗議するため嶽は登を拒否していた。幕閣は嶽を説得するため大久保を送り、7月6日漸く慶喜の後見職就任が決定。8日に嶽の政事総裁職就任も決定した。この時大久保嶽は初めて面会し、以後懇意になる。7月3日、側用取次に就任。8月には嶽の政治顧問である横井小楠とも面会し、「七条」「破約攘夷論」といった横井の思想に理解を示した。

10月20日嶽、横井と対談した大久保は、嶽から朝廷の攘夷要にどう対応すべきかと問われ、「大開論」を説いた。「大開論」とは「幕府による政治の独占をやめ、徳も諸侯と同様一諸侯に自ら下って朝廷中心の新体制のもと是を決定した上で開すべき」という論で、5年後の大政奉還に先んじた大政奉還論でもあった。

「この時、大久保一翁は大付役・側用取次になれり。この人の見込みは大政を返上し、将軍職を辞し、駿河一を領せらる、じつに徳繁栄の兆なり。く上してこの挙を行うべしと諫言せしは、大久保の卓識なりと感せり。余もその時は、大久保は狂人かと大いに忿怒を生ぜり。満幕府これを喜ぶものなく、ただ悪する多し」

「幕議紛糾の説き、大久保越中守大付勤務中なり。進んでく、徳の傾覆近来にあり。上あって然るべし。その時、幕府にて握する下の政治を、朝廷に返還し奉りて、徳は諸侯の列に加わり、駿遠参の旧地を領し、居駿府に占め儀、当時の上策なりと諫言す。衆役人万座大笑し、とてもできナイ相談なりといえり。大久保越中守の先見は驚くべく感ずべき事にして、果して明治元年にはこの挙に及べり」

  (『逸事史補』)

数日後土佐山内容堂と面会した際にもこの「大開論」を説き、容堂から「一々感のほかなかりし。越中は当世第一等の人物なり」と賞賛された。だがこうした独自の思想を展開した事が慶喜や老中・板倉勝清を刺し、彼らが大久保を疎んじる要因となった。

11月5日、幕政とは関係な講武所奉行に転任される。表向きの理由は「俗論の不満を買い暗殺の恐れがある」「殿越中(大久保)を贔屓されるから不満を持つものが多い」という事だったが、慶喜や板倉の不を買ったための事実上の左遷であった。

次いで11月20日23日に、安政の大に関わった元井に対しての処罰が発表され、大久保は「京都町奉行在任中に安政の大に協した」として免職、差控となった。

差控

差控中の文久3年(1863年)4月大久保松平春嶽横井小楠と書簡のやり取りをしており、そこにも大久保の思想が強く表されている。

「幕府の対外政策は根本から誤っている。和の場合こちらの軍備が整っていないから戦わないという事で、戦の場合軍備が整い次第戦うという事になるが、理に基づくならば武備の調不調に関わらず戦うべきであり、勝敗はに任せるべきである。さりながら、夷人達はこれまでが方のごまかし的な応対に驕慢な態度を示したのであって、彼らの方から和親をめている以上こちらから戦争を仕掛ける理由がない。いつまでも和の戦のと五十歩論に日を虚しく過ごすのは良策ではないので、朝廷に対して明正大な開の建を行ない、これまでの事は深くお詫びして至を持って奏聞し、朝廷が受け入れない場合には徳将軍職を辞退して、遠江・駿河・三河の旧三に退く事を願う他い」

また同初旬頃、勝海舟子である坂本龍馬沢村惣之丞らが大久保の元を訪れ、大久保の考えについて問い質した。この時大久保坂本沢村を「大解すべき人」と見込んで自分の考えを述べた。

々の義、勝(舟)に従いおり土州有志、過日五人拙宅に参りにつき、ほぼうけたまわり、々嘆息極めえども、その来人中、坂本龍馬沢村惣之丞両人は大解すべき人やと見受け、話中に刺されは覚悟にて懐相開き、明正大のはこのほかあるまじくと素意の趣き話し出でところ、両人だけは手を打つばかりに解し得につき、さらば々上の上何とか尽すべしと話しところ、及ぶだけは死を尽くし見申すべく間、嶽様へも御一封と申し聞けにつき、かねて御存知の事にはえども、なお愚論相認め、当三日出立に託し上ぼせ。なお決して御見捨てこれき様、御のため幾重にも願いは御許までもまかり出で、是非正大のところを以て御出勤御進め申し上ぐべきと申しおり

(『文久三年四月 横井小楠宛大久保一翁書状』)

この時坂本沢村が聞いた「素意の趣き」とは大久保の持論である大開論、大政奉還論についてだったと思われ、後に大政奉還推進者となる坂本にとって意義深い示唆を得る事になった。

また9月から11月にかけて再度嶽に書状を送り、議会の創設についても言及した。大公議会・小議会の二院制とし、それぞれ政と地方政治を担当させるという案で、幕府の専制ではなく議会制度を創設して衆議による挙一致の態勢を立てるようにしなければ時局を収拾することは出来ないと説いた。これはイギリスの議会制度から着想を得たもので、講武所に勤務中西周などの教授から知識を得たのではないかと言われている。

勘定奉行・隠居

元治元年(1864年)7月21日大久保は勘定奉行勝手方に任命された。幕府の財政が厳しくなったため、行政通で意志の強い人物ということで大久保が選ばれたが、わずか5日で解任された。理由は明らかでないが、将軍の是非を巡って老中達と対立したためではないかとされる。

政治に関わることに嫌気がさした大久保は隠居を願い出、元治2年(1865年)2月11日息子督を譲り、一翁と名をめた。隠居として々自適の生活を送っていたが、9月30日急に出仕が命じられた。体調不良と言って断ったが老中からの命で大急ぎで大坂に来るようにと命じられて準備中待機命があって待機。12月に再度命を受けて上坂した。

22日に大坂着。24日に将軍・徳茂に謁見。その後老中・板倉勝清らと会談し、長州対策について質問攻めにあった。大久保は征討に反対した上でいくつか案を出し、妙案として薩摩を借りることを提案した。薩摩の協を得ることは老中達から拒まれたが、大久保の提案した領没収や子の永居を採用する事になった。

同時期、大久保の噂を聞いた薩摩大久保一蔵小松帯刀は、「大久保(一翁)、勝(舟)両氏を除いて幕府に人は居ない」「この二人に事を執らせたならば、下はたちまち治安に帰するだろう」と評価した。

以後特に老中からの呼出もないため江戸に帰ろうとしていたところ、慶応2年(1866年)1月18日突然坂本龍馬が訪れた。驚いた大久保は「幕吏に探知されているからすぐに立ち去るように」と警告したと言われる。

2月13日、帰府の許可を得て大坂を退出。2月末に江戸に戻った。この後幕府瓦解までの2年間を井で暮らす。

江戸城無血開城

慶応4年(1868年)1月12日大坂城を脱出した徳川慶喜江戸殿に戻った。その後江戸城に入ると和戦いずれにするかで臣団の混乱を招いたが、慶喜の決断により恭順する事に決まった。

23日、慶喜は勝を陸軍総裁、矢田鴻を軍総裁、山口直毅を外事務総裁、そして大久保会計総裁に任命(2月8日に若年寄に昇進)して事態の収拾に当たらせた。慶喜は大久保や勝に好意的ではなかったが、長側で彼らへの評価が高かったため起用した。

大久保は勝と計らい官軍のの実者である西郷隆盛へ陳情して和交渉まで漕ぎ着け、3月14日西郷・勝会談により官軍の総攻撃が中止される事になった。この時の会談は勝の残した記録では自分一人で西郷と会ったとしているが、『岩倉実記』では大久保居合わせた事になっている。

4月4日、勅使・橋本実梁、柳原西郷江戸城に入り、大久保ら若年寄・大付・が応対。慶喜の死罪免除と謹慎、武器明け渡し、慶喜に助した幕臣の処分などに関する勅命を受け、11日に江戸城の明け渡しが実施された。

こうして抗戦の反感や暗殺の危険に遭いつつ、大久保は勝と共同で徳敗戦処理事に全うする事ができたが、幕府瓦解と同時に所持していた書類を燃やしてしまったため実際にどのような活動をしていたのか良く分かっていない。ただ、勝の記録にその活動と評価の一端がえる。

諸有に棟梁として万事を総裁するものは大久保一翁なり。一翁はその質謹厳、識あり学あり、今日の難に当たりて方正を以て終に不撓。く諸官の進退且つ諸般の処分、還納の順序において順々として条理を錯乱せしめず、にその区画よろしきを得しめたる者は、そのとその勤勉によってなり。

(『幕府始末』)

8月初め、大久保駿府に移住し、徳臣団の移住費用の問題に取り組んだ。

明治時代

明治2年(1869年)8月20日大久保静岡大参事に就任。

明治3年(1870年)10月、辞任。

明治4年(1871年)11月15日静岡県権参事に任じられたが25日後の12月9日に辞任。

明治5年(1872年)4月10日政府から出仕を命じられ、5月10日文部省二等出仕。同25日に東京府知事に任命される。以後約3年間行政事務に携わる。

明治8年(1875年)12月19日東京会議所の革問題で内務卿・大久保利通から不を買い教部少に異動。

明治10年(1877年)1月11日、教部省が止され、5日後の16日に元老院議官に任命される。以後、死去するまで議官を勤めるが、11年間の在任中会議ではほとんど口を開く事がかった。

明治21年(1888年)7月31日、死去。享年72。死去の際、従二位に叙せられた。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E4%B8%80%E7%BF%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大久保一翁

1 ななしのよっしん
2012/04/30(月) 18:44:25 ID: SOPnSS0+Kf
詳細だなー
クローズアップされると坂本竜馬の功績がかなり翳る人だよね。

関連商品だと中新書(絶版)の評伝ぐらいしかないかな?

2 ななしのよっしん
2012/05/01(火) 21:53:37 ID: MsGcZhp7Ns
坂本が一翁や松平春嶽横井小楠から影受けているのは確かで、
大政奉還論は別に坂本の独創ではないですね。
西郷隆盛大久保利通も慶応3年5月の時点で島津久光に幕府から
朝廷への政権返上を訴えていますし、大政奉還論というのは
当時の知識階層では既に射程範囲内だったのだと思います。

坂本価は発想ではなく抜群の行動にあると思います。
勝海舟や一翁が越えられなかった幕府の秩序を飛び越えて、
自由な身上で手に好き勝手やったのは実際大したもので
あり、それが魅的なのでしょう。
3 ななしのよっしん
2012/05/19(土) 01:28:28 ID: obCWdD0dwW
考えるは易し、行なうは難しと言われる所以だろうね
長同盟も大政奉還にしても
勝海舟と並ぶ幕府良識の一人だね

急上昇ワード

2020/02/29(土)16時更新