大内延介単語

オオウチノブユキ

大内延介おおうちのぶゆき)とは、将棋棋士である。故人(享年75)。棋士番号86。九段。東京都出身。

昭和中、後期を代表する強棋士の一人で、タイトル棋王1回、棋戦優勝は8回に及ぶ。

子に飯田之、塚田泰明富岡英作、鈴木大介田村康介藤森子。

概要

21歳でプロデビューと、決してい方ではないのだが、そこから連続して昇級し、1967年にはタイトル戦に初登場。また、1975年には棋王を獲得し、そして名人戦もあと一歩の所で悪手をして持将棋に持ち込まれ、惜しくも戴冠できなかったことは非常に有名。それゆえ最も名人に近づいた棋士ともいわれた。その後は長くB12級以上に在籍し、2009年にC2級降格=引退となった。60歳以上はフリクラ宣言できないため、このような引退ができるというのは強い棋士である(それでいながら、引退までの通算勝率5割以上というから、いかに凄い棋士であったかがおわかりいただけるだろう。しかも、引退間際まで、若手の新鋭佐藤天彦《後の名人》を破ったりするなど、底知れぬ強さも健在であり、引退するにはまだまだ惜しすぎたと囁かれた。

快にして大胆な攻め筋が特徴で、怒濤流と呼ばれた。また、西村一義九段、剱持二八段とともに穴熊三羽と呼ばれ、かの田中寅彦が最も影を受けた棋士の一人であり、穴熊党総裁と呼ばれていた。

また、棋界きっての江戸っ子として知られ、周りの若者からも畏敬の念で見られていた。また、多くの若手棋士の襟を正しており、その様は、ハチワンダイバー田の師匠イメージそのものである(鈴木大介という名前も師匠内延から来ている)。その一方で、将棋ルーツをたどるインテリ的な趣味を持ったり、将棋フォーラムに参加したり理事を務めたりと、広報役として幅広く活躍もした。

趣味であったことで知られる。囲碁にも造詣が深かったため、彼の死後は日本棋院からアマ八段を追贈されている。また、スキーの腕前は1級導員クラスだったといい、スポーツだったらしく、若い頃はかなり女性にもモテていたらしい。

また、吉永小百合と親しく、生涯の付き合いがあったことも知られている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%86%85%E5%BB%B6%E4%BB%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大内延介

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大内延介についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード