大河内一楼単語

オオコウチイチロウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

大河内一楼とは、脚本家及び小説家である。シリーズ構成を務めることもある。

経歴

1968年3月28日生まれ。宮城県仙台市出身。早稲田大学人間科学卒業
早稲田大学在学中に富士見書房ドラゴンマガジン編集部でバイトを始めたのがきっかけでこの世界に入る(元々はアニメ業界をしていたわけではなかったらしい)。

3年間の編集アルバイトを経てフリーライターとなり、ゲーム攻略本ライター等を経験後『少女革命ウテナ』で小説家デビュー
その後、サンライズから『∀ガンダム』の脚本をやってみないかと誘われ、アニメの脚本、シリーズ構成などを手がけるようになった。
代表作は、『∀ガンダム』『OVERMANキングゲイナー』『プラネテス』『コードギアス 反逆のルルーシュ』など。

ちなみに、『コードギアス 反逆のルルーシュ』で副シリーズ構成を務めた吉野弘幸大学時代のサークル後輩である。

よく 一楼を「一」と間違えられる。

関連動画

関連商品

主な作品

アニメーション

小説

ゲーム

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E5%86%85%E4%B8%80%E6%A5%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大河内一楼

447 ななしのよっしん
2018/09/21(金) 16:57:20 ID: zJZSPEtxeD
それはないわ
448 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 21:05:54 ID: n7fljsGTJ8
いやルパンは史上最高レベルの出来だったわ
さすがギアスとプラネテス書いただけある
449 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 23:26:48 ID: 1pMP35eNw7
この人自体はわりと有能だけど監督との相性が悪いととことんダメになるなって印
監督のやりたい事が定まってなくてこの人が割り食ってる感じ
最近のオリジナルアニメだとヴヴヴギルクラカバネリがまさにそんな感じ
プリンセスプリンシパルとかルパン三世は1話1話が普通に面かったし
450 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 02:39:09 ID: MIYOceLi6C
スペダン回とかはよかったよなぁ、あれ。
まあプロデューサー監督標は大きいよね。
451 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 09:15:44 ID: n8TQ8YQuqL
経歴にコネで書き始めたとか思いっきり書かれてる脚本家ハズレ率がなー花田もそうだし
この業界は大体そう?仰る通りで
452 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 03:54:35 ID: YvxOTBDf8j
若者はいいな、時間がたっぷりある。後悔する時間が」とかフフッてなる
この人でないと出てこないであろうセリフまわしが大好き
453 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 09:52:03 ID: DepyhhC0a9
この人の作品傾向は「露悪的」を意識的にやってる向きがあって、
>>449で不評とされてるのはここの「露悪」の部分を強めて
主人公に対する逆に置く際の展開に「納得いかない」という
反発をリアルタイムで共有できるから「ハズレ」扱いされるんじゃ
ないかねぇ。最近だと開のカバネリ決戦ストーリー
TV版の焼き直し、という所はあったけどそれでも「不評をる前に
そのポイントのフォローや反応展開が出た」事で不満はられず
総じて高評価だった、という落ちもあるからねぇ
454 ななしのよっしん
2020/01/06(月) 01:01:58 ID: Cou2NEtSFt
決戦大河内を構成にとどめて監督自身が脚本まで手を出したから・・・
カバネリの評価が持ち直したのもそういうオチになっちゃうね
455 ななしのよっしん
2020/01/06(月) 01:27:42 ID: aNWZ3VC+gd
>>449
台詞センスとか、インパクトのある展開描くのが上手いけど、展開あり気で褄合わせとか伏線りが雑になりがちだし、露悪趣味が強すぎて不快感与えがちな印あるから、その辺しっかり配せして調整できる監督とかと組まないとダメな仕上がりになる、って感じな気がする。
ダイヤの原石は生み出せるけどカットが荒削りでトゲトゲ状態だったりいびつで送り出すから再研磨して整えないとダメ、みたいな。
456 ななしのよっしん
2020/01/06(月) 20:42:29 ID: aNWZ3VC+gd
>>454 >>453
決戦は基本的な筋はTVシリーズと同じ「疑心暗鬼スギス→破綻→仲直り→決戦」の構図なんだけど、TV版と違って最初から不自然にギスギスしてる感を出して最後に原因を明かす形の「原因があってギスギスしてたけど、皆良いやつorそこまで悪いやつでもないんだぜ」っていう書き方してるんだよね。
TV版だとギスギス展開は世情もあってこの世界人間はこんな潮、で済ましてるんで、作中人物への好感度を下げちゃってる。
端的に言うなら「人間は善性が基本」を前提とした話作りと「人間は悪性が基本」を前提とした話作りの差。
監督が脚本やったら同じ筋でここまで世界の根っこが逆になってるあたり大河内脚本の特徴を示す良いサンプルかな、と思う。

急上昇ワード

おすすめトレンド