大内惟義単語

オオウチコレヨシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

大内惟義(?~?)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

清和源氏のうち、信濃源氏平賀氏の出身。平賀義信長男で、苗字大内荘に由来するとも、大内守護に由来するともいわれている(周防大内氏とは関係)。

鎌倉側につく経緯は不明な点が多いが、当初は源義仲に従い彼と横田河原の戦いで越後氏を破っている。1183年ごろには源頼朝の命を受けた武田信光信濃出兵を行っており、この頃には子そろって頼に従ったようだ。彼の平賀義信平治の乱で最後までに従ったため、彼らの帰属を非常に歓迎した。

1184年の源義仲追討の際には源義経軍に加わり、戦後衛門尉に任官。一ノの戦いでも義経に従い、賀守護に任命されている。波多野盛通、大井山内首藤経俊らとともに志田義広を討ち取るが、信兼らの反乱に苦戦。惟義は援軍である加藤子や山内首藤経俊を待たずに何とか押し切るが、かえって頼の叱責を受けたようだ。

その後も義経麾下で活躍し、11858月相模守に任命された。平賀義信武蔵守護であり、子そろって信頼されていたのは変わらずだったようだ。義の遺が勝長寿院で葬られたとき、内に招かれたのは彼らと毛利の3人だけであった。

さらに1186年ごろには源義経追討のために在しており、1187年には美濃守護在任が確認される。彼は鎌倉幕府では中央担当としてたびたび京都鎌倉を往復しており、州合戦の従軍、三左衛門事件の鎮圧、梶原景時与党の追補などを行っている。

1201年には駿河守に転じ、後鳥羽院との関係を深めている。異平賀朝雅誅殺に対し彼がどのような動向を示したかは不明である。ただしその後賀・伊勢守護を与えられたようだ。さらに1214年ごろには摂津越前・丹波の守護も兼ね、を取り囲むこととなり、幕府、院双方から重用されていたことがうかがえる。1219年ごろ修理言大夫に任じられてしばらくして亡くなったとされる。

彼の場合は中央と幕府のパワーバランスの中うまく立ち回っていたが、息子大内惟信は全に方に取り込まれてしまい、承久の乱敗北で没落するも、清和源氏一の堂上公家竹内として現代まで生き残っている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%86%85%E6%83%9F%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大内惟義

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大内惟義についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!