大河ドラマ単語

タイガドラマ
  • 22
  • 0pt
掲示板へ

大河ドラマとは、NHKで放送されている時代劇ドラマシリーズの呼称である。

2020年度放送の作品は『麒麟がくる』(演:長谷川博己)。

制作決定済みの作品は、
2021年度放送予定の『青天を衝け』(演:吉沢亮
2022年度放送予定の『鎌倉殿の13人』(演:小栗旬)

である。

概要

日本歴史上の人物(一部架の人物も)を軸に、各作品の主人公が生きた時代や、その周囲の人々のドラマを描く長編ドラマ
毎年1月12月(一部11月)まで、ほぼ1年間に渡って放映される、名前の通りの大河作品である。
単に「大河」とだけ呼ぶこともある。

NHKの潤沢な制作費の下、非常にな出演い、過去日本が大規模な美術などで再現されるのが特徴。近年では松山ケンイチ岡田准一など、注度の高い俳優演に据えられるが、そのも、他のドラマでは役をれるようなな出演が固める。
好みの問題や出来不出来はあるものの、放映開始から現在に至るまで高い人気を得続けており、日本で最も人気のあるテレビドラマと言ってもよいかもしれない。渡辺謙堺雅人など、大河ドラマ出演をきっかけに大きく知名度を上げた俳優も多い。

ちなみに「大河ドラマ」の名称で呼ばれるようになったのは1970年代後半からである。それ以前は「大時代劇」または「大歴史ドラマ」と呼ばれていた。

現在の放送形式は、NHK総合テレビジョンにて、毎週日曜20:00~20:45に放送し、土曜13:05~13:50再放送するという形をとっている。またNHKBSプレミアムでは、本放送に先立って毎週日曜18:00~18:45に放送される。

なお本項では、1984年より86年までの3年間、NHK新大時代劇として放映された「宮本武蔵」「真田太平記」「武蔵坊弁慶」と、2009年より11年までの3年間、NHKスペシャルドラマとして放映された「坂の上の雲」も大河ドラマに準じるものとして扱う。

歴代作品

歴代大河ドラマの一覧(wikipedia)exitを参照。

制作が決まっているのみのものまで含めると、2022年度放映予定の『鎌倉殿の13人』で61作品を迎える。

なお、これだけの長期に渡って製作されている人気シリーズであるが、70年代中ごろまでは、NHKにおいてさえもビデオテープが非常に重であった故に、作品の保存よりテープの節約が優先して行われたため、どんどん上書きされていた。その結果、残念ながら、マスターテープ自体が失われている作品がどである。

全話が現存している最古の作品は、第14作『と』で、こちらはDVDでも発売されている。それ以前の作品は、総集編や第1話を中心に、数話分の映像しか残っていない。第9作『の坂』に至っては、NHKには一切テープが残っておらず、当時非常に高価だった庭用ビデオデッキで録画されていたものが幸運にも寄贈された映像が残っているのみ。そしてこの映像劣化しい有様である。また、第15作『』も同様に一部しか残っていない状態である。
ビデオテープが経年劣化を起こす期間を考えると、将来的にも、これらの作品の映像が発見される可性は皆無に近い。しかしまだまだNHKは、民間で録画されたものが保存されている可性を諦めてはおらず、寄贈を募っている。もし、の古いビデオテープにやけに古い時代劇が録画されていたりしたら、NHKに連絡してみるとよいかもしれない。

ただし、第13作『元太平記』については、江守徹が「うちで全部録画してある」と話しており、実際その一部がNHKに寄贈されて放送されたこともある。もしかしたら、全編が現存している最古の作品はこちらかもしれない。ただ、以降それ以外の部分が開される様子はないままであるため、やはりほとんど保存されていなかった可性、あるいはNHKに寄贈されないままである可性があるが、偽は不明である。

大百科に記事のある作品

NHK新大時代劇と「坂の上の雲」は※で表記(以下同様)。

大河ドラマの歴代主人公

第1作『の生涯』から第61作『鎌倉殿の13人』まで、
これまで大河ドラマの主人公となった人物を没年がい順にまとめると以下の通りである。
が付いているのは、旧暦西暦で生没年が異なる場合であり、この表では西暦に準拠している。また、生没年に諸説ある人物は、その人物が主人公の作品の設定年齢を採用した。

なお、同じタイトルが複数回登場している通り、大河ドラマの主人公は必ずしも1人のみではない。
例えば夫婦2人、親子2代・3代といった形で主人公を担っている場合もある。

2回以上、大河ドラマの主人公に選ばれた歴史上の人物は、大石内蔵助、豊臣秀吉源義経坂本龍馬平清盛織田信長徳川家康西郷隆盛の8人。役になった作品数は、大石内蔵助が3回(忠臣蔵の大河ドラマの中では「元太平記」のみ柳沢吉保主人公)、それ以外は2回である。

また、主人公脇役を問わず大河ドラマの登場作が多い歴史上の人物は、総合1位徳川家康22作(「毛利元就」以外の全ての戦国時代の作品に登場)。家康は「独眼竜政宗」「武田信玄」「春日局」と3年連続大河ドラマに登場した一の人物でもある。戦国時代限定では、同率2位豊臣秀吉前田利家の18作、同率4位が織田信長高台院秀吉の正室・ねね)の17作、同率6位が石田三成淀殿の16作となり、他にも10作以上登場した人物は明智光秀柴田勝家お市の方浅井長政徳川秀忠森蘭丸など、いずれも三英傑に関わった面々が顔を並べる。

幕末を題材にした大河ドラマでは、1位西郷隆盛の13作(「の生涯」以外の幕末作品に全て登場)、2位木戸孝允桂小五郎)の11作、3位が坂本龍馬の10作となっている。4位以下は、大久保利通徳川慶喜の9作、勝海舟楢崎龍の7作と続く。

一方、架の人物が大河ドラマの主人公である作品は、「三姉妹」(旗本の・むら)「獅子の時代」(会津士・平沼次)「山河燃ゆ」(日系アメリカ2世羽賢治)「琉球」(琉球の民・啓泰)「いのち」(女医・高原未希)の5作である。

また、歴代主人公で最も若くして亡くなったのは、衣の戦いで自害した源義経31歳)。病死した人物に限定すると北条時宗34歳)である。逆に最も長生きしたのは真田信之93歳)、NHK新大時代劇と「坂の上の雲」を除く狭義の意味での大河ドラマに限ると、金栗四三92歳)が最も長命である。生没年のいずれかが判明していない人物を除くと、享年均で58.75歳である(なお、明治5年までは旧暦が使われていたため、全て数え年で計算した)。

その死因は、40人が病死である。北条時宗や正子規など折した例外も一部あるが、較的長命だった人物はたいてい病気や老衰で亡くなっている(源頼朝事故死の可性も高いが、ここでは病死とする)。続いて、戦死者が9名おり(平将門源義経武蔵坊弁慶藤原泰衡斎藤道三山本勘助織田信長真田幸村西郷隆盛)、「炎立つ」の泰衡を除いていずれも戦いで壮絶な最期を遂げている。続いて暗殺が5名で(原田甲斐井伊直弼坂本龍馬大村益次郎大久保利通)、伊達騒動で殺された甲斐を除けば全て幕末なのが特徴である。続いて刑死が3名(藤原経清、大石内蔵助、近藤勇)、死因が全く不明なのは呂宋助左衛門のみである。
信長西郷、そして内蔵助はいずれも自害しているが、死ぬまでの経緯が全く異なるため、それぞれ戦死・刑死のに入れた。なお、自らの意志で命を絶ったのは、「山河燃ゆ」の主人公羽賢治ただ一人である。

ちなみに、大河ドラマは基本的に主人公の生涯を描くため、その死で締めくくることが多いが、勝海舟、「元太平記」の柳沢吉保、「江〜姫たちの戦国〜」の江など主人公が健在のうちにドラマが終わる例外もいくつか存在する。

大百科に記事のある大河ドラマの主人公を演じた人物

括弧内は、左欄がドラマ名、右欄が役名。作品名が主人公と同じ場合はと表記。

大河ドラマで複数の作品で主人公を演じた俳優は、1位石坂浩二と地と、元太平記燃える)と西田敏行翔ぶが如く、八代将吉宗葵徳川三代)、2位緒形拳(太記、の群像)、幹二朗(樅ノ木は残った、国盗り物語)、松本幸四郎黄金の日日、山河燃ゆ)、三田佳子(いのち、花の乱)、渡辺謙独眼竜政宗、炎立つ)、本木徳川慶喜坂の上の雲)と日本を代表する俳優達がっている。

一方、自らの演作以外の大河ドラマに出演したことのない俳優は、長谷川一夫、4代尾上松嶋菜々子香取慎吾妻夫木聡福山雅治上野樹里松山ケンイチ柴咲コウ鈴木亮平と最近の作品に出演した人物が大多数である。そのため、故人である長谷川一夫を除けば、今後の作品に出演する可性も充分あり得る。

その他にも、北大路欣也高橋英樹坂慶子、津川雅彦江守徹松平健らの大御所や、石田太郎磯部勉大塚周夫津嘉山正種中田譲治森田順平など洋画吹き替えを中心に声優としても活躍する俳優が、大河ドラマの常連として活躍してる。

また、50年近くにわたって大河ドラマの殺武術導を担当した邦史朗は、モブ役としても数多くの作品にカメオ出演している。特に「がゆく」「」「翔ぶが如く」の3作品では、いずれも坂本龍馬を暗殺する刺客役を務めた。

大河ドラマで同役を複数演じた俳優

戦国時代幕末の人物は大河ドラマに登場する回数も多く、その中には同じ俳優が別の大河ドラマで同じ役を演じるケースもよく見られる。特に、かつて大河ドラマで主人公を演じた俳優が、後に同役を脇役として再出演する場合などは、ニュースなるほど話題となる。また、1作と2作ではキャラクターの造形・性格が異なる場合も多い。緒形拳豊臣秀吉や、津川雅彦徳川家康などがその代表例である。

太字は演作、は1話限定のゲスト出演、子役としての出演。

俳優 配役 出演作
緒形拳 豊臣秀吉 黄金の日日
高橋幸治 織田信長 記、黄金の日日
江守徹 三姉妹坂の上の雲
寺尾聰 徳川家康 国盗り物語軍師官兵衛
中村富十郎 西郷隆盛 勝海舟、獅子の時代
松本幸四郎 呂宋助左衛門 黄金の日日真田丸
藤岡弘、 織田信長 おんな太記、春日
神山 本多正信 おんな太記、葵徳川三代
勝野洋 徳川秀忠 徳川家康独眼竜政宗
若林 真田幸村 徳川家康独眼竜政宗
中村 徳川秀忠 真田太平記功名が辻
津川雅彦 徳川家康 独眼竜政宗葵徳川三代
石田太郎 大久保忠隣 春日局、葵徳川三代
大蔵卿局 春日局、葵徳川三代
仲村トオル 豊臣秀吉 信長 KING OF ZIPANGU琉球
田中健 佐久間信盛 信長 KING OF ZIPANGU利家とまつ
寺田農 浅井久政 信長 KING OF ZIPANGU江〜姫たちの戦国〜
高杉 加藤清正 琉球秀吉
竹中直人 豊臣秀吉 秀吉軍師官兵衛
段田安則 滝川一益 秀吉真田丸
小栗旬 石田三成 秀吉天地人
唐沢寿明 前田利家 利家とまつ功名が辻
山本耕史 土方歳三 新選組!あさが来た連続テレビ小説
神木隆之介 源義経 義経平清盛
川野太郎 榊原康政 功名が辻天地人
伊吹 北条氏政 天地人軍師官兵衛
オジエル・ノザキ ルイス・フロイス 江〜姫たちの戦国〜軍師官兵衛
浅利陽介 小早川秀秋 軍師官兵衛真田丸
浜野謙太 伊藤博文 西郷どんいだてん

この他にも、大河ドラマに出演した俳優が、後年になって以前の役の親子兄弟を演じるケースもしばしば見られる。
中でも、津川雅彦西田敏行中村は徳の人物をこれまで3人も演じている。

俳優 配役(出演作)
中村勘三郎 大石税【子】(元太平記)→大石内蔵助【】(元禄繚乱
今井【子】(黄金の日日)→今井宗久【】(利家とまつ
草刈正雄 真田幸村【子】(真田太平記)→真田昌幸】(真田丸
高橋英樹 島津久光】(翔ぶが如く)→島津斉彬】(篤姫
西田敏行 徳川秀忠【子】(葵徳川三代)→徳川家康】(功名が辻
西郷隆盛】(翔ぶが如く)→西郷菊次郎【子】(西郷どん
品川 北条氏綱】(風林火山)→北条幻庵】(おんな城主 直虎

大河ドラマの時代設定

少数を除くと、に4つの時代に区分できる。

基本的に、知名度が高い戦国安土桃山時代江戸時代、そして幕末期が多い。
それより過去の時代については、室町時代以前を描いた作品は今のところ9作品のみで、最も古いのは、平将門主人公だった『と』。奈良時代以前を描いた作品は今のところない。
幕末期以降の時代については、4作品のみが明治時代を舞台としている。また、90年代以降は制作されていないが、昭和期を舞台にした作品も2作品のみ存在する。

※1・・・作中で描かれる応仁の乱戦国時代の始まりとされるが、他の作品と年代が大きく離れているうえ、登場人物も全く異なるため除外。
※2・・・忠臣蔵とほぼ同じ時代・登場人物だが、忠臣蔵が題材ではなく、大石内蔵助などの穂側の人物がほとんど登場しないため除外。

大河ドラマの名言・迷言・流行語

括弧内の説明は、上と同じ。【】は右欄の役を演じた俳優

ニコニコ動画における大河ドラマ

本編はないが、オープニングムービーテーマ曲集などの動画投稿されている。
歌ってみた」や「演奏してみた」の題材としても人気がある。
また、歴史を題材にしたMAD製作する際などに「大河ドラマ」などと形容されることもある。

最近では大河ドラマのオープニング曲をアニメゲーム映像に合わせた大河OP×アニメMADシリーズ人気を博している。

また、ごく稀に「とらドラ!」のヒロイン逢坂大河の生き様を描いたMADが大河ドラマと呼称される場合もある。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 22
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大河ドラマ

1163 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 10:52:16 ID: 5703+25c8d
幕末から明治だと斎藤一あたり取り上げてくれないかなと思ったり
新撰組はもちろん、警視庁歴史も触れられるよね
1164 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 11:51:08 ID: q5tKFYNvjw
>>1161
制作側が現代的価値観を持ち込んで大河ドラマ制作すべきであると然としているんだよね

澁谷康生「歴史の見方がね、時代時代によって違っていて、また新しい息吹がそこに現れてドラマになっていく。」
西村与志木「大河ドラマは、現代を映し出すじゃないでしょうか。」「実は時代の感覚と切り方によって、がらっと違ったドラマになる」

大河ドラマ 制作座談会
https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=taiga001exit

ただ、放送局がそういう趣旨でドラマを作りたいというのなら、
その上で現代的価値観で面忠臣蔵を描くのが脚本と演出の仕事だとは思う
1165 ななしのよっしん
2020/07/14(火) 00:32:13 ID: spo6nQhswI
>>1161,>>1162,>>1164
>>1160が言いたいのは現代の価値感がどうこうじゃなく、そもそも忠臣蔵が義賊って価値感自体が創作を元にしたネジ曲がった価値感じゃないのってことでしょ。
とりあえず当時の法でも違法なのは間違いないっぽいし…
1166 ななしのよっしん
2020/07/14(火) 05:38:24 ID: q5tKFYNvjw
>>1165
ネジ曲がってない価値観がある時代と、
それ以外のネジ曲がった価値観がある時代、という区別も
引用した通り大河ドラマにはないよ

穂事件当時の世評も、幕府関係者には批判者が多めで民間には擁護者が多めだったけど、
賛否が相乱れていて共通意見は見当たらない
1167 ななしのよっしん
2020/07/15(水) 19:26:36 ID: OyZNX6ukdV
戦国大河で三英傑が出ないのって毛利元就だけってのも偏ってるね
一応花の乱もだけど戦国時代の始期には明応の政変説もあるから微妙なところ
制作側としては三英傑出さないと不安なんだろうか
全くでなかった毛利元就も成功したし
独眼竜政宗も序盤はローカル武将だけだったけど成功したから大丈夫だとは思うけど
それともローカル武将でやりたい武将がいないんだろうか
1168 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 21:59:29 ID: 9HS9xR1Bii
風林火山家康がチョイ役で信長もほぼ名前だけだったけどね
個人的には能登畠山も見てみたいと思っているが、長連畠山成分少なめになりそうだし、遊佐続光ダークヒーローになるだろうしね
1169 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 02:55:42 ID: Yoo6xFv2So
最近は戦国幕末時代ばかりで飽きたから明治昭和前期や戦後の高度経済成長期辺りの偉人の話をやってほしいな

1170 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 07:19:12 ID: /HWG1TX5Nd
戦国は必ず三英傑絡める々」話すなら幕末坂本龍馬理して出すみたいなノルマはここ最近強く感じる
それを強引にやろうとしなかった八重の桜は結果的に(少なくとも幕末範疇の会津編は)出来良かったし、単純に関係ないキャラ出して風呂敷広げすぎるなって明でもあるか
1171 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 13:04:17 ID: MpICKSRAJX
3英傑や、ってでも知ってるから、歴史詳しくない層には必要なんだろう。

明治あたりだと、渋沢が多分そうなるけど、どうなんだろうな?
いだてん好きだけど、視聴率的には。だったし。

清盛とか、たまに総集編見てもいい出来だったと思うけど、だと義経そうそうに出さないと難しいかもなあ。

1172 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 12:15:41 ID: XHoS6rHWw7
忠臣蔵は当時としても微妙だから残れた。もし四十六士が助命されていたら(何らかの形で
養子の浅野大学が討ち入り側に関わり、当時の敵討ちとして合法だったら)こんなに創作
取り扱われることもなかっただろう。よく言われることだが、忠臣蔵は敵討ちがウケたのではなく
「死んだ人の遺志を継ぐ」「死んでも自分たちの意思>お上」が当時はもちろん、近現代になっても
日本人の琴線に触れるからウケてる。

実際、敵討ち系だとハッピーエンドの「鍵屋」「浄瑠璃坂」は今や知る人ぞ知る話になってるし、
バッドエンドの「曽我兄弟」はまだマシだが大河で取り上げられるような人気もないし…。

急上昇ワード

おすすめトレンド