大山綱良単語

オオヤマツナヨシ

大山綱良1825~1877)とは、幕末から明治時代初頭にかけて活躍した人物である。

概要

薩摩士・樺山善助の次男。幼名次郎。通称格之介。大山四郎助の養子に入る。薩摩士としては薬丸流剣術の達人で、西郷隆盛大久保利通らと同様に重きをなされた。

大山綱良が最初に表舞台に出るのは、1862年の寺田屋騒動である。島津の命を受け、急進有馬新七らを襲撃し上意討ちにする。この活躍がきっかけで一躍内の有者の一人となり、戦争では軍賦役を務め、王政復古の政変では長州の状況工作に奔走。さらに戊辰戦争では羽鎮撫総督府付参謀として東北を鎮圧していった。

そしてその功績から1869年に賞典800石を下賜され、1871年の置県で鹿児島県権参事(後には県)に就任した。

ところが、1873年に下野した西郷隆盛支援し、西南戦争では直接参加はしなかったものの、西郷を擁護する立場をとる。西郷軍の敗退後、大山綱良本人は否定しているが、を押領し西郷軍に横流しした罪で官位を剥奪。1877年に長崎斬首された。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E7%B6%B1%E8%89%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大山綱良

1 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 14:08:43 ID: /UVu7/LufM
大楽太郎反乱事件の不手際で西郷に貸しがあると思わせつつ、守旧の久について
西郷批判。一方、守旧にとって大事な薩摩時代の記録を「旧弊滅ぶべし」と
言って燃やす。西郷が帰郷すると身命を賭して支援…。

やったことだけ見るとよく分からない人だよね。この人。

急上昇ワード

2019/08/19(月)08時更新