大山康晴単語

オオヤマヤスハル
1.6千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

大山康晴とは、将棋棋士である(故人)。十五世名人・永世十段・永世棋聖・永世王位・永世王将

系譜

木見治郎門下。

兄弟子は、村上一、中井捨吉、大野一、角田三男、上田三三、升田幸三山中和正、西本橋本三治、二見敬三。

子に、市川伸、有吉道夫中田功(更にその子に佐藤天彦)、行方尚史がいる。

概要

1923年生まれ。十五世名人タイトル80期。棋士番号26。岡山県倉敷市出身。

あまりの強さ故、書き出すとキリがないので詳しい成績などについてはwikipediaexitなどで確認して下さい。

記録は破られる為にあるが、この人の作った記録はどれも異常
その中でも下記2の記録は当面破られないと思われる。

・連続A級以上在位44期
(現在継続中の記録では羽生善治で22期。現役棋士での最長記録谷川浩司が32期。(73期現在))

・連続タイトル戦登場50期(10年以上に渡って全てのタイトル戦は大山かだった)
(2位羽生善治が23期、3位中原誠が11期。)

・A級在位最高年齢69歳
 しかもそのまま病没したので、A級に上がってからは一度も陥落していない。

・最年長タイトル奪取(56歳)、最年長タイトル保持(59歳)、最年長タイトル挑戦(66歳)

更にタイトル占有率は羽生善治以上であり、当時7大タイトルがあったらとっくに100期以上タイトル保有したともいわれている。

また、棋士としての強さ以上に凄まじいのが、棋士活動をしながら、有吉道夫九段、行方尚史八段など優秀な子を何人も育て、更に将棋界普及のために連盟会長も務めていたことである。倉敷という女流タイトル戦は大山康晴の活躍に因んで開催されているものであるなど、将棋女性への普及活動にも貢献している。

その一方でささやき戦術などの盤外戦術も得意としており、勝負に対する貪欲さ、狡猾さもあった(中原誠にはそれが通じなかったらしい)。

趣味囲碁麻雀などあらゆるゲームを嗜んだ。更に知られていないが、チェス日本チャンピオンになったこともあり、シャンチーの普及も務めていた。

棋風

相手に攻めるだけ攻めさせ、受けきってしまう「受け潰し」が棋として有名。そして、振り飛車党史上最強棋士でもあり、特に大山流四間飛は難攻不落の戦法として脅威となっていた。そのため、振り飛車=守り重視の受け将棋というイメージが付いてしまったぐらいである(特に氏が得意としていた四間飛については、ガチガチの守り将棋と言われていた)。そして、終盤も卓越しており、NHK杯解説では、盤面を全て頭に記憶した上で、鮮やかな攻め筋を解説していたなど全てにおいて規格外であった。

受け潰しが顕著に現れる棋譜を動画にしたものが投稿されると、見たで重々しい手の数々が、逆に絶妙の奇手となり、めて評価されている。

に飛をためらいなく打つなど、持ち駒を惜しげもく投入する様は「大山建設」とも形容され、
受けきった時には受ける前より硬くなっていたこともしばしばである。

大山のテーマ

ある投稿者の棋譜動画にて、受け潰しが始まる際に特定デジタルミュージックが流れていた。
テクニカルな曲調に、テクニカルな受け潰しがマッチしたのか、いつしか「大山のテーマ」と
呼ばれるようになっていった。

その動画は、2012年日本将棋連盟による棋譜動画の大量削除騒動によって削除されたため、
現在ではテーマの認知度は低下しているが、この音フリーであるため、下記の
関連リンク先より、現在も試聴することは可である。

関連動画

対局や解説など

目薬のCF

関連商品


関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%BA%B7%E6%99%B4
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大山康晴

78 削除しました
削除しました ID: FgowU0ufb8
削除しました
79 ななしのよっしん
2020/12/22(火) 23:14:04 ID: pb/rP2sPZt
時代の違う棋士の棋較とか不可能だろ…タイトルの数も棋界の状況も何もかもが違う。研究の進んだ後世の棋士の方が棋が高いのは当然だから、結局は同世代の棋士じゃないと較にならない。時代をえた最強議論ナンセンス
80 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 12:51:33 ID: XckynmIw9y
>>79
そういうことだね、>>78よ。したい部分を捉えろよ。そういう意味では根は一緒なんだよ
81 ななしのよっしん
2022/01/25(火) 12:35:08 ID: qJMx2iv+OF
まあ緩い時代大山がとった数と現代の厳しいなかで羽生がとった数を較するのは適切じゃないね
これは昔のほうが厳しかった時だけ大山信者の言い訳は成立するけどそうじゃなくて逆だからね それで負けてる大山はどうしょうもない
そして強さの基準で一番優先されるのは実はタイトル数でなくてし手の強さなんだよね
そのし手の絶対的評価は現代ではソフト検証することにより得られるようになった
羽生人間最強クラスし手が強いが実は大山はそれほど強くはなかった、昔ながらの過大評価であるこてゃはっきり判明した
このタイトル記録だけでなくし手の科学検証両面で大山は負けてるからダメなんだよ 羽生較できる土俵にすらあがれてない
82 ななしのよっしん
2022/02/08(火) 08:17:32 ID: 4XPopDrU0o
羽生さんA級陥落と聞いて
将棋の進歩のスピードが違うとはいえ同時代を戦った物凄い人たちの中でこれだけ傑出してトップレベルを維持し続けたことは想像を絶するし、この先こういう棋士が再び現れることはないのかもな
83 ななしのよっしん
2022/02/09(水) 02:18:14 ID: qJMx2iv+OF
大山は今ならA級どころか三段リーグを突破出来るか怪しいレベルだよ
進化著しい現代将棋の中で戦っている羽生較するのはハッキリ言って羽生に失礼
昔の記録とかなんの意味もない
今のアマチュアでもとれる
84 ななしのよっしん
2022/03/10(木) 19:31:23 ID: dPx2bmM9zj
>>81
にどうこう言うつもりはありませんが、ソフトについて、誤った認識をされています。現在ソフトの評価とは、「科学的」なものでも「絶対的」なものでもありません。将棋はまだ全に解明されたゲームではないのですから。
85 ななしのよっしん
2022/03/18(金) 08:20:08 ID: irg8QQQjXz
大山を「時代のレベルがー」って言うなら羽生だって数十年後にはソフトすらない時代に勝ってただけって評価になるんだが
86 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 17:29:52 ID: GFzSKugHLZ
現実問題藤井聡太や永瀬が大山の棋譜見て勉強してる時点でアマレベルするのは理だわ
この二人がアマの棋譜並べて勉強したりしないだろ

田対大山の27期名人戦居飛車穴熊将棋は50年経った現代でも登場する形で、中盤以降の手順を見ても現代の将棋と全く遜色がない
50年前からあの形見て初見急所を見抜くあたり相当センスが卓越してる
87 ななしのよっしん
2022/06/05(日) 09:26:23 ID: XckynmIw9y
羽生がまさかB1の陥落するとは思わんかったが、それを差し引いても69で亡くなるまで生涯A級がいかに人外かよくわかる