大洗あんこう祭単語

オオアライアンコウマツリ

大洗あんこう祭とは、茨城県大洗町で行われている祭のことである。開催会場は港中央公園大洗マリンタワー前広場)および大洗町中心商店

概要

大洗あんこう祭は1998年(平成10年3月14~15日に「大洗あんこう祭&大洗サンビーチMTB(マウンテンバイク)チャレンジ※1と題して初開催され、以降毎年開催されている祭である。

また、アンコウが全的に知られるきっかけの一つになったお祭りでもある。(関連リンク参照)

茨城名物であるアンコウを堪するイベントであり、特設ステージでのアンコウるし切りやアンコウ汁の販売などが行われる。他にも郷土芸の披露や特産品の物販なども併せて行われている。

ステージイベントでは他にも、キャラクターショーを開催して、子どもたちや家族連れにも楽しんでもらおうという取り組みもされている。

第3回開催より「忘年会新年会シーズン前開催に変更し、東海村の臨界事故風評被害を受けた民宿などへ予約を引き込みたい」「アンコウ提供時期にあわせる」などの狙いから11月の開催に変更された。

会場はこれまでに、大洗サンビーチ(~第7回、2003年まで)→大洗港第4埠頭(~9回、2007年まで)→大洗マリンタワー前広場[港中央公園](~第10回、2008年~)と変更されている。

また、2012年(平成24年)の第16回開催より、大洗舞台としたアニメガールズ&パンツァー」の関連イベントを行うようになり、来場者数が爆発的に伸びた。(後述)

規模が大きくなるに連れ、近隣の商店や商業施設でもイベントや物販を行うようになるなど、地域ぐるみの盛り上がりを見せている。

アニメ制作フットワークの軽さや、地域住民の努や理解、対応の良さが上手く噛み合った結果、コミケ並みと言われるくらいの来場者を集めるまでになり、アニメで町おこしに成功した最たる例として挙げられることもあるイベントとなった。

※1 現在MTBチャレンジは行われていない(第7回まで開催された記録はある)

ガールズ&パンツァーとのタイアップ

※現地に参加された方たちなどからの「こんなイベントあったよ」という報告や、記述や情報の間違いの摘があれば掲示板にお願いいたします。

2012年(平成24年・第16回)

この年よりタイアップを開始。アニメ放送中に開催されたということもあり、ガルパンピックアップの度合いは今ほど大規模ではなかった。

茨城名物であるアンコウを堪するイベントの他に、あんこうチーム声優によるトークショー大洗高等学校マーチンバンド部によるガルパン劇中BGM演奏、限定グッズの物販、アニメ上映会ラッピング電車ラッピングバスを走らせるなど様々な催しが行われた。

また、自衛隊海上保安庁もブースを出展。しかし、自衛隊は直前に出展が決まったため「1/2tトラック(通称:パジェロ)」のみの出展となってしまい「もっとく(せめて数ヶ前)にこういう(ガールズ&パンツァーの)イベントがあると内容が判っていれば、各方面と調整してホンモノの戦車を持ってこられたんですが……」 と残念がる一幕も。(現地リポートのリンクexit

来場者数は前年度の3万人を大きく上回る6万人を集めた。

2013年(平成25年・第17回)

昨年に引き続きラッピングバスを走らせ、ラッピング電車では、車窓から田んぼアートが見える仕掛けも。ステージでは、あんこうチーム声優によるトークショーに加え、佐咲紗花が「あんこう音頭」を、ChouCho主題歌DreamRiser」を熱唱。あんこうチーム大洗町ゆるキャラアライッペが初対面する一幕も見られた。
また、サークルKサンクス三菱自動車とのコラボ、新作ゲームOVAの新キャラ(カルパッチョペパロニ)が発表された。

この年から近隣の商店での痛車痛チャリなどのコンテストが始まった。また、登場キャラコスプレ姿で楽しむ来場者やスタッフも多く見られた。

他にも、前年同様、大洗高等学校マーチンバンド部によるガルパン劇中BGM演奏や限定グッズの物販に加え、「WORLD of TANKS」の試遊なども行われた。

余談だが、イベントの合間に開催されたドキドキ!プリキュアショーでは、子どもたちと一緒に大きなお友達たちが援を送る場面も見られた。(一応、前列に子供や親子連れ用の席がちゃんと用意されていた模様)

来場者数は、大洗町の人口(1万8千人)の5倍以上の10万人を集め、前回以上のインパクトを残した。

2014年(平成26年・第18回)

内容こそほぼ前年同様の催し物であったが、ラッピングバスが3台に増えるなどアップグレードした部分も。

ステージでは、初めに劇場版開延期のお詫びスマホゲームアプリの発表がなされた。

この年も盛り上がりを見せ、来場者数は前年とほぼ同じ10万人を集めた。

2015年(平成27年・第19回)

この年はあいにくの開催となった。(後に若干良化した模様) 

恒例の催し物に加え、開された劇場版の登場キャラの設定画が展示されていた。

また、トークショーでは、サプライズゲストとしてプロレスラー蝶野正洋が出演。ガルパンにハマったきっかけや作品の良さについてった。

来場者数は、前年度を上回る11万人を集めた。

2016年(平成28年・第20回)

前年以上の盛り上がりを見せ、痛車展示などの出展側での参加者もこれまで以上に増加した。

トークショーでは、お染みのあんこうチームの面々に、ガルパン大洗大使に任命された蝶野正洋、更に水島努監督が出演、ガールズ&パンツァーの最終章が発表された。

来場者数は13万人大盛況。しかし一方で、交通機関の混雑や渋滞を招いてしまうなど、受け入れ体制や人員の整備に課題が残る結果となってしまった。また、同時期に水戸市で行われた野外ロックフェス「MITO GROOVIN'2016」、隣県栃木県ツインリンクもてぎでのSUPER GT終戦と、大イベントの開催が重なったため、水戸市を始め茨城県内の宿泊施設が軒並み満杯となる事態も起きている。

2017年(平成29年・第21回)

前年度の課題点を踏まえ、臨時便の増発や車両を増やすなど輸送量の強化や、駐スペースの確保、メイン会場以外の2箇所に大ビジョンを設置するなど、混雑緩和のための取り組みがなされた。

トークショーでは、お染みのあんこうチームの面々と蝶野正洋に加え、佐咲紗花が登壇、最終章の主題歌である「Grand symphony」を披露した。

来場者数は前年同様13万人が訪れた。混雑対策が功を奏したか、前年のような大きな不満は出なかった。

2018年(平成30年・第22回)

トークショーでは、あんこうチームの面々と蝶野正洋に加え、佐咲紗花ChouChoが登壇。

「最終章 第二話」のキービジュアルが初開され、佐咲紗花ChouChoデュエット曲Still a long way to go」を披露した。

来場者数は過去最多となる13万5千人を記録した。

関連動画

関連静画

関連商品

関連生放送

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E6%B4%97%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%86%E7%A5%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大洗あんこう祭

1 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 09:23:37 ID: Bcuzomvk3W
1番

しかし地方マイナー祭りで終わるはずだったのにまさかこんな大規模な祭りになるとは本当に物凄いことが起こった・・・