大倉美菜単語

オオクラミナ

わたし、死ぬ…………?
……りょうちゃん。 。
私、良ちゃんの特別な人にはなれなかったけど、今でも好き。
良ちゃんの事が好きーーーーっ!!

大倉美菜とは、 だから僕は、Hができない。の登場人物である。CV石原夏織
誕生日12月30日
スリーサイズは上から92-60-86。

概要

92mのFカップタレ目が特徴的な眼鏡っ娘主人公加賀良介とは幼馴染の関係にある。良介に好意を抱いており、アニメ本編が始まる前に校舎裏で一度告白していた。
控え人見知りな傾向がある。やみくもに人をを憎んだり腹黒さは一切ないが、良介の事を常に悪く言うボクシング部の先輩・玉野だけは快く思っていない。

良介のことを何でも知っているだけあって良介のリサラ・レストールが来てからの良介の行動に疑問を抱くようになる。学校リサラが突然姿を消したのを撃したり良介とリサラに泥棒と勘違いされを持ったリサラを見て良介に隠し事をしているか問い詰める場面も。
死神の存在を知り、同時にリサラに協することにした。良介が仮契約していたことも手伝って後にあっさりとキュール・ゼリアと仮契約する。毎日のように良介の話をしキュール洗脳してしまう。嬉しいなぁ。キュールちゃんも良ちゃんの事好きになってくれて。

特異者の正体

アニメ版等のあらすじで普通に出ているので先に書いておくが彼女自身が特異者であったのだ。各ヒロインがそれぞれ美菜が特異者であるかと思わせる事を感知していたのだがそれらの点が線になるまではかなりの時間を要した。具体的には、

  1. エナジーを測定したら150万あった(リサラ)
  2. 美菜のは良介(キュールリサラ)
  3. 2に関連して良介との思い出を話すとエナジーが高まる(キュール)
  4. 桃園学園から前述の告白による特異者とみられる爆発的なエナジー反応を感知した(イリア、というかメル人生保障)
  5. から落ちた際に冒頭のセリフを発し、覚醒しかけた。(美菜)
  6. ガルダーブロウグに迫られ半泣き状態になった時に良介の事を考えてに見える形でエナジーを出す(美菜)

つまり、美菜を拉致した段階でガルダーブロウグはいつでも強大なエナジーを利用することができたわけであった。しかし良介のグラム全体にしか眼中になく、その時はエナジーを取られなかった。
DQ5ゲマを彷彿とするお粗末さが原因で一時は助かった。だが前述の5の事が発生し、ガルダーブロウグのみ美菜から出たエナジーと断定し再度捕獲に乗り出した。だがキュールと仮契約していたためエナジーを吸い取られずに済んだ。

良介との恋が実れば特異者としての全に解放されるということ。すなわち、良介の命を救うには告白して良介にOKをもらう(という負けフラグ)必要があった。結果は関連動画にある11話を参照して頂きたい。
良介から最後に届いたメールを読んだ美菜の表情から察すると、彼女にとってどれほど嬉しいことだったのか想像に難くないだろう。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%80%89%E7%BE%8E%E8%8F%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大倉美菜

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大倉美菜についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!