大砲とスタンプ単語

タイホウトスタンプ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

「大砲とスタンプ」とは、速水螺旋人による兵站題にした戦記漫画である。

刊モーニング・ツーにて隔連載。

概要

自らは前線にでる事なく後方から輸送や補給で戦争を支え、デスクワークメインな事から「の兵隊」と嘲笑われている「兵站軍」に所属する女性士官マルチナ

「私たちは書類で戦争してるんです!」

な奮闘を描いた戦記漫画で、偶発的な戦闘が発生する場合があるものの、基本的には事務方が戦争でどういった仕事をしているかや賄賂や横領といった軍の裏で行われている犯罪について描かれている。

作者速水螺旋人は、この作品について、少年時代に読んだ高橋の著作で、大日本帝国海軍のめしたき係として珠湾やミッドウェイに参加したり、軍艦の経理を担当した著者の実体験をった「海軍めしたき物語」「海軍めしたき総決算」の影をうけているとっており、本作はその孫作にあたると言っている。

なお、毎回オリジナル軍事兵器が登場するが格好よく活躍する事はない。というか破壊される率高し。

ストーリー

大公首都MOSKVA)」と「帝国首都KRAKOW)」の同盟軍が「共和首都TSARGRAD)」との戦線を開いて2年。同盟軍によって占領された共和領内にあるアゲゾコ要塞に1人の女性士官マルチナ・M・マヤフスカ少尉派遣されてきた。

持前の融通の利かなさと曖昧な事が嫌いな性格そして汚職と不正がはびこる要塞内で騒動を巻き起こすマルチナだったが、戦争をしているを地で行く姿に周囲に変化が現れていく。そしてマルチナもまた、テロリストとの戦いや前線での偶発的な戦闘に巻き込まれるなど経験を重ねていく。

大佐昇進をかなえて故郷に錦をかざれるのか!デスクワークと言う戦場マルチナが書類仕事に躍る。

登場人物

マルチナ・M・マヤフスカ

  • 本作の主人公にあたる大公軍の女性士官。階級は少尉(後に中尉に昇進)。書類仕事が大好き。
  • 士官学校卒業後、アゲゾコ要塞の補給管理部第二中隊に配属される。
  • 外見は貧乳でちんちくりん眼鏡っ娘だが、釣り目のため睨むと怖い。
  • 懐中汁粉が大好物で、かばん一杯につめたり、実家からの仕送りがすべて懐中汁粉だった事がある。
  • 性格はクソがつくほどので融通の利かないが、調子に乗りやすい面がある。
  • 義理堅いところもあり、プライベートの時間をつぶしてアーネチカに読み書きを教えている。
  • アゲゾコ要塞赴任々に、実在しない倉庫の存在をしって物資の横領が行われている事をつきとめるが、横領の犯だった要塞部参謀のイグナチェフ少将に報告した為、同僚のキリールが殺される事態になってしまうが、少将に直談判するとみせかけた告発をすることでキリールを救出した。
  • その結果、同僚からの信頼と共に「突撃タイプライター」と呼ばれるようになった。
  • 不正を憎む熱血なのかと思いきや、単に命書にい事や書類と合わない事がダメというだけだったりする。
  • 書類仕事をさばくのは達人級の腕前だが、実戦皆無に等しく、テロリスト銃撃戦になった際に、の安全装置を解除せずにうとうとしたり、そもそもに弾がはいっていなかったり、戦車にむけてうとうとした事がある。
  • 物資輸送の付添等で前線に行った際に、ガス攻撃を含む敵の攻撃に巻き込まれるがしぶとく生き延びる。

スタンプ

キリール・K・キリュシキン

アーネチカ

ボイコ

  • ハゲヒゲで歴戦の勇士な下士官。階級は曹長。
  • 陸軍時代に「勇敢メダル」「イリヤムウロメツ勲章」「マリュータ・スクラートフ勲章」を獲得している。
  • 現在は負傷等によりキリールに兵站軍に引き抜かれ、補給管理部第二中隊の用心棒役を務めている。
  • 美人で若いがいる。が基地にやってきた時にはあまりの不釣り合い具合に周囲が皆驚いた。

コースチャ・K・キリュシキン

  • キリールの異。実の横やりで前線ではなくと同じ兵站軍に配属されてしまう。
  • キリールく「重度の胸の病」という勲章ほしい病を患っている。
  • 一言で表現するとまさに「無能な働き者」で、近寄ってきた現地人をテロリスト呼ばわりして殲滅しようと言いだしたり、反乱をおこした部隊にのりこんでいって人質にとられる等、周囲にとって斜め上な事を全で行う。

ラドワンスカ

スィナン・カライブラヒム

  • アゲゾコ出身の大公憲兵中尉
  • 共和大公の両方を相手にスパイ活動を行っている。
  • 非常に有能ではあるが、危機回避や自身が行動しやすくする為に味方に損を出したり、自分が起こされてもおきなかったくせに、予定の時間に起こさなかったとベッドを共にした女性の顔面を殴る等、悪辣なところがある。 

関連動画

※作品と直接関係のありそうな動画が発見できなかったのでとりあえずこんなところで。

関連静画

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E7%A0%B2%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大砲とスタンプ

33 ななしのよっしん
2019/10/11(金) 04:53:40 ID: Lof16HyB5w
7巻の159ページ地図見ると、アゲゾコの位置ってウクライナクリヴィー・リフって辺りっぽいね。
34 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 14:00:37 ID: 79YOz4Rmyy
>>33
クリボイ・ログか。Wikipedia編集者ロシア語の地名をリダイレクトしてくれないから調べるのが大変だったよ。
35 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 07:17:21 ID: E4GnDG33i6
自軍じゃなく連合軍の友軍とはいえ、大佐とも交流があってコネがあるからマルチナは出世コース乗ってんじゃね?
36 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 14:58:57 ID: hpTqNLNTVJ
うーんクライマックスとはいえ戦死祭りなのがつらい
というか靴ずれ戦線でも似た死に方見たぞ
あっちは魔女復活したからいいがこっちはただの人
37 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 12:36:27 ID: nXQ93yMuGW
他のキャラ映画的なくさい戦死の仕方なのに
なぜあの子だけひどい死に方をさせたのか気になる。
監修をしてる別の作品が混ざったのかな?
38 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 19:07:31 ID: kTJQkc8qZQ
>>37
野良猫らしい死に方させたかったからじゃない?
でもひどいよな
39 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 10:13:28 ID: uyCCi1oa3n
最近漫画で8巻まで読んでいて(そこで作品完結だと思いこんでいた)、9巻の存在とネタバレTwitterで知って驚愕している
40 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 19:21:39 ID: mHye6vtjG3
>>37
主人公との対だと思う
故郷という帰る場所がある主人公に対し、居場所は本当に戦場にしかなく(女子にもかった)、戦争らしく惨たらしく大砲で散った
歌という居場所を見出した子とも対になってる
41 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 19:30:03 ID: gItTklWLrj
あんた誰だっけ?ってなる後日談もなかなかないな
あの子とかラドワンスカさんとか戦争が現場になると安全な所などないという嫌な現実
42 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 08:50:08 ID: kwyzyiSxb5
最終盤の展開は、「戦争」との戦いだったと考えてる。そして、最後に勝ったのは、不条理と理不尽と雑と暮らしに満ち満ちた、あのアゲゾコというそのものだったんじゃないかな。

>>37-38
>>40
あの死に様は単行本で読んでてショックで、受け止めるのに時間がかかった。
ただ、あの子は、自分も他人も「愛し続ける」努をしてこなかったのを感じる。
言い換えると、自分の人生を浪費してきたようなもので、その因果が巡ったというところかな。

>>41
ラドワンスカについては、小説版パト2冒頭の柘植隊が壊滅するくだりで「数の過ちの積み重ねの中で、今の彼らの苦がある」みたいな描写を思い出した。
最初の彼女の判断も最適だったのに、色々な人間の錯誤が事態を狂わせたし、最後の最後で彼女自身もつまらない間違えを犯したな。