大津事件単語

オオツジケン

もしかして大津いじめ事件

大津事件とは、日本が法治国家であるための重要な転機となった明治時代の事件である。

概要

明治24年(1891年)5月11日、事件は起きた。
ロシア帝国皇太子ニコライは日本を訪問していた。当時、日本近代化して間もない弱小国ロシア世界最強クラス大帝国で、まさにのような関係であった。皇太子の身に何かがあれば、日本など簡単に吹き飛ばされ、植民地とされてしまう。そんな緊日本中を包んでいた。

だが、滋賀県滋賀大津町(現:大津市)において、こともあろうに皇太子の警護をしていた巡査津田三蔵が皇太子サーベルりかったのだ。
津田皇太子に同行していたギリシャゲオルギオス王子人力夫らによってすぐに取り押さえられ、皇太子も顔に怪をしただけで命に別状はかったものの、頭蓋に裂傷が入り、後遺症として頭痛が残ってしまった。

事件の報復としてロシアが攻めてくるという恐れから、日本中が大パニックとなった。日本中の神社寺院教会では皇太子癒の祈祷が行われ、皇太子への見舞いの電報は1万通をえた。また、事件と何の関係もない山形県のある村が、犯人津田三蔵の姓名を禁ずる条例を決議したこともあった。

あまりの事の重大さに、現地の皇族や関係者らは自分達の手には負えないと判断。明治天皇に緊急行幸を要請し、天皇自らが直々にニコラ2世を見舞う事態となった。

一番の問題となったのは、犯人である津田三蔵に対する刑罰である。
明治政府津田に本来日本皇室に対する罪である大逆罪を適用し、死刑にすべきであるした。死刑にしなければロシアの許しが得られず、日本植民地となってしまう、というからである。
これに対し、大審院(今の最高裁判所)の院長である児島惟謙(いけん・これたか)は、法治遵守義を唱え、できたばかりの法律を曲げることこそが欧所詮は黄色人種に法治国家など不可能なのだとめられ、国家年の計を誤る。法を曲げることこそが植民地化へのに他ならないとして、通常の殺人未遂の適用した。

三権分立がとられているため、明治政府には津田の判決を決める権限はい。政府は大審院に圧をかけて、なんとしてでも津田死刑にしようとした。
大逆罪適用による死刑か。殺人未遂による期徒刑か。全世界大津事件の判決に注した。

結果は期徒刑。法治国家日本は守られたのである。これによって、諸外日本近代国家と認め、不等条約の正がまることになったのである。
大逆罪適用の圧が、児島に「ロシア皇太子日本天皇同一視するのか」の一言で跳ね返されたことも大きかったが、何より"天皇より直々の名を受けた"大審院院長という児島の地位と政府と言えど覆せなかったというのが、児島の勝因であった。

これらの経緯が、三権分立、法の秩序の独立性の重要性を示す美談と言う文脈でられることもある。

しかし本事件は上記のように、「本来この事件の裁判官でもない児島が」「天皇より直々の名を受けたという権威を示すことで」なんとか法を曲げることを回避したというケースであり、いわば「権からの圧を他の権威によってねじ伏せた」のみとも言える。
実際この事件の後にも、政治的な意向によって審理がめられたケース内・外を問わず多発しており、日本そして世界が本当の意味での「法の秩序の独立性」「三権分立」を確立するには未だ時間が必要であった。

また児島惟謙を始めとした当時の法曹界上層部は、当時の政府内で薩摩および長州の出身者が幅を利かせていた状態(いわゆる閥)に批判的・対立的であったとも言われている。
政府からの圧への反発の理由として、「法の独立護るべし」という信条ももちろんあったであろうが、そのような閥的対立も背景として影していたのではないか……という考察をしている文献もある。

事件後

ロシア使のシェービッチは対外強硬で、大津事件後は津田三蔵の死刑を要しており、自分の要が通らず期が確定となったときには「どの様な事態になるか分からない」という脅迫めいた発言を残している。しかし、ロシア皇族が日本に友好的であったのか [1]日本の対応のさを評価したのか、結果として日本に対する報復や制裁などは行われなかった。それどころか、ニコラ2世は離日する際に従武官名義で感謝状を新聞に寄稿している。 [2]

ロシア近代国家なのだから、皇太子を傷つけられたとはいえ法を守った近代国家に対して強引に攻撃しては、社会から非難を浴びる可性もあり、それも勘案していたものと思われる。また、ロシア側もただ死刑めていたわけではなく、ロシア外相のニコライ・ギールズは、津田死刑判決が下った直後にロシア皇帝が減刑嘆願を行い、そのおかげで減刑されて期徒刑となるという大ロシアの懐の大きさをアピールする筋書きを用意していたといわれている。(なお、当の皇帝本人は、明治天皇が直接謝罪したことを高く評価しており、津田期徒刑という日本側の処置にも満足の意を示していたといわれている)

余談だが、この事件にショックを受け、「ロシアの皆様、皇太子様を傷つけて申し訳ございません。でも日本にはいい人もいます。この事件を申し訳なく思う人もたくさんいます。だからどうか日本を攻撃しないでください」という手紙を携えた女性京都府庁前で自殺するという事件が起こった。これがロシア側の心にいくらか作用していた可性も皆無ではない。

当時の日本の新聞は最初、津田を大逆罪で死刑に処すべきと書き立てていたが、ロシア側が何もしてこないことが分かると手のひらを反して、法を捻じ曲げて津田死刑にしようとした政府を糾弾し始め、政府はそれらの新聞に対して発行停止処分を下すなど厳しい態度で臨んだ。

一方で、ロシアの新聞は、皇太子を守ったのは一緒にいたゲオルギオス王子だけであり、日本人はただ傍観していただけだったという事実根の内容を書き立てていたが、こちらもロシア政府報道管制によって沈静化した。

ゲオルギオス王子と一緒に皇太子を助けた2名の人力夫は、日本政府ロシア政府双方から勲章や多額の報奨年金を支給されたが、片方は博打や売に明け暮れた挙句、婦女暴行事件を起こして勲章を取り上げられ、さらに日露戦争ロシア革命によって年金も停止され、晩年は困窮した。もう片方は郷里に土地を買って地となり、その後会議員にまで上り詰めたが、日露戦争の勃発によって露探(ロシアスパイ)扱いされ、戦死者の遺族などから糾弾された。しかし現在は郷里の英雄とされており、地元の神社に記念碑がたてられている。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ニコラ2世日記には日本観光したときの記述があり、そこには事件のことも記されていたが、日本を嫌う様な内容はとくに記述されていなかった。一方で、皇太子日記には「助けてくれたのはゲオルギオスだけで、群衆は一人として私を助けようとしてくれなかった。」と書いてあったとする説もある。(しかし事件の撃者は、皇太子を助けた一番の功労者は2名の人力夫であると裁判で言しており、後にニコラ2世もこれを認めている)
  2. *しかし、こののち三干渉を行ったのも、日露戦争で戦ったロシア側のトップも、このニコラ2世である。後にロシア首相となるセルゲイ・ヴィッテは、この事件以降、皇太子日本人に対して嫌悪感を持つようになり、この日本人蔑視が日露戦争の遠因になったと分析している。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大津事件

34 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 21:43:03 ID: eTlblm+Eu/
>>27
伊藤襲撃犯にしろサラエボ事件の実行犯にしろ彼らは確信犯だけど
津田三蔵に政治的意図があった可性は低く精神病歴まである
と詳細はだいぶ違うが開戦はなかったとしてもえげつない額の賠償をふんだくられるのは間違いないし
当時の西洋人(ロシアも含むとして)は人種差別義者なのがほぼデフォ
日本の挑戦併合みたいに当時としては較的に穏便に推移されることはなかっただろうね
35 ななしのよっしん
2016/05/15(日) 12:39:44 ID: 7C78jgo7Xq
>>25
ニコラ2世日本に対する心には影しているとは思う
日露戦争時には日本の事を公式文書で「マカーキ)」って呼ばせてるし。
36 ななしのよっしん
2016/10/11(火) 00:44:35 ID: nQsKQ5Nl7z
実際なんだよなぁ…
今も昔もルール用な生活を送る田舎日本人
37 ななしのよっしん
2016/12/21(水) 18:21:10 ID: 85Ralnjb7g
トルコで似たよーな事が起こった
しかも大使とはいえ犠牲が出た
どーすんのプーチン
38 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 10:18:02 ID: sHy++H7GcE
>>36
本当言うの好きだよねこういう人って いつから時間が止まってるんだか

>片方は博打や売に明け暮れた挙句、婦女暴行事件を起こして勲章を取り上げられ
を手に入れると人は変わるんだね...
39 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 10:03:59 ID: PBtQTfGuD3
実は公式文書で日本人呼ばわりしていたなんてものは、一切見つかっていない
そうしているのはロシアの大臣ウィッテで、この人はガチガチ日露戦争反対
「こんな馬鹿みたいな戦争になったのは皇帝大津事件を根に持ってるからだよ!」みたいな話で出てくる
ウィッテが話を盛ったか、単に戦争中で苛立っていただけで差別していたなんて根拠にはならない
それどころかニコラ2世日記でも日本人呼ばわりしている事など一度もない
おそらくウィッテの回想録を読んだ司馬遼太郎坂の上の雲
ニコラ2世日本人差別していた」と書いたことで広まった話である
40 ななしのよっしん
2018/01/23(火) 00:33:10 ID: PBtQTfGuD3
めて調べてみたら「日本人馬鹿にしていた」系の話は
ど、というか全部臣や歴史研究者の推測に思える
それでいて本人の残した文書、日記にはそんな描写はまったくなく
大津事件に関しては「日本人が顔面で沈痛な様子なので心配させないようにずっと立っていた」とか
「狂信者が嫌な事件を起こしたからといって善良な日本人に少しもを立てていない、大変好意を持っている」だの書き残してる
その後も「大津事件何周年記念」と何度も書き残してるが、「命が助かって感謝」みたいな話ばかり
大津事件日本を恨むようになったという説はかなり怪しい
41 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 17:59:01 ID: zJuoP0Ajn0
日本の法治国家としての素らしさの美談ばかりが立つがこれ下手したら日本侵略されてロシアの一部になって日本という国家地震がなくなってたかもしれないんだぞ
そのへんのリスクには触れないのか
42 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 12:52:52 ID: amszWU50rw
当時のロシアにそんなはない 
他の列強も黙ってない
43 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 13:46:48 ID: c/5vJSgpaf
>片方は博打や売に明け暮れた挙句、婦女暴行事件を起こして勲章を取り上げられ
この辺やっぱよな。京都で自したさんが浮かばれねぇ…